こんにちは 陽だまりの里 足立柿園です。
皆さんコメントありがとうございます。
ワンチームで動くことを大切にしていきたいと思います。

まずはランキングをよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ


経営塾でのお話の中で、時間の使い方についての講義がありました。
道具や設備についてのお話で、いままで当たり前のようにしてきたことでも
社員さんの仕事の効率や量が良くなるなら新しいものや良いものを買ってやれ
、それで社員さんが楽になるならいいじゃないか。というお話でした。

そんなお話を聞いて自社で出来ることは何だろうと考えた結果
バッテリー式のチェーンソーとエアーコンプレッサーを購入しました。
バッテリー式のチェーンソーは柿の剪定作業の時に使います。
(剪定作業は前年に伸びた柿の枝を冬に切る作業です)
今まではエンジン式のチェーンソーとノコギリを使っていましたが、
ノコギリだと太い枝は切るのに苦労するし、
エンジンチェーンソーだと重くて使いにくかったり、
燃料の準備の手間やエンジンを掛けるときの手間などがありました。
特に、社員さんたちがその手間の事やエンジンチェンソー事態を怖がって
太い枝を切るのを避けたりする状態になってしまっていました。
なので今回、バッテリーチェーンソーを購入してみたところ
今までエンジンチェンソーはあっても積極的に使わなかったのに
自分から持って行って使うようになりました。
これで剪定の作業性や能率がアップしました。

もう一つはエアーコンプレッサーです。
昨年の初めに機械の片付けの時に機械の掃除をしようとみんなで決めたのですが、
実際にはなあなあになって掃除ができていませんでした。
そこで機械を掃除しやすいように農業倉庫にエアーコンプレッサーと
掃除するスペースを設けました。
倉庫に片づける前にここにピットインしてそうじをしてから
しまいます。
これは先日の経営塾の時にさかえやの湯本社長に
「後片付けは前準備」「前準備は次繰り作業」
と教えていただいたのを参考にしました。きれいに片付いていれば
翌日使うときに直ぐに使うことが出来て、時間の短縮にもなります。
湯本さんがMGの次繰りに例えてくれたので大変わかりやすかったです。
前期に次繰りしておけば今期の行の節約のになりますね。

私の弱点は、決めたことをやり続けないで途中でやめてしまう事ですので
こうした小さな改善を辞めないようにしていきたいと思います。

たくさんの事を学ばせてくれる杉井先生のブログはこちらです!
  
  
  
  
人気ブログランキングへ