静岡経営塾

良い会社を目指してオリジン・コーポレーション 代表 杉井保之が主宰している静岡経営塾。そこで学んでいる経営者の集い。 現在20名のメンバーが良い経営を目指し、切磋琢磨しながら、経営について、毎日、このブログに取り組み学んでいます。 また、毎月2日間集まり、経営について勉強しています。 メンバーの職種はさまざまで、三重・愛知・静岡・山梨・長野・富山・埼玉県などから集まっています。 私たちと毎月そして毎日一緒に学びたい方は、ご連絡ください。

2012年03月

【終わりの始まり】

3月31日京丸園(株)鈴木厚志
平成23年度が終わります。
DSCN2126

3年間働いてくれた社員さんが退社します。
朝早くから夜遅くまでがんばっていただきました。
入社してすぐに結婚、そしてお父さんになり彼にとっても大きな変化時期だったと思います。
社員さん一人の生活から、妻、子供のいる家族を築きあげました。
写真 12-03-26 20 41 38

会社では、出荷調整の部署を担当し30名のパートさんのリーダーとしてがんばっていただきました。
80歳から15歳の年齢差があり中には障がいを持つ者がいる部署を切り盛りしリーマンショック・震災・台風等の激動時期を乗り越えました。
いろいろなことがありましたがこの社員さんがいてくれたお陰で会社も成長することができました。
また、家族経営の延長上にある農園で体制がなにもない不安定な会社をよく支えてくれました。
不満を口にすることなく素直な人柄は宝物ですからこれからも大切にしてください。
しいて言うなら、ここからは「強さ」が必要だと思います。
生き抜く強さ、家族を守る強さ大切なものを守るには必要な物です。
写真 12-03-26 20 41 46

私は、将来社員さんにこう言って欲しい。
娘さんに、「あの京丸園は俺が大きくしてやったんだ!」と。
この言葉を言うのには、社員さん自信が成長し成功していること、京丸園が成長し成功していなくては成り立たない言葉です。
今日の終わりは、お互いの新たなスタートです。
ありがとうございました。

お昼には全社員集まり社員さんを送りました。

【若者よ大志を抱け!】

3月30日京丸園(株)鈴木厚志
昨日、農家の青年達が農園視察にやってきました。
彼らはみな家族経営で就農して数年目の若者です。
今回、ブログ当番のお陰で無限大の夢、アグリビジネスが私の中では爆発している訳です。
そこに若者が来れば何が何でも伝えたくなるのは必然ですね。
そして、若者達との熱いやりとりを今日のブログのネタにすることを決め農場を見学しながら農業の可能性を熱く語りました。
若者達のやる気導火線に火を点け彼らを会議室へ案内し彼らの夢を聞くドリームタイムを設けたのです。
さあ教えておくれ若者よ、君達の夢は?
「・・・・。」
写真 12-03-26 6 43 52

ちょっと早かったようです。
質問を変えて、みんなはこの仲間でどんな話しているの?
売上いくらにしようとか、週休3日の職場にしたいとか、こういう農園にしたいとか話しています?
「栽培技術について話します。」
彼らは真面目のようです。
質問を変えて、給料いくら欲しい?いくらくらいあったら嬉しい?
驚きの金額を言う若者がいたら、「おまえは、AIJの社長、東電の役員か!」とギャグまで考えておきました。
「10万円。」
彼らは謙虚のようです。
質問を変えて、パートさんとか社員さんとか何人くらい雇います?
すべてを受け入れる覚悟で聞いて見ました。
「家族でやれる範囲で考えています。」
彼らは現実的のようです。
彼らから「もっと現実見た方が良いですよ!」と、逆に教えられたような気分でした。
写真 12-03-27 13 22 09

気を取り直し、彼らに2つ伝えました。
・夢やこうなりたいとか、目的、目標があった方が良いですよ。
 なぜなら、経営=逆算だからです。ゴールを決めないと経営が始まりません。
・給料はいくらでもいいのだけれど、農協の職員さんくらいは稼ぎましようよ。
 自分達の作った組織で自分の方が給料安いなんてかっこ悪いでしょ!
今度、彼らに合う時はでっかい夢を聞きたいものです。

※若者と語る写真を掲載予定でしたが差し替えさせていただきました。

【強くなる為に集まる】

3月29日京丸園(株)鈴木厚志
日本農業は昔、弱いから集まり組織を作ってきました。
相互扶助という理念のもとにお互いが支え合うという考え方です。
私も農民の一人としてその意味も重要性も理解しているし恩恵に与る者でもあります。
しかし、時代は変わりました。
昔は、本当に一人(1家族)では生活ができなかったのですが、現在は違います。
産業は農業だけではありませんし、飢えて死ぬ人はほとんどいない時代です。
弱いから集まるという表現は適していないかもしれませんが、集まることでより良くならなくては何の為に集まっているのでしょうか?
農業人口が減少し、遊休農地が増え、食料自給率が低下している現状は良くなっているようには見えません。
時代が変わったのですから時代に適した形に私達が変わる時なのです。
先陣を切って新たな農業、新たな組織を作りだし、すでに業績も上げている組織があるのでご紹介します。
写真 12-03-27 19 18 22
この組織は今年、日本農業賞特別賞という名誉ある賞を受賞し、一昨日祝賀会が開催されました。
アメーラとうブランドのトマトをご存じでしょうか。
高濃度トマトの頂点にあるブランドです。
発祥は静岡県大井川、この組織は今までの農業の常識を完全に打ち砕いています。
・土地にこだわらない
こだわるのはお客様の求める最高品質のトマトなのです。その為に美味しいトマトが作れる場所へ自分達から移動して行きます。現在は、軽井沢農場、そして朝霧高原富士山農場の高冷地に農場を拡大中なのです。
・強くなる為の組織づくり
現在売上は11億円に到達し20億円を目指しています。
生産者は、全員法人経営体で個人の集まりではなく組織体の組織をつくり上げています。
まさにプロ意識・技術の集団です。
DSC_9498

このような組織がこれからの農業をリードして行くのだと感じています。
京丸園は、まだまだ1経営体にすぎませんし、家族経営の延長にある組織です。
私も、組織体としてのギアを変えなくてはいけません。
先駆者を見習い、またもっと素敵な組織をつくり上げたいと思います。

【ユニバーサル農業から新商品登場!】

【ユニバーサル農業から新商品登場!】
3月28日京丸園(株)鈴木厚志
農業+福祉=ユニバーサル農業ということで浜松市では農家+福祉施設+行政でチームをつくりユニバーサル農業研究会を開催しています。
今年は、経営塾の野沢さんにご協力いただき。
野沢園+だんだん【福祉施設】=労働力+共同商品開発を企画し事業を行いました。
その結果このような商品が生まれたのです!
写真 12-03-27 8 08 35

商品名「ぽのぽの」野沢園の美味しいみかんとジャム、だんだんが作るお菓子と食卓に飾る籠の作成お互いが協力しあうことで最終商品に価値がうまれるようにコーディネートさせていただきました。
今回の連携キーワードは「丁寧」です。
写真 12-03-28 4 21 40

だんだんの皆さんの作業は早くありませんが、仕事は丁寧。
野沢園さんの農園は大農場ではありませんが、みかん作りが丁寧。
この2者の丁寧に磨きをかけてお客様に美味しいみかんをお届けしようというプロジェクトです。
普通、みかん収穫、選別は大量を扱うため出荷までいろいろな所を転がりせっかくの美味しい味がぼやけてしまうものなのです。
写真 12-03-27 8 10 31

この「ぽのぽの」は、手から手へそっと受け渡され箱詰めされていますからまさにみかんのプレミアムなのです!
丁寧に扱われたことでの美味しさに、人の温かさが加わり皆さまの食卓をきっと朗らかにしてくれることでしょう。
ユニバーサル農業は、福祉との融合により今までよりもより良い農業になることを目指しています。写真 12-03-27 8 09 10

この「ぽのぽの」が日本農業の活性化に繋がることを祈っています。
野沢さん、どうか「ぽのぽの」の火を燃え上がらせて下さい!




【農業をアグリビジネスへ】

3月27日 京丸園(株)鈴木厚志
15年前、ある経済学者が農業者の集まる講演会でこういいました。
「今から10〜20年先農業は激変しますから期待して下さい!」と。
私は正直、「農業やっていて良かった!」と、思いました。
しかし、経済学者は「ただし」と言葉を付け加えたのです。
「ただし、皆さん!今までの農業(アグリカルチャー)は衰退し、新農業(アグリビジネス)は急成長するのです。」と言い切りました。
あれから15年、その経済学者の予測は見事に的中しました。
既存の農家は、農業では食べて行けないと農業をやめて行く人たちが出てきています。それとは逆に新規に農業参画してくる企業があります。その中で新農業の事業展開を図るところは急成長しているのです。
新農業とは、時代の波を捉えている農業であり一人で起業というよりは仲間を募り農業+α、新たな視点を盛り込んだアグリビジネスのことです。
野菜を生産するだけの農業にとどまらないビジネスなのです。
農家から農業経営者に、アグリカルチャーからアグリビジネスへの転進がキーワードとなります。
私達は、今回「農業+α」に挑戦してみました。
写真 12-03-26 15 06 47

それは、「農業+IT」です。
高機能端末(スマートフォン)の普及をにらみ、アナログ情報の固まりである農業現場にIT技術を持ち込むことで現場情報をいち早くデジタル化するのです。その情報を販売にそしてお客様へ繋げ野菜の有利販売を行うという研究を行いました。
写真 12-03-26 15 19 55

現場情報を畑で喋って記録する「しゃべ録」システム開発をIT企業さんの力を借りて昨日、ついに研究開発が成功し商品化の道に進むこととなったのです。
まさか、自分の農園がスマートフォンのアプリ開発を行うなんて数年前には思ってもいませんでした。
しかし、現実こういうことができる時代なのです!
これからの農業は、野菜販売で終わりません。農業情報を販売する時代です。
写真 12-03-26 15 20 24

『農業+α=無限大【新産業創出】』新たな道を切り開いていきます!

【平成23年度 経営塾終了】

3月26日京丸園(株)鈴木厚志
昨日、山中湖にて経営塾MGが行われました。
写真 12-03-25 7 05 00

経営塾メンバーはもちろんですが、そのほかの農園経営者も参加。遠くは富山県から社員さん達が、これから社会にでる学生達、入社試験での参加、フリースクールの生徒さんも含め4卓でのMGでした。
優勝は、イ―リード越膳社長、沼津電話工事の小野さんが追い上げましたがもう一歩届きませんでした。
こうして、23年度の経営塾の年輪が刻まれ24年度に向けてまた成長を始めます。
講義の中で、経営は逆算である。期限そしてゴールを決める。というお話であらためて会社のゴール、人生のゴールの確認が必要だと感じました。
日々の仕事が忙しくなるとその仕事をこなすことが目的となりゴールがどこだったのか忘れてしまいます。
この状態を道に迷っていると言います。
写真 12-03-25 7 13 35

私は何度も道に迷ってきたので月に一度、経営塾で位置確認を行ってきました。
経営塾に出席していても、油断すると経営塾に参加することが目的となってしまい本来の目的を見失いそうになる時もあります。
時代が大きく変わろうとしています。
ここからは、これまで以上に目的確認と現状位置確認が重要になることでしょう。
自分の感に頼るという選択から良き仲間で張り巡らしたアンテナで時代の波を捉え進んでいきましょう。
京丸園も4月から体制が変わります。
今までの面積拡大、増員の拡大計画を急遽見直しています。
キーワードは「強い会社」です。
写真 12-03-25 7 17 29

経営塾を学びの場として農園を創造していきます。

可能性ゼロではない!

3月25日(日)安心サービスの天野です。最終日よろしくお願いします。
経営塾2日目お世話になります。

ある新聞記事が、目に飛び込んで来ました!
今から30年前、少年は大きな夢を掲げて留学を志した。だが、彼を良く知る人から「お前は、99%無理だ!」と、反対される。彼は返した。「可能性は、1%あるんですね?じゃあ僕は、1%を信じます」。少年の名前は、カズ。後に、日本のサッカー界をを長くけん引していく三浦知良選手だ。

15歳で単身ブラジルへ。日本人サッカー選手の歴史を何度も塗り替えた。彼は、今、「かなったか、かなわなかったかよりも、どれだけ頑張れたが、やり切れたかが一番重要」と振り返る。

子育てセミナーを開催しました。とても、良いセミナーです!
幼稚園の園長さん、保育所の副所長さんも受講して下さり、「今の親や教育現場に必要なセミナーで、親や先生達に建設的な対応を学び、身につけてほしい!」と、言ってくれています。

セミナー終了後、お二人と、話が盛り上がりました。
「このセミナーを受講するのに、三つ子の魂百までだから早ければ早いほど、イイよね!」「はじめて孫を持ったおじいちゃんやおばあちゃんもイイかも!」という、具体的な対象者。

「そうそう妊婦さんの健康診断の時、必修科目にしてもイイかも!」「はじめてのお父さん、お母さん教室の時もイイかも!」という、具体的なタイミング。

そして、「村の教育委員会に案内して、いずれは、手芸教室やパッチワークのような生涯教育にしても良いかもね!」と、具体的な道筋までもが、話題になりました。

やはり、お二人は、教育のプロフェッショナルであり、長く教育現場に居るだけに、本当に必要としている対象者やニーズを的確に捉えていると思いました。

これから、力強く頼もしいお二人に、セミナーを受けて「良かった!」と言ってくださる人に力を借りながら、第2回3回と開催して、良い輪を広げて行きたいです。

もう一つの私の課題であるCLステップアップは、前回の診断時に薬を処方してもらいましたので、その通りに、トレーニングしていきます。テストがゴールではなく、CLカウンセリングマジックを活用して、よりお役に立てるように、努力していきます!

春の新出発の季節、やりたくない気持ちのまま一歩を踏み出しましょう。可能性はゼロでない!

一週間ありがとうございました。それでは、厚志さん、襷をお渡しします!

一点集中!

3月24日(土)安心サービスの天野です。 経営塾初日、野沢さん、お世話になります。

私は今年の元旦ブログで、次のような宣言をしました。
安心サービスは、苦を抜いて楽を与えることを目指し、「安心と教育」に一点集中して参ります。
そのために、1・親孝行2・家族孝行3・子育て・人材育成セミナー開催、「目の前の人、身近い人」を大切にしていきます!と。

1・親孝行や2・家族孝行の取組みとして、「自分の誕生日は、祝ってもらうのではなく、お返しの機会にしょう!」と、親や配偶者や子ども、1時間内観してもらいました。

そして、親には、して頂いたことのハガキを書いて郵送。配偶者や子どもには、ご迷惑をおかけしたことをメッセージカードに書いてもらい、誕生日会の時に渡してもらいました。

また、自分の親以上に、義理の親に対して、お返しイベントの計画を夫婦で立ててもらうようにしました。お陰様で沢山の感動物語が生まれました。

今年で、結婚10周年を迎える槌屋さんには、会社として、時間もお金も応援するから、「夫婦で何か企画してみたら?」と言うと、「実は、私の妻は、海外旅行に行ったことがないので、海外へ連れて行きたいです!」と、答えました。
今月27日〜31日間、韓国へショッピング&グルメ旅行へ家族4人で出かけます。

槌屋さんは、今まで安給料、ボーナスなし、過酷な労働条件でも、本当に気持ち良く働いてくれています。お客様の事故は、コントロール出来ませんので、子ども運動会や参観日の時、家族で買物をしている時も、事故現場へ行ってくれています。仕事柄、槌屋さんの家族には、迷惑をかけてばかりです。

その分、今回の旅行は、家族で楽しんでもらい、良い思い出をつくってほしいです。

目標3の子育てセミナーへも皆さん参加してもらいました。
この効果は、とても、大きかったです。特に、女性のパートさんは旦那さんや子ども達に振り回されことが多く、休みがちでしたが、建設的な対応を身につけたのか、ここ1ヶ月位はフルタイムで来てくれています。

現在、建設的な対応保険バージョンも、お試し作成中です。
「今の電話対応、建設的な対応だね!」「○○の課題だよね!」と、社内で子育てセミナーの共通用語が、飛び交っています。

皆で、複写ハガキを定期的に書きはじめました。
親に書いたハガキが喜ばれた体験が、良かったようです。世知辛い世の中なので、して頂いたことを書く、ハガキは、書いた本人達が、一番心豊になっていると思います。

教育を最優先に、3ヶ月が過ぎましたが、来社して下さるお客様が、3倍以上になりました。
これからも、「教育」一点集中でイキます!

まだまだです!

3月23日(金)安心サービスの天野です。5日よろしくお願いします!
次週プレミアムチケット(襷)を手に入れたい方を募集します。

今月10日、母の誕生日会をしました!
姉の家族も一緒に、御殿場市のかつ榮という飲食店で、昼ごはんをかねて行いました。
その日は、雪が30儖幣綫僂發蝓⊇个けるのが大変でしたが、孫達に囲まれて嬉しそうな母の顔を見れて良かったです。

今回の誕生日会の話が決まったのは、今年1月、父の誕生日会をした時です。
「私の誕生日会は、簡単な食事会でいいよ!」と、母が言いました。

母は、私が20歳の時に父と再婚しました。
家に来た時から遠慮がちなところがあったので、今回の誕生日会もそうかな?と思いました。

食物の好き嫌いのはっきりしている母なので、誕生日会の一週間前位に、「お母さん、何が食べたいの? お店はどこがいいの?」と妻が聞いてくれました。「蓮君(孫)の行きたいとこでいいよ!」ということで、お店が決まりました。

当日、息子達は、大好きなかつをバクバク食べていましたが、ヒレかつ定食を頼んだ母は、一切れだけかつ食べて箸を置いていました。

「お母さん、どうして食べないの?口に合わなかった?別のもの頼もうか?」と、妻が言いました。

「大丈夫、蓮君達に祝ってもらえるだけでも、胸が一杯になっちゃった。ちょっと、トイレへ行ってくるね!」と言い、母は席を立ちました。

母が、帰って来たので、会計をしに行くと、レジの人が、「先程、お連れの女性から頂きましたよ。誕生日祝ってもらって嬉しかった。と喜んでいましたよ!」と、教えてくれました。

どうも、母が支払いをしてくれたようです。

そして、長男が「パパ、ジイジから2000円もらったよ!しゅんしゅん(次男アダ名)も、だよ!」と、ニコニコしながら走ってきました。

昨年、両親に内観して、散々ひどいことをしても、許してくれていた事実を思い出しました。

今年は、そのお返しのつもり、親孝行のつもりで、父や母の誕生日会を開きましたが、まだまだいただいていることばかりです。

生き方診断!

3月22日(木)安心サービスの天野です。4日よろしくお願いします

先週18日、CLインストラクター認定試験を受けました。

昨年受けた試験の再テストです。学生時代から試験は嫌でした。
特にCL関係は、心臓をえぐられるような痛みをともなう場合が、多々あったので、逃げたくて仕方なかったです。

しかし、前回と今回の試験で「テストも悪くないな!」と、少し思えるようになりました。

それは、昨日ブログに書いた尿管結石で、かかりつけ医へ行って相談したことが、きっかけになりました。

問診の時、先生が、「医者と薬の出来ることは、限られているんだ。どちらも、病気を、今以上悪化させないようにするだけで、完治するのには、患者さんの生命力や生き方(習慣)と、定期診断が、大事なんだよね!」と、教えてくれました。

何気ない言葉だったのですが、ハッと気づいたことがありました。

CLの試験は、自分の足りないところの発見デストでなく、健康診断のように健康か?どうか? 
建設的な生き方の診断かもしれないと思いました。

そして、診断なので、定期的に受診した方が、良いと思えるようになりました。

不思議なもので、そう思えるようになっただけで随分気持ちが楽になりました。

こうして、私も、尿管結石で痛い経験のお陰で、あるがままを受け入れることが少しづつ出来るようになって来たのかもしれません。

この原稿を書いている間に、CLテストの試験結果が、メールで送られてきました・・・・・。

いくら診断といっても、心臓に良くありませんが、次回に試験日を手帳に入力しました。

建設的な生き方診断をクリアーするのには、だいぶ時間と努力が必要になりそうです。トホホホ

はじめての体験!

3月21日(水)安心サービスの天野です。
3日目よろしくお願いします。また、次週の襷を受けとってくださる方を募集します!

先月、生まれてはじめて、救急車で運ばれました。原因は、尿管結石でした。
経験した人は、わかると思いますが、それこそ、今まで味わったことのない痛みです。

前日の夜、何の兆しもなく、赤ワインを飲みながら、大好きな報道ステーションを見て寝ました。
次の朝6時に起きた時、腰の当たりに、少し違和感がありましたが、そのまま起きて、顔を洗っていると、腰の違和感が、チクチクした痛みに変わって来ました。

布団の戻り、少し横になって休んでいると、指すような痛みに変わりながら、腰の左横に移動して来ました。トイレに行きたくなりましたが、尿が出てこなく、スッキリしません。何度か、トイレ行くのですか、出ないばかりか、指すような痛みと、ズンズンという重い痛みが重なりながら、下腹へ移動して来ました。

冷や汗が背中を流れて来ました。それから、布団で横になってもダメ、座ってもダメ 立ってもダメ、耐えられない痛みで転げ回りました。その様子に、異常を感じた妻が、救急車を呼んでくれました。救急車のクッションがフワフワしていて、乗り心地が悪かったこと、車内が寒かったことを思い出します。

病院につき、点滴や痛み止めの注射をして、エコーやレントゲンをとりましたが、一向に痛みが取れません。痛みが収まったのは、昼近くでした。その間に、訪問の約束をしていたお客様がいましたが、あまりの痛みにキャンセルの連絡をすることが、出来ずに困っていました。

妻にそのことを伝えると、「パパ、私が代わり連絡しようか? でも、どうしよう…。そうだCL手帳に書いてある?」と言い、CL手帳をカバンの中から出して、左ページの予定欄を見て、お客様へ連絡を入れてくれました。さらに、右ページの今日の重点の課題に、手を打ってくれました。

手帳を記入していなかったら、お客様にご迷惑をおかけするばかりではなく、家族にも迷惑をかけていたと思います。とても助かりました。

この日は、次男の駿君が、「パパ、大丈夫。痛いの!痛いの!飛んでいけ!」と、救急車を待つ玄関で、私のお腹をさすってくれました。長男の蓮君は、「パパが、治るまで僕も我慢する!」と、朝と昼ごはんを食べずに、待っていてくました。妻は、病院のベッドで2時間以上、腰やお腹をさすってくれたり、痛くて動く度にまくれる毛布をなおしてくれました。

そのことをCL手帳の右ページのして頂いたことを書きました。
今回の出来事は、たぶん私にとって、今年1番のニュースになると思います。
ただ痛くて辛い思い出だけでなく、こうして、して頂いた良い思い出も残せて良かったと思います。
これからも、書き続けていきたいです!

お手伝い!

3月20日(火)安心サービスの天野です。2日目よろしくお願いします。

3月17日無事に、第1回子育てセミナーを無事終了することが、出来ました。
2月4・25日、3月4・17日の4日間で開催しました。

経営計画で発表したこともあり、「開催しなければ!しなければ!」と思えば思うほど、手つかずの状態が、一ヶ月位続きました。

その気持ちのまま、開催日を決めて、案内をつくりましたが、「果たして人が参加してくれるのだろうか? 上手に行くだろうか?」と、不安な気持ちになりましたが、受講してくれた方々の学ぼうとする姿勢や課題の取組みを見て、開催して、本当に良かったと思いました。

ここで、受講して頂いた方々の課題の取組みを紹介したいと思います。

Mさん49歳主婦は、一級設計事務所を経営するご主人から仕事を頼まれると、「なに、その言い方は!!」と怒り、「それじゃ!頼まない!」とテーブルを叩いて部屋から出でいくご主人。
その様子を見て驚いて泣く娘の姿に後悔・・・・。その悪循環を繰り返していたようです。

子育てセミナーは、子どもだけでなく、身の周り人との関わりをチエックする課題が出ます。

今回のセミナーで、建設的な対応を学んだMさんに、いつもの?悪循環の兆しが訪れたようです。「〇〇へ書類の提出と受領に今すぐ行け!」と、ご主人から言われました。

「なによ!その前に命令した確定申告の書類は、どうするの?そんなに言われても出来ない!!」と怒って言った後、ひと呼吸して、「確定申告の書類が後回しで良ければ〇〇へ行ってくるよ!」と、笑顔で言ったそうです。

そうしたら、今まで一度も言ったことのないご主人が、「ありがとう。」と、言ってくれたようで「とても嬉しかった。」と、話してくれました。

また、Rさん主婦38歳は、今まで子どもに自分の考えをすごく押しつけていた!と気づきました。
子育てセミナーへ参加して、子どもに何かする時や、言う時は、ひと呼吸置くようになってから、子ども達が自分で考え行動するようになったそうです。

こうして、子育てセミナーを受講された方が、学んだことを活かして、より良くなっていくお手伝いが出来て良かったです!西村さん、フォローありがとうございました。とても心強かったです。

第2回子育てセミナーを開催したいと思いますので、興味のある方は気軽に声をかけて下さいね!

お陰様で!!

村広報
3月19日(月)安心サービスの天野です。
今日より、一週間ブログ担当をします。よろしくお願いします!

先月11日、静岡経営塾の時、皆さんにトイレ掃除してもらったことが、 なんと!! 山中湖村の広報に載りました。

掃除場所の保育所所長さんが、ピカピカになったトイレを見て、とても感動して、村役場へ報告してくれたからです。

所長さんは、次のような感想を言って下さいました。

保育所は築2年半、汚れもそんなにないとのではと思っていましたが、目に見えない所に汚れがたまっていてびっくり。
その汚れもボランティアの方々の機敏な動きで1時間後にはすっかりきれいになりました。

きれいにするだけでなく、道具を大切に使う、水を大切に使う便器を傷つけないようにする等などの考えをしつかり持って行なっていました。
最後には、掃除を行ったしるしにトイレットペーパーの三角折をして終了。

終了するとすぐ掃除用具を片つけさーつと皆さん帰って行かれました。
後に残ったのは、匂いの無くなったピカピカのトイレとすがすがしい心地よさでした。

静岡お掃除に学ぶ会の皆さん、本当にありがとうございました。

掃除をさせてもらうに当たり、保育所の保護者会長をしている私の従兄弟の旦那さんが、保育所の所長さんに、掃除の話をしてくれました。

そして、保育所所長さんの旦那様が、鍵山先生の本を愛読していて、掃除に学ぶ会や掃除に対して好印象を持っていたことが、内もの地域で、閉鎖的な村の施設を開放してくれたと思います。

今回の掃除を通して、「トイレ掃除(ボランティア)に熱心で、県外に素敵な仲間を持っている安心サービス!」と、地域の方々に、認知してもらえました。

それもこれも、1年の中でも一番寒い山中湖で、トイレ掃除をしてくれた皆さんのお陰です。

特に、経営塾を担当してくれた高山さん、所長さんへ掃除の仕方を丁寧にアドバイスしてくれた野沢さん、本当にありがとうございました。

静岡経営塾のスケールメリットのお陰様です!

仲間と声をかけ合ってやる!

3月18日(日曜日)富山の石川直文です。
最終日よろしくお願いします。

昨日から、富山は雨になりました。
世界遺産の五箇山、白川郷、合掌造りの雪解けも進んでいます。
そして、立山アルペンルートの雪の壁をつくる為のGPS除雪が始まりました。
5月の連休には、壮大な500メートルの雪の壁、大谷ウォークが始まります。

先日、社員さんと富山県中古販売商工組合、
JU富山で古物商講習と査定士講習、
今年から始まった中古販売士の講習と試験を受けてきました。
日々の仕事に流されて、車に携わる中で、法律を順法する為の勉強や
講習の時間は、とてもありがたいことです。
頭の中を整理、整頓をし直す機会と捉えています。

当社の商品は、車輛販売と整備・板金塗装と保険の両輪で、
お客様のお役に立つことを目指しています。

今年は、損害保険に合わせて、生保の販売資格の申請をしました。
5月24日が、試験です。

行動のヒントの、
,笋訃貊蝓⊇臠屐∋間を決める
大きな用事や仕事は、小さく分ける
やったか、やらなかったかを分かるようにする、記録を付ける等
ご限を自分で決める
を、使って3月7日から始めました。

私達は、家の次に高価な資産、毎日使う道具としても車に関わっています。
安全や安心を提供する中で、車と体の保障、自転車や日常の傷害の相談で、
頼られることもあります。少しでも、お役に立てます様に、横の繋がり、
人とのネットワークを活かして取り組んでいきたいと思います。

先日、車に乗って地元のKNBラジオを聴いていると、
聞いたことのある声が、聞こえてきました。

清掃事業をしている勉強仲間のKさんでした。
毎日の5分間掃除というテーマで、パーソナリティーの方と、
今評判の快適水を題材にして、楽しい掃除の工夫を伝えていました。

聴いていますよ!とメールで良かった点を伝えましたら、
励みになりますと連絡がありました。
仲間と声をかけあってやる、
少しでも応援して、喜んでもらいたいと思います。

皆さん、1週間ありがとうございました。
明日からは、安心サービスの天野さんが、襷を受け取って下さいました。
天野さん、よろしくお願いします。

さあ、今日も良い日にしていきましょう。

喜びを、応援する!

3月17日(土曜日)富山の石川直文です。
6日目よろしくお願いします。

富山は、昨日は晴天でしたが、とても風が寒かったです。
山中湖はどうでしょうか、まだ氷点下なのでしょうか。
CLインストラクター養成講座参加の皆さん、マラソンもCLも顔張って下さいね。
応援しています。

先日、積載車から降りる時に、右足の着地の時にひねり、
「バキッ」と音がしました。やっちゃったかなと思いましたが、後の祭りです。
いつもお世話になっている、接骨院で、テーピングをしてもらい、数日通いました。
まだ、違和感があります。若い時は、勢い余って階段を踏み外し捻挫して
いましたが、50歳も過ぎると弱くなっているんですね。
ストレッチや体操をして、体を柔らかくしていきます。

当社は、高岡地区のスズキ自動車の副代理店をさせて頂いています。
毎日のように、担当営業のY君が訪問してくれています。彼のお蔭で、
中部大会へ3年連続、社員さんが参加して勉強させてもらっています。
とても誠実で、きれいな字で、丁寧に連絡やメッセージを書いていきます。
春の2、3、4月は車の需要期です、大きい数字を担いでいますので、
苦戦をしているようですが、工夫や努力をしていってほしいです。

日頃から、Y君や縁のあるディラーの担当者や
損保や銀行の担当者、仕入れ先、取引先の方々やお客様、若い方に、
社員さんのように、オープン勉強会や楽習会へ、
特に杉井さんが来られた時など、
来たらいいよ、時間をつくったらいいいよ、と投げかけをしています。

私は、傲慢で、自己中心的で、いたらないところが多い人間ですので、
中々信用してもらえません。無力だなあ〜と感じることも
ありますが、事実を認め、観察をして、目的を明確にして、行動していきたいと思います。

富山の南商工会に、自分で来たいと社員さんと参加された
Yさんは、私が前に企画した勉強会のことを覚えていてくれて、
石川さんが、案内してくれた訳がわかりましたと、先日、お葉書を頂きました。

袖すり会う縁をも活かし、仕事も人生も豊かにする応援をしていきたいと思います、
そして、私も周りに応援が集まりやすいように、生きていきたいと思います。

心あたたかきは、万能なり、
心あるところに宝あり、

さあ、今日を良い日にしていきましょう。

新たな旅立ちを、応援する!

3月16日(金曜日)富山の石川直文です。
5日目よろしくお願いします。

先日、県内の中学校の卒業式が行われました。
生徒さんは、それぞれ自分の目指すところへ、
旅立ちです。晴天でしたが、まだ風はとても寒いです。

今年、長女が福井での大学生活を終え、
地元で社会人として一歩を踏み出します。
先日、妻、息子にも助けてもらい4人で荷物を積み引っ越して来ました。
4年間お世話になったアパートの大家さんや周りの方々のお蔭です。
新たな旅立ちを見守っていきたいと思います。

初心者マークの車が、走りはじめ事故が起きています。
また、慣れが出始め、油断やスピードの出しすぎで、
大事故になった例がありました。

先日、深夜の0時に電話が鳴りました。
娘が、事故で大破しているみたいです、助けて下さい!
携帯電話の番号を聞き、かけ直して、
怪我の状況、警察への連絡、相手があるかどうか、
現場の状況などを確認して、
会社へ向かい、レッカー車を出動しました。

雪がチラチラ舞い、路面が凍りテカテカの状況です。
パトカーが2台現場処理を終えたのか、途中すれ違いました。
現場に着くと、車は路肩を乗り上げ、街路樹に衝突して、
オイルは漏れ、エアーバックが開いた状態で止まっていました。
被害者は、迎えの車に乗り緊急病院に向かいました。
2次事故を防ぐため、現場写真を取り、明るくなってからの
レッカー吊り上げと積み込みの段取りをして会社へ戻りました。

私も、初めて免許を取った4月、右折する時に、直進してきた車と
事故をお越して、人身事故になり、相手の方や会社、周りの皆さんに
ご迷惑をおかけしました。車は、走る凶器の一面もあります。
油断や注意不足を意識して運転するようにしていきたいです。

これから、新たな旅立ちの時期です。
細心の注意と観察を意識して、取り組んでいってほしいと思います
また、私達もプロとして喜ばれる、丁寧な行動を意識していきたいと思います。

次週のブログの襷は、安心サービスの天野さんが、
受け取って下さいました。天野さん、よろしくお願いします。

さあ、今日を良い日にしていきましょう。


エコカー減税と助成金の風を受けて!

3月15日(木曜日)富山の石川直文です。
4日目よろしくお願いします。

当社は、高岡地区のスズキ自動車の副代理店をしています。
先日、娘さんが大学を卒業される機会に、
軽から普通車へ乗り換えたいお客様と一緒に、
TとNのディラーを2社訪問し、試乗をして説明をしてもらいました。
担当者は、どちらも一緒懸命に取り組んで下さる人柄です。

車は、家の次に高価な買い物です。
乗ってみて、触ってみて、走ってみて、
納得して決めてもらうことが、とても重要になっています。

2社とも、丁寧な説明と対応、カフェ・プロジェクトでケーキも頂き
活気があるように感じましたが、
一つ気になったことがありました。

チーム全体で、取り組んでいる姿や動きがあった所と、
自分の担当ではないからと、潮が引いたように、
社員さん、女性社員さんまでもが事務所の裏へ消えていく所、
お客様は、感じられなかっかもしれませんが、
忙しさや心のゆとり、喜びや、やりがいが出ているのでしょうか。

どちらも、立派な登録実績を上げている会社ですが、
チームで勝つこと、助け合える一面を感じました。

うちは小さな会社です、人を応援し、助け合い、
マイナスを活かすこと、小さいものを活かして、
仕組みをつくることが、私の仕事です。

問題が起こらないことがいいことでなく、
どんどん問題点が表面化するようにして、
会社を作っていきたいと思います。

次週の、ブログの襷をつないで下さる方を
募ります。プラチナチケットをお届けしますね。

さあ、今日も良い日にしていきましょう。


紹介されるに、値する人となれ!

3月14日(水曜日)富山の石川自動車の石川直文です。
3日目よろしくお願いします。

今日は、高岡市立福岡中学校の卒業式です。
昨晩は、凄く冷え込みました。
明日は、彼ら、彼女らの桜の花が咲くことを、祈ります。

先日、杉井さんが富山の南商工会へ講演に来られました。
企画する立場ではなく、迎えて下さる立場で、参加をさせて頂きました。

高岡のメンバーには、もちろん声を掛けまして、
今度は、富山方面の仲間にお声掛けをしました。
近くなってからの声掛けだったので、数名には、
あいにく残念ですの返事を頂きましたが、
自分の周りに、どのように関わっていくか?
どのような応援をしていくか?を考え行動する機会を頂きました。

そして、逆に自分が人から応援をされたり、紹介をされるとは、
応援をする人が、リスクを取って、自分にかけて下さっていることに
気づきました。

先日、私に、どのような時も声をかけて下さる方から、
お叱りの電話をもらいました。
ある方を、以前から紹介されていたのですが、
創業したことの連絡を取っているもんだと思っていたが、
何をしているんだ!しっかりしろ!

何度も、袖すり会う縁をも活かすことを、教わりましたが、
もっと丁寧に、丁寧にして取り組んでいくことに意識を向けます。
早速、今日、午後にお会いして、お詫びをさせて頂き、改めて
電球一つの取り換えでも、お役に立ちますので
よろしくお願いしますと、謝ってきました。

ざるで水をすくうのではなく、慌てず、落ち着いて、丁寧に、
丁寧に、目的本位で取り組んでいきたいと思います。

リスクを取ってまで、紹介されるに値する人となれ!
目指していきたいと思います。

さあ、今日も良い日にしていきましょう。

感動を味わう、応援をする!

3月13日(火曜日)富山の石川直文です。
2日目、よろしくお願いします。

先週の土曜日、早朝6時30分から10時まで、
私の住む、富山県高岡市福岡町の福岡中学校で、
3学年の親子による、卒業前の清掃活動、
掃除に学ぶ会が開催されました。今年で8年目になります。

3年生121名は、校内トイレ12班と水こし担当の計13班で、
小矢部掃除に学ぶ会のリーダー、サブリーダー15名の皆さんの指導で、
便器と洗面所を徹底的に磨き上げることに取り組みました。
3年生のお父さん、お母さん方は、3年生の4つのクラスと特別教室や窓の
清掃に取り組まれました。

私は、2班のリーダーを担当して、2階の2年男子トイレを10名の生徒さんと
取りかかりました。4つの小便器4名、大便の和式と洋式2名、
用具入れ1名、水こし4個は2名、洗面所1名で、
経営塾で教えていただいたことを思い出しながら、

生徒のみんなに、何を伝えたいのか!
目的を明確にして、何を狙っていくのか!こだわっていくのか!
意識して取り組みました。

現場下見では、便器の汚れは少ない、トイレの空間は狭い、
用具入れの汚れは、ひどいです。

1、時間を意識して、道具の水洗いまでやる、
  最後の時間を守ること。

2、素手で便器を磨いて、感動してもらう、
  名前の声かけ、ほめること。

以上の2点を意識して取り組みました。

最後の感想では、疲れたけど、きれいになって気持ち良かった。

ここに自分の手を入れるのかと思ったけど、
だんだんきれいになるのが、うれしくなった。

水こし担当のA君は、凄い寒かったけど、きれいすることが出来た、
真っ赤になった手で、水こしを収めてくれました。

途中、生徒さんの集中が途切れて、一部雑談が始まったりもして、
注意もしました。
生徒さんには、感動を味わうまでやれたか?どうかなと感じています。

洗面所のY君には、特に関わりが少なく、
申し訳なく思いました。感想の時、大きく拍手をして上げたくらいです。
最後までやり切り磨き上げた姿勢に、逆に、私の方が教えてもらいました。

閉会の発表の後、生徒の皆さんが卒業式で合唱する曲「大地賛唱」を
お礼に歌って下さいました。
私は、背筋が震え感動しました。

私の長女が3年の時に、ご縁を頂きスタートした、
卒業前の親子の清掃活動が、毎年の3学年の委員長さんに受け継がれ、
申し送りをして下さり、PTAの皆さんや先生方の応援を頂き継続しています。

おやべ掃除に学ぶ会の福塚会長はじめ、小矢部市を中心として
南砺市、高岡市、金沢津幡町からも応援に駆け付けて下さいました。
本当にありがたいことです。

今回は、おやべ掃除に学ぶ会の第146回目になりました。
4月は、鍵山相談役をお迎えして、掃除に学ぶ会が開催されるそうです。
5月は、高岡市の国宝 瑞龍寺での掃除に学ぶ会です。
トイレの神様、うすさま明王様もおられます。是非、いらして下さい。

そして、目的を明確にして、何を伝えたいのか!
狙っていくのか!を意識していきたいと思います。

さあ、今日も良い日にしていきましょう。

オープン社内勉強会と高岡CL楽習会の開催

3月12日(月曜日)富山の石川自動車の石川直文です。
皆さん、1週間よろしくお願いします。

東北の大震災から、1年が経ちました。
富山も昨日から雪が舞っていますが、
震災地は、とても寒いと思います。
私も、忘れることなく復興への応援の行動をしていきます。

先月の第4週の土、日に杉井さんを迎えして、
石沢商事さんの堀さんが企画していただいた
社内勉強会と高岡建設的な生き方の楽習会を開催しました。

2月の開催は、最初は、七尾の北山達朗さんのご縁を頂いて、
杉井さんをお迎えして始まり、はや3年目を迎えました。
継続していくことが、水に石を投げて、波紋が広がるように、
少しづつ広がっていくことを感じています。
私は、石王さんや長沢さん、堀さんの応援を
頂きながら進めていけることが、とてもありがたいです。

今年は、13名の参加者の内、半分が女性の方々で、
子育ての問題で盛り上がりました。

富山の人は、笑うところで笑ってくれないと、いつも杉井さんは言われますが、
今回は、笑いとユーモアで、漫談のように、笑い、笑顔いっぱいで、
元気になり、嬉しくなって、あたたかい気持ちになったと感想を頂きました。

その後4名の方から、お礼のお葉書も頂きました。

今回は、娘がすごく喜びルンルンで帰って来て「すごく良かったわ!」と
感激していました。「寝てしまうのではと心配していたけれど全然そんな気にならず、
全員参加型で、質問も出来たし・・・」ありがとうございました。

CL学習会を富山で企画して下さるからこそ、気軽に行かせて頂き感謝しています。
笑いの大切さがわかり、最近、笑いヨガの教室にはまり、通っています。

杉井先生のお話はもちろん、参加者の方々のご意見に考えさせられることが、
沢山ありました。是非、勉強会に参加させて頂けたらと思います。

先日、堀さんからお礼のお葉書を頂きました。杉井さんの講演テーマに、
勉強をしようと参加をしました。知らない人ばかりで緊張しましたが、
杉井さんの笑いに引き込まれました。また、参加したいと思います。

与えられる人が、与えられるを、少しでも実践して、
喜んでもらい、心が豊かになるよう、取り組んでいきたいと思います。
さあ、今日も良い日にしていきましょう。

思いを形に

おはようございます。
高山です。最終日、宜しく御願いします!

自分の中の「思い」とはどんなモノなのでしょう?
3年と2ヶ月前、浜松CLに伺ったときのことを思い出します。
家族仲良く過ごしたい、けど・・・
父と会話もない、目も合わせない、孫とも口を聞かなかった父が大きく変化した時でもありました。
私の中では、自分が原因なんてこれっぽっちも思っていませんでしたが、杉井さんに言われたことを実践しただけで周りが勝手に変わっていってくれました。
原因は自分の行動なのです。

会社の経営も自分の思いがとても重要なことに気づきました。
父から受け継いだ土地、建物を有効に使いたいと思い作業に励みましたが、それは私のしたいことに囚われていたようです。
皆さんはそういう経験ありませんか?

農業という強みはそれでいいのですが、自分のフィールドというモノがあるように思いました。
きっとやりがいを感じる部分なのだ思います。

今日、その一歩を踏み出します。
Marriage Farmhouse ならぬ「農婚」、そして自社の新事業の第一歩です。
(小野さん!名前募集中です!)

思いは形にしないとただの考えで終わりますね。
形にすると結果や成果が出るものです。
農業という強み!?を活かしながら、お客様のお手伝いが出来るフィールドを創造していきたいと思います。

今日は三ヶ日町でイベントが行われます。
浜松市北区の若手農家が大集結します。そこで第一歩になるチラシを配ります。
笑顔あるれる事業になりますよ〜に!

一週間お付き合いいただき、ありがとうございました。

明日からは石川さんが担当してくれます!
応援クリックも宜しく御願いします!!!

人と人とを繋ぐ縁

おはようございます。
高山ラスト2日、宜しく御願いします。
来週の浜松また気温が下がって寒くなる予報です。
皆さんもお体にはお気をつけください。


昨年の12月に「自社の通信に載せたいので取材をさせてほしい」と来店してくださった企業様がいました。
どのくらいの会社に配っているかまでは聞いていなかったのですが、500枚刷って手渡ししていることは聞きました。
このご縁は厚志さんからいただいたものです。
厚志さんの知り合いの知り合いの会社様です(分かりづらくて申し訳ない)

いつ配るのかなど詳しいことは聞いていなかったのですが、先日会社の電話が鳴りました。
3年前のハガキ祭りの懇親会で挨拶させてもらった西山工業の宮崎様から当社に連絡があったのです!
富士からです。
知り合いの会社の通信に当社が載っているのを見つけて、わざわざ連絡をくれました。
これは杉井さんからいただいたご縁です。

実際、私のような浜松のバラ農家にわざわざ電話をしても宮崎様には何の得もないかもしれません。でもこうやって電話してきてくれるだけで、その方の人柄を感じます。
とても嬉しかったです。

杉井さんがブログで良い縁で人生が良いモノになっていく様子を書いてくださっていますが、縁が如何に人と人とを繋げていくか、「縁」の重要性を少し感じられました。
お礼の一言やハガキ、メールなどちょっとした気遣いが相手を喜ばせるきっかけになりますね。

気づいたらやりなさい!・・・やります。
ご縁、大切にしていきたいです。

伝え方

おはようございます。
高山です。5日目、宜しく御願いします。
昨日は将来のことに対して、皆さんからのご意見をいただき、若者代表!?として有難かったです。
経営者として今なすべきことに集中しなければいけませんが、将来どうなりたいか?どんな人生にしたいか?と逆算した考え方からのなすべきことに集中していきたいです。
来週のブログですが、石川自動車の石川さんが手をあげてくれています。
他に「どうしても!」という方がいましたら連絡ください!


2月15日と昨日とで母校にお花の教室に行ってまいりました。
教室といってもお父さんお母さんへの「感謝の気持ちを伝える」お手伝いをさせてもらったのですが、2月には小学2年生、昨日は5年生と一緒にプレゼントを作りました。
もちろんバラのアレンジメントを通しての話ですが、どうしたらご両親に喜んでもらえるか?頭を働かせる機会ともなりました。

5年生にもなると面と向かって「ありがとう」と言いにくくなっている様子がうかがえました。
きっと自分もそうだったんだろうな〜(もっとひどいでしょうけど・・・)
今回はプレゼントにサプライズを仕込みました。
マグカップにアレンジメントをしてもらったのですが、底にラミネートしたメッセージを入れてもらいました。
貰った喜びとその後の喜びを味わってもらえたら、という思いからです。
昨日の夜には知り合いの親御さんから嬉しい電話や喜びメールを数件もらいました。
もちろんマグカップの底のメッセージのことは知られていません!楽しみ!
こちらが本当に嬉しくなりました。やって良かったです。

花は「ありがとう」を伝えるための一つの手段でしたありませんね。
ブライダルでもそうだと思いました。会場を盛上げるための装花です。
その演出、プロデュースが喜びを与えるのでしょうね。
5月の農婚のイベントへ向けて企画を作成中ですが、どんな喜びを演出できるかが焦点です。
お客様の求めているもの、どこにもないインパクト、など今の力を最大限に活かせる伝え方をしていきたいと思いました。
ブライダル企画への考えも上記のように伝え方に気をくばりたいと思います。

皆さんの会社内や営業などで工夫して伝えていることなどありましたら教えてください!

5ヶ年計画

おはようございます。
高山です。4日目、宜しく御願いします。

思い返せば、西部農林事務所で開かれた経営戦略講座に受講し発表したのがもう4年前になります。
今日はその発表を聞きに来てほしいと西部農林の担当の方から言われ行ってきました。
先日MGにも一緒に参加してくれた日下君の発表もありましたし、自園を良くしようという方々との縁を大切にしたいと思い、参加させてもらいました。
去年東塾の発表を聞かせてもらいましたが、西部の若者も頑張っている様子が伝わってきました。私も負けていられません!

4年前に私も5ヵ年計画を立てました。
もちろん!?その通りにはいっていませんが(汗)計画を立てることで満足していた自分もいたと思います。
あのときの計画を見返してみましたが、ちょっと無理があるな〜とか囚われている様子がうかがえました。
発表のとき、浜松CLがあって経営塾に誘ってもらったんだ、と思い出しました。

今回の受講されている方々から学ぼう、自園を良くしようという姿勢がとても立派に見えました。
ただ、規模拡大や直売といった私も4年前に発表したことを今回の方々も発表されていました。
どのようにして、強みは、どんな農園にしたいのか?
など杉井さんから教えてもらったことが頭に浮かんできて、
当社の進む方向を整理しながら聞くことができました。

今一度自社での5カ年計画を作成し直し、CL手帳をもっと活用しなければ!
と背中を押されたそうです。

良き人生にしようという仲間に声をかけ、自分も一緒に学ばせてもらえたら嬉しいです。

どんな応援?

おはようございます。
高山です。3日目宜しく御願いします。
昨日は皆さんの経営計画の報告、ありがとうございました。
一年の計画も日々の積み重ねで達成しますね。
このブログも確認する意味で有意義に活用していけたらいいです。


一昨日の話に戻ってしまいますが、駿府マラソンに参加させてもらいました。
そのとき、厚志さんが私の自宅まで迎えに来てくれて、静岡まで乗せていってくれました。
どう考えても私が先輩を乗せていかないと罰が当たるのでは?と思いますよね!
前日に厚志さんから電話があり、「明日俺も行くから乗せていくよ」と・・・
だって厚志さんは走りませんし、それでなくても忙しい方です(たぶん)。
そんな方に乗せていってもらうのは気が引けました。
実際、帰りも送ってもらいましたし・・・
阿部川の土手は寒かったですよね。ありがとうございます。

杉井さんには一緒に走っているとき、何度も振り返り私たちを探しながら走ってもらいました。
たぶん杉井さんだって5分30秒/kmペースはきつかったと思います。
それなのにkmの札を見つけては「あと○キロ」と声をかけてくれたり、時計を確認してペースを教えてくれました。

何が言いたいかというと、
ここまでしてもらったら、何か頼まれたら「やります!」とすぐに返事をするだろうし、応援するしかないでしょう!ということです。
そして私は普段どんな応援をしているのだろう?と考えさせられました。
会社の経営や自分の人生にも通じるモノがあるのだと思います。

良き仲間と良い時間を過ごすことからも多くのことを教えてもらいました。
体を張って教えてくださって、本当にありがとうございます。
『与える人が与えられる人』
実践していきます。

経営計画途中経過

おはようございます。
高山です。2日目、宜しく御願いします。
今日も雨模様ですが、元気に良い一日にしていきましょう!


1月の賀詞交歓会で1年間の経営計画を発表させてもらいました。
今年も6分の1が過ぎ、進歩状況はどうでしょうか?
3月も忙しくなり、すぐに過ぎていくと思います。
3月が終わると一年の4分の1が過ぎてしまいます。
この3月が私はとっっっても大事だと考えています。
今一度現在地を確認する機会が必要ですね。

当社はブライダル事業への参入を決めました。
「自分の給料は自分で稼ぐ!」
これが根本にありますが、そのための種を植えないといけません。
協力してくれる企業とのマッチングから、未婚の方の出会いのお手伝い、そして当社に頼みたいと思ってもらえるような演出が今年のやるべきことです。
この動きをし始めてからブライダルの花屋さんとしての仕事が増えてきました。
マッチングしていく企業様との関係の中で当社がお客様を紹介できるようなシステムを作っていきたいのですが、先に企業様からお客様を紹介してもらっています。
本当に有難いことです。

しか〜し、これでは前の状況から花屋さんになっただけです。
8月のロンドンオリンピックツアーや5月に農婚(婚活)、他にも企画を開催しますので、そのための準備が先決です。
3月は花の需要期の中で最盛期です。
人と出会う機会の多い3月に確実に根をはらせるように声かけや外へ出ることを心がけたいと思います。

自分の課題で葉書を1500枚書くことを掲げました。
これは会社にとっても自分にとってもご縁を大切にしていきたいと思い、ありがとうの葉書を書くように目標を立てました。
現在182枚です。月計算しても70枚近く遅れています。
この遅れを3月中に取り戻し、12月には寝ていてもいいようにしたいです。

皆さんの途中経過はどうですか?
遅れていたらどのようにして取り戻しますか?

駿府マラソン

おはようございます。
今週は高山が担当させてもらいます!
宜しく御願いします。

昨日は駿府マラソンに参加させてもらいました。
初のマラソン大会への挑戦でいきなりハーフ2時間という制限付き!
正直エントリーするのを迷いました。
だって未知の世界ですから。

私は今まで何にでも挑戦はするものの、結果を残してきませんでした。
学生時代から社会人になっても、自分へは相当甘いのです!砂糖にも負けません!ブドウ糖くらいです!(どっちが甘いのかは知りません)
この流れでいくと結果を残したのか?と思いきや・・・

若さを武器に体で勝負したらいけるのか?と思いマラソンへの挑戦を決意しました。
毎日コツコツやってきたことのない私がハーフを走りきるためには何をしないといけないのか?
今回は健康維持、ダイエットという目標がありました。
そのためにマラソンを通して人との良い関係や維持するための工夫を学んでいきたいとも思っていました。

実際、挑戦してみて、終わった感想は、健康維持などの目標はありましたが、2時間以内に走りきらなかったことに悔しかったです。
練習するのに時間を割いたり、マラソン本番には一日仕事を抜けて大会に臨んでいるのに結果を出さなかったのです。

この挑戦を意味あるモノにするためにも、今からの自分の行動が大切ですね。
帰りに杉井さんから自分たちの最大の欠点まで教えてもらいました!
若者農家の特徴なのでしょうか!?
これぐらいでいいや、ここまで頑張った、などの自分から見た満足度です。
それってただの自己中や甘いだけですね。

この経験を自分の経営に活かしていきます。
自分に力をつけないと自分に挑戦しないと、という今回のマラソンは本当に大きなものでした。
ありがとうございました。
次は4月22日富士五湖ですね!
私は走りませんが、応援してます!

マラソン練習と行動のヒント

藤田建材(株)藤田教芳
いよいよ駿府マラソンです。
静岡の天気予報は「曇り」午前中の気温は7度、東の風が吹く予報です。
肌寒いスタートとなりそうですが、日中は雨が降ることは無さそうです。
参加される皆様、お気をつけてお越し下さい。


【マラソン練習と行動のヒント】
マラソンの練習を続けることは、CLの実践にとても役に立つと思います。「嫌だな〜」とか「やりたくないなぁ」と思ったときは、行動のヒントを使います。

私の場合、マラソン大会に申込みをすることから始めます。5月の山中湖マラソンにも申込みをさせていただきましたが、まずは、この3月4日に行なわれる駿府マラソンに集中します。期限は3月3日です。

次に、妻や子ども達、あるいは頻繁に連絡を取る友人たちにマラソン大会にエントリーしたことを伝えます。「よくやるねぇ」とか「大丈夫?」等と声をかけられたら「完走するために今日から練習だぁ!」と宣言させていただきます。
時折、友人からサボっていないか連絡が来ます。有り難いことです。

次に計画を立てます。どのコースを走るのか。私は止めたくなっても近道して帰ることが無いように安倍川を渡るコースを選ぶようにしています。やる時間は出勤した社員さんを見送り、朝食をとるまでの時間です。夕方は、帰社した社員さんを迎え終わったあとです。
なぜ、このときを選んだかというと、自分にとって時間の領域の切り替えのタイミングだからです。本当は休憩をしたいところですが、時間の無い私は、マラソン練習という別の仕事を組み合わせることで休憩の効果を狙います。

今回、仲間の高山さん、崇司さん、木村さんもエントリーしています。電話やメールを使ってお互いの進捗状況を確認しあいました。

シューズは事務所の土間の一番履きやすい場所に脱いでいます。やりやすい効果だけでなく、目立つので「つい、やり忘れた」ということが無くなる効果も狙います。

事務所のカレンダーに、やったかやらなかったか分かるように青く丸いシールをその日付に貼るようにします。貼っていると青チップが増えていく様な気になります。(後から気付いたのですが、本当は黄色チップでした(汗))また、一目で雨の日がわかる利点もあります。

朝起きたら、作業着を着るのではなく、社員さんを見送ったらすぐに行動に移しやすいように、その気にならなくても準備の行動として、運動着を着ます。同じように、夕方も社員さんを迎える前に運動着に着替えておきます。わたしにとっては、これだけで随分と準備の行動になりました。

夕方の練習は途中から始めたせいか、やるのがとてもおっくうでした。夜の仕事が多いときは、より一層やるのが嫌になりましたが、帰ってくる社員さんを待ちながら、複写ハガキを1枚書きます。(本当は気が散るので皆がいなくなってからの方が良いのですが、実際やってみたら満足してそのまま夕食を食べてしまったので、NG。順番は変えないほうがよい)
2番目にやりたくないことから手を付けると、その後に時間の余裕ができたこともあってか、マラソンの練習をしました。

休日は、時間をかけて練習します。5キロ、10キロと練習してきました。止めたい気持ちが働いても、とりあえず次のコンビニまで。歩きたくなっても、とりあえず次の信号まで。と小刻みにゴールを目指し、最後まで歩かずあきらめず、ゴールを目指します。

明日は、缶ビール持参です。走った後の缶ビールは実にうまい!!
これまでの頑張ってきた練習や、本番の本当に長く感じる時間を、距離を、制覇したあとのこの、ご褒美は何より代え難いです。「いやだな〜」という明日が楽しみになります!

実は、「一連の流れで行動のヒントを覚えると良いよ」と京都の帰り、海野さんが木村さんと私にアドバイスをしてくれたのでした。山中湖を過ぎて、3人眠気冷ましに行動のヒントを11項目言う。というゲームの末のことでした。CLを仲間と声を掛け合ってあることが、私にとっては一番の励みとなります。有り難いです。
CLというフックを使い、海野さんは私たちの運転で、無事に沼津電話工事駐車場まで行き着くことができました。(笑)
皆様、一週間ありがとうございました。今回のブログ当番もとても勉強になりました。
気を許すと元に戻る自分がいます。武士のように何時でも気を感じとる、あるいは気を抜ききらない自分であるよう訓練したいと思っています。
明日からは、高山ローズの高山社長様。続いて立候補していただいた石川自動車の石川社長様に襷を繋ぎたいと思います。よろしくお願いします。

付け足し
明日、マラソン大会に出場する皆様。スタートで転ぶ光景をよく見かけます。怪我をして棄権することが無いように、十分にお気をつけください。

ただ今、予報に反して霧雨が降っています。雨対策を万全に!走っている間は、カッパよりも粗大ゴミ袋を改良した自作ポンチョをお勧めします。そのまま捨ててしまえば良いという利点と、雨が途中であがる可能性があるためです。

自分のアタマで考えよう

藤田建材(株)藤田教芳
全国では、時ならぬトマトブームが到来しているようですね。
健康に良いとされる食品に人々が殺到する現象に、集団心理の怖さを覚えます。
バナナや納豆が記憶に新しいですね。テレビの報道が世間をあおっている様な印象が強いです。
とはいえ、崇司さん!追い風に乗って一攫千金のチャンス有りです。独占販売のカードを有効に使いたいところですが、商品在庫はあるのでしょうか? 気になります。

 昨日の京丸園での楽習会には、参加せずにスミマセンでした。やったりやらなかったりする自分の行動に終止符を打ちたいと思いながらも抜け出さない自分が情けないです。
皆様からのコメントで軌道修正させていただいています。ありがとうございます。

【自分のアタマで考えよう】
至らぬことの多い私ですが、思考体力の無さもその一つです。
杉井さんに『本を読む習慣』を学ばせていただき、自分で選んだ本を読んでみたくなりました。しかし、これまでそのようなことをしてこなかったので、どうやって本を選んで良いのか分かりませんでした。
そんな時、日経新聞の広告欄にこの本の紹介が載っていました。集団心理ではありますが、皆が読む本なら一読する価値があるかな、と思い読んでみることにしました。
『自分のアタマで考えよう』ちきりん著 知識にだまされない思考の技術
という本を読んだ感想です。

 私はずるい人生をあゆんで来たのだなと思いました。努力はしたくない。けれども、良い結果は欲しい。結果がすべてだから、努力しないで良い結果に導く方法をベストな方法だと思っていました。
私は、数学が得意だと思ってきました。国語等と違い、答えが1つであることに明解さがあるというところが気に入っていました。
しかし、違っていたようです。私の勉強法は、解けない問題にさしかかると、解答を見ました。そこには、解法のテクニックも書いてありました。
答えは1つ(出口はひとつ)ですから、後は解き方を覚えてしまえば、似た様な問題はこのパターンで解けば良いと認識させていました。
テレビゲームが当てはまります。上手くいかないとガイドブックを手に入れて、攻略法をアタマに叩き込み、あとはパターンを身に付けるのです。そして高得点を友達と競い合いました。
本来は、自分なりの攻略法を産み出すことがゲームの醍醐味なのに、友達よりも高得点を得ることが醍醐味になってしまっていました。
これまで、この様な方法を生活にも応用して、コツコツした努力もせずに「世渡り上手」をしてきたように思います。


正直、静岡経営塾に入塾させていただくまで、その方法になんの違和感もありませんでした。幸い、どのような問題も、大抵「答え」は何処かに存在していました。
 世渡り上手で天狗の私が、経営塾では劣等生になりました。振返ってみれば、当然の結果ですね。コツコツ積み上げる努力もせず、高飛車な自分ですから苦労がわかりません。人の苦労が分からないと内観が乏しくなり、自己中に落ち入るのかなと思いました。

 この本は、「考える」とはどういうこと?から教えています。自分がこれまで、いかに考えてこなかったかを知ることができました。
次に「考える」考え方を対象別にまとめています。考えが弱い私には良いアドバイスとなりました。
この本を読んで、思考体力を高める努力が必要だと感じました。解答を探し、解法をパターンで覚えるアホなやり方を卒業し、自分のアタマで考えることを楽しむ自分でありたいと教えていただいた一冊になりました。

ひな祭りに似合わない内容になってしまいました。ご免なさい。
ありがとうございます。

理想の社長像

藤田建材(株)藤田教芳
皆様それぞれの子どもに対する思いのコメントを載せていただき、温かい気持ちになりました。ありがとうございました。
残念ながら、私は息子の卒業式に立ち会うことをしませんでしたが、3月1日は目的本位の精一杯な行動をすることができました。
夕食後、長男がやって来て「卒業しました。お世話になりました。」と言って卒業証書をみせてくれました。彼から卒業式のプレゼントをいただきました。
皆様からのコメントで軌道修正させていただいています。ありがとうございます。

静岡は正午を境に雨模様の様子。夜半まで降り続く予報です。日曜日の駿府マラソンが気になります。

【理想の社長像】
私の想い描く理想の社長像です。
朝、社員が来る一時間前の5時に起床し、事務所やトイレの掃除を済ませ、朝のコーヒーを飲みながら日経新聞を読む。
6時から7時にかけてフレックスに出勤する社員と挨拶を交わしながら、今日のスケジュールの指示と確認の打合せをする。その間にも、自分自身の行動予定をCL手帳で再確認する。
社員を見送ったところで、運動着に着替えストレッチとジョギングに30分費やし、シャワーを浴びて朝食をとる。
8時から10時までは配達業務が集中するので、私もダンプに乗って応援する。あるいは読書。
10時からは、請負っている現場を回り、安全な作業・整理整頓・周辺のゴミ拾い・地域住民への声かけ・現場代理人と進捗状況の確認等をする。
お昼は役所や得意先、あるいは同業者を回り、一緒に食事をしながら様々な情報収集をさせていただく。
午後はプラントと出張所を回り、リサイクル製品の生産と出荷状況や在庫確認をして、需要と供給のバランスを保つ具体的な指示をする。
あるいは、商品を共同開発している工場に行き、製品の生産と出荷状況の確認。
その間にも、明日の注文をいただいた状況から、下請けに明日のダンプの手配を指示し、15時頃帰社。
運行表・スケジュール表に明日の作業指示を書き込む。
今日お世話になった方、お名刺を頂いた方々にお礼の葉書を書く。
17時頃、社員それぞれが帰って来たところで、明日の作業の指示と出勤時間の打合せ、機械や車両に異状はないか確認。ヒヤリハットの報告を受ける。
18時頃、車両が揃ったところで、燃料屋さんを呼ぶ。日報のチェックをする。
19時から21時まで夕食と家族の団らん。
21時からCL手帳を使って、一日の行動を振返りながら内観と明日の行動の確認。
風呂に入って23時に就寝。

現在は、昼間の大半を運転手として費やしてしまっています。
そのしわ寄せとして、家族との団らんや営業の時間を減らし、あるいは睡眠時間を減らして対応しています。
今年の経営計画でお約束したように、自分が一人工(いちにんく)にならないように、自分の時間を確保することの対策を効じたいと思います。
そのためには、緊急の配達に対応する運転手の用意が必要なようです。年内中に揃えたいと思っています。
ありがとうございます。

卒業式を迎えて思うこと

藤田建材(株)藤田教芳

皆様、コメントありがとうございます。
4日目よろしくお願いします。

【卒業式を迎えて思うこと】
今日は、長男の卒業式です。
現在、高校3年生。いよいよ社会人の仲間入り?です。

長男は、18年前の9月1日に生まれました。9月は決算月なので、家内は、生まれるその時のぎりぎりまで仕事をしていたと、母から聞いています。
生まれた時、私はダンプに乗って仕事をしていました。両親から無線で生まれたことを教えていただきました。
初めて顔を見たときは、目鼻が整っていたので、親ばかながら「かっこいい」と思いました。小さな手や足を触りながら、それぞれ指が5つちゃんと付いているか、確認したことを覚えています。
そして、家内に「男の子を産んでくれてありがとう」と伝えると、「名前はパパが決めてね。」と言っていただきました。
名前は1文字が良いなと考えていました。私の父の名前が1文字ということもありましたが、将来人間関係を形成していく中で、少しでも相手の方に覚えていただきやすいことを考慮しました。
誰でも知っている名前で、呼びやすく、それでいて以外と付けていない。画数も少ない(書きやすい)方がいい。そんな都合の良い名前は無いか、ずいぶんと(10日ほど時間をかけて)探したことを覚えています。
生まれて10日ほど過ぎ、もうそろそろ名前を届け出なければならなくなった頃、倉庫の本棚にあった千葉てつやの「あしたのジョー」から矢吹丈の名前をいただくことを思いつきました。
その時は、名前付けの本を3冊ほど買い込み、画数や読みのアドバイスから候補の名前をいくつか考えて、家内のところに伝えに行くのが日課でした。その日、伝えた名前の最後に「丈」はどう?と言うと、家内は笑顔を作り、「それいい。それがいい。それにする。」と言っていただきました。
それから、静岡浅間神社に行き、藤田丈と名付けて問題が無いか、神主さんに確認していただきました。

小学校3年生になって、陸上スポーツ少年団に入部することを本人に勧めました。小児喘息で入院したことを考えてのことでした。
サッカーでも野球でもなく陸上を選択したのは、球技があまり得意でないと見受けられたことに加え、走るという基本をマスターしておけば、後は何にでも応用が利くと考えたからです。
小学校を卒業するまでに2度ほど、彼から「陸上を辞めたい」と言ってきましたが、「小学生の間は続けて欲しい」と伝えると、辞めずに続けてくれました。
そんな彼でしたが、中学から高校へと進むなかで自ら「陸上部」を希望し、入部させていただいていました。
今度の日曜日は、彼も駿府マラソンに参加させていただきます。部門こそ違いますが、今年も一緒に走ることができることを楽しみに思っています。

彼は現在、理工科(進学クラス)ですが、進学はせずに消防士になる道を選択したようです。残念ながら、今回の消防士になるための試験は不合格でしたが、夢を諦めずに次回の試験のための準備を始めました。

今日の卒業式は、何とか天候に恵まれそうです。
次男も同じ高校に通っていますので、家族4人が揃うことが出来そうです。
ありがとうございます。


課題図書の検索はこちら↓
静岡経営塾推薦図書
静岡経営塾推薦図書
静岡経営塾推薦図書
ランキング参加中です。
1クリック応援してください。
人気ブログランキングへ
最新コメント
月別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ