おはようございます。服部農園の服部です。3日目よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ




私は3月に糖尿病と診断されました。
今年に入ってから、朝起きるのがつらくなり、たくさん食べても体重が減っていくようになりました。
その時は、「俺は食べても太らない体質何だ」と思い込んでいました。
病院に行くきっかけになったのが、友人が「家を建てたから遊びに来ない」と誘われ食事を一緒にとっているときに、最近食べても痩せていくことを話したら、友人の奥さんに「忠君、糖尿病じゃない?」と言われました。友人の奥さんは、看護師をしているので説得力もあり、私の家系も糖尿家系なのでそうなのかもしれないと思ったので数日後に病院に行ってきました。

血液検査をして診察を受けましたが、病院の先生からHbA1c(ヘモグロビンエイワンシー)の数値が12.7%もあり異常に高いです。
20131212313111

糖尿病がかなり進行している状態だと言われました。
E38398E383A2E382B0E383ADE38393E383B3-thumbnail2

先生からは薬を飲んで、食事制限、運動をしっかりして生活習慣を変えて数値を下げていきましょう。と言っていただきました。
私は正直自分の体がそんなに悪いと思っていなかったのでショックでした。

私の父親も糖尿病を患い糖尿病で引き起こす合併症で私が中学二年の時に54歳で亡くなっています。私は父親のようになりたくない、絶対に数値をさげてやると思いその日から食事制限と運動を始めました。

都史子さんも糖尿病のことを勉強してくれて、食べて良いもので食事を考えて作ってくれました。本当にありがたいです。

先日、定期検診に行ってきました。

20170910_141604


HbA1cの数値がな・な・なんと5.6%まで下がりました。

病院の先生からは、「強い薬から弱い薬に変えて半年でこの数値になったのはすごいですね」と言っていただきました。
自分一人の力で出た数値ではないと自分に言い聞かせました。
食事を考えてくれた都史子さんをはじめ運動に付き合ってくれた仲間の存在もおおきかったと思います。
今後は薬を飲まなくてもこの数値をキープしていく努力をしていきます。


私たちの師匠、杉井先生のブログ     「杉井のひとこと」はこちらへ