野沢園の野沢です。
6日目、よろしくお願いします。

引き続きブログの応援もお願いします。

人気ブログランキングへ


ようやくですが9月8日に複写はがきの控えが71冊目に入りました。
はがき写真

1枚飛ばして使ったことが何回かありましたが、複写はがきの控えがなくなり別の紙を使ったこともあるので、約3,500枚ということになります。
初めて書いたのが2007年6月9日でしたから、70冊書くまでに10年3ヶ月かかかりました。
天野さんや厚志さんと比べるとあまりにも少ない枚数ですが、小学生のときから国語が苦手、文章が苦手だった私ですので「よく書いたな」と思うときもあります。

下は70冊の進み具合です。
グラフがタテヨコ逆ならもっと見やすいと思いますが、まだ私の能力では無理でした。
グラフの線が縦向きだと書くペースが遅いことになります。
はがき集計

最初の進み具合はすごく遅く13枚書くのに252日かかりました。
2008年2月16日に書いた14枚目はその頃入院した末娘宛でした。
娘はしばらく入院していそうだったので、毎日1枚を目標に書くことにしました。
書かない日も時々ありましたが退院までの2ヶ月半続けることができました。
それをきっかけに徐々にハガキの枚数が増えていきました。

それから枚数はそれほど気にせずなるべく多く書こう、でした。
10数日で1冊書き終わることも何度かありました。
そのかわり書かない日もあるというムラもありました。
その後、1日1枚を基本とし、毎日書くことを目標にし、だいぶ落ち着いたペースで進みました。

それなりに調子よく進んでいたところ、昨年10月、みかんの収穫・出荷で忙しくなり出して13日からパタッとペースダウンしました。
この数日前に「島田はがき人の集い」へ参加し、集いへ参加された方々からたくさんのハガキをいただきました。
返事を書こうと思っても数が多くて時間不足だと思うと大きなプレッシャーになりました。
結局、睡眠不足の選別作業への影響を理由に作業への時間確保を優先しました。
その日から年末までの80日で書いたのは、わずか17枚でした。
そんな年末の様子に慣れてしまったら年が明けても「まあいいや」という日が多く「気が向いたら書く」が続きました。

それでも5月から徐々に増え始め、70冊目は50日で書き終えることができました。
やはり経営塾仲間の頑張っている姿を知ることが大きな力になりました。
今まで200日連続で続いたことがなく、いまだに書くのを忘れる日はありますが、途切れてもすぐ始めるようにして、相手の方が元気になったり喜んでもらえるハガキを書いていきたいです。

もうすぐみかんで忙しくなりますので、当日書きやすくするために前日に宛名を書くなど工夫してこの秋を乗り越えていきたいと思います。
「まあいいや」にせず書きやすくする方法、みなさんどんな工夫をされてるのか、教えていただけたらうれしいです。

私たちの師匠、杉井先生のブログ     「杉井のひとこと」はこちらへ