皆さんいつもコメントありがとうございます。
私のしょーもないフリに真面目に付き合っていただいた皆さんありがとうございました。

佐野さん今回も次週ブログ当番男気立候補ありがとうございます。
もうネタもスカスカなのでホッとしました。

皆さんそろそろ牛とか牧場の話に飽きてきたと頃かと思いますので、今日は全然違う話にしてみたいと思います。

では、5日目よろしくお願いいたします。

まずはこちらをポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ



少し前の話になってしまいますが、一昨年の2月、コロナがまだ日本で話題になり始めた頃、私は独立して半年が経ちましたが、仕事に明け暮れる忙しい毎日を過ごしていました。

そんなある日、以前お世話になったボクシングのコーチから電話がかかってきました。
「ヒロシ君タイトルマッチやる?」
聞くと1カ月後にある、おやじファイト(30歳以上のアマチュアボクシングの大会)で急遽チャンピオンの対戦相手が出場できなくなり、その代わりに出場しないかというオファーでした。

ボクシングは前の試合以来、練習を1年もしていません。
それどころか仕事に追われまともに運動すらしていないので、お腹はぷよぷよの状態です。

そして今回はタイトルマッチで、聞くと相手はもう何年も負けていないレジェンドと呼ばれている名選手。
しかも準備期間が1カ月しかありません。
いくら楽観的な私でも普通に考えれば、勝つのはかなり厳しい状況と思われました。

223C1C69-3DB4-4DD1-AB1F-5AE56039F81E


しかし、私は無謀だと人から思われるような事は逆に燃えてきます。
どうしても挑戦したくなってしまいます。
私は出場を決意しました。 

減量は自分の適性よりも重い階級での試合だったので、普段の体重から2,3塒遒箸垢世韻芭匹い里如¬簑蠅呂△蠅泙擦鵝
後は練習で感覚を取り戻すだけと思っていたところ、コロナの影響で普段練習している市の施設が使えません。
やむを得ず隣の市のボクシングジムにお願いし、週1回そのジムで練習せてもらい、あとはひたすら体力をつけることにしました。

悪いことは続き、2回目のジムでの練習で左の脇腹を痛めてしまい、スパーリング(実際に殴り合う練習)すらできなくなってしまいました。

試合まであと3週間、完全に追い詰められました。
でも、この状況で“勝つためには”それだけを考えました。

対戦相手の選手はレジェンドと呼ばれているくらいなので、何試合もYouTubeに過去の試合の動画がアップされていました。
その試合の動画を何度も見て、相手の癖を徹底的に研究しました。

チャンピオンは体力がないということ、後半疲れてくるとフック(横から振るパンチ)を大振りするという弱点を見つけました。

チャンピオンに勝つには、前に出続け、プレッシャーをかけ続け体力を削る。
そして疲れて大振りしてきたところにカウンターでストレートを合わせるという作戦を立てました。

まずは毎日仕事が終わった後、フラフラになるまで階段を登って体力をつけました。
幸い、右のパンチは打てたので、右のカウンタ―を合わせる練習を集中的に行いました。

コロナが段々ひどくなってきて、大会自体も危ぶまれましたが、それも何とか開催が決定しました。当日は痛み止めを飲んで、何とか軽く左も使えるくらいにはなりました。
トラブルはいろいろありましたが、やれることは全てやり切ったので、あとは思い切り試合に臨むだけです。

おやじファイトの試合は2分3ラウンドです。
皆さん2分だけって思われるかもしれませんが、ボクシングは2分だけでもおやじをフラフラにするには充分すぎる時間です。(笑)

試合が始まり流石はレジェンド、実践練習をほとんどしていない私のパンチはなかなか当たりません。
しかし、パンチをもらってもひるまず前に出続けプレッシャーをかけました。
1ラウンド目は明らかに採点では取られました。

第2ラウンドも相変わらずの展開、パンチはもらいますが前に出続けます。
が、第2ラウンドも半ばを過ぎたころ、チャンピオンのパンチに力が無くなってきました。
私のいいパンチも当たり出しました。
終了のゴング間際にはチャンピオンはスタミナ切れでフラフラです。

勝負は最終ラウンドに持ち込まれました。
最終ラウンド、相手が大振りになったところに、練習したカウンターも入りました。
がむしゃらに前に出続けたので、最後は私も疲れて相手のパンチももらいました。

試合は判定に持ち込まれました。
「勝者〜、スーパーフェザー級、新チャンピオン・・・」

A415BA3F-49F0-4E53-B70A-51670E067907


レフリーが私の手を上げました。
プロではなれなかったチャンピオンになる夢を果たすことができました!

この年でこんな高揚感を味わえることは本当に私は幸せ者です。
コーチや一緒に練習した仲間、接骨院の先生、従業員の子達、そして家族、みんなに心から感謝しました。
感激のあまり勝利者インタビューでは笑いを取るのも忘れてしまいました。


現役時代、練習の量だけは人の何倍もした自負がありました。
それでも勝ち越すことすらできませんでした。

その当時は、自分にはセンスが足りないのだと思っていました。
しかし、センスもなかったのは間違いないですが、今はその勝てなかった理由がわかった気がします。
勝つためにどうするかを考えていなかったのだ思います。

それは、ボクシングも仕事も人生も全て同じことだと思います。
ゴールを決める⇒逆算して計画を立てる⇒勝つための努力をする⇒起こったイレギュラーに対応する
こういった事を仕事、または人生で経験し学んできたことが、この試合の勝利につながったのだと思います。

4568FC43-5869-4401-8F2A-6AE237271D7A


静岡経営塾でもゴールを決め計画を立てることの重要性を教えていただきました。
まだまだ私はその時の感情に左右され、衝動的に動いてしまう事が多々あります。

これからの人生でも、ゴールを定め、そこから逆算し、それに向かって努力を怠らずに進んでいきたいと思います。
そして次は人生でもチャンピオンを目指します!

いつも大切な事を教えて下さる杉井先生のブログはこちらです!


押し忘れてしまった方はこちらをポチっ!
人気ブログランキングへ