2007年01月09日

1月8日NY株式相場

1月8日(ブルームバーグ):

米国株:上昇。利益見通しの改善を背景に、コンピューターサービス最
大手のIBMが上昇、テクノロジー株の上げを主導した。

IBMはUBSによる株式買い推奨を好感して、ほぼ3年ぶりの高
値を付けた。米衣料品小売り最大手ギャップが身売りの可能性を探るた
めゴールドマン・サックスを顧問に採用したとのCNBC報道を受け
て、ギャップが急伸。朝方の安値からの戻しに貢献した。

UBSは、今年は企業のハードウエアやソフトウエア投資が拡大す
るとの見方に基づき、テクノロジー企業の利益が増加するとの予想を明
らかにした。トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト調査に
よるとテクノロジーセクターは今年、S&P500種の業種別10指数中で
利益の伸びが最大となると予想されている。

J&Wセリグマンのストラテジスト、ダグラス・ペタ氏は、「テク
ノロジー株の動向は持続可能で、今年最も堅調なセクターの一角となる
可能性がある」とし、「投資家は6年半にわたり同セクターを敬遠した
後、再び同セクターの買いを探っている」と述べた。

S&P500種株価指数終値は前週末比3.13ポイント(0.2%)上げ
て1412.84。朝方は一時、最大0.4%安まで下げる場面もあった。その
後、米連邦準備制度理事会(FRB)のコーン副議長の発言を好感して、
金融株主導で反発した。

ダウ工業株30種平均は同25.48ドル(0.2%)高の12423.49ド
ル。ナスダック総合指数は同3.95ポイント(0.2%)上昇して2438.20。

原油相場

原油相場の下落も株価の上昇に支援材料となった。ニューヨーク商業
取引所(NYMEX)で取引される原油先物2月限の終値は前週末比22
セント(0.39%)安の1バレル=56.09ドル。一方、石油輸出国機構
(OPEC)は公約通り産油量を削減する見通し。

プルデンシャル・エクイティ・グループのチーフ投資ストラテジスト、エド・ケオン氏は、「原油相場の下落は株式市場にとっても米経済にとっても好材料だ」とし、「克服すべき問題というよりも追い風となろう」と述べた。

米連邦公開市場委員会(FOMC)が8月に金利を据え置いて以来、
S&P500種のテクノロジー銘柄からなる指数は22%高と、業種別10指
数中で最も堅調。同期間にはエネルギー株価は1.7%安と最も軟調だった。

この日はコンピューター関連株価が0.2%上昇。UBSが同セクター
を「イコールウエイト」から「オーバーウエイト」に引き上げたことが強
材料。UBSのストラテジスト、デービッド・ビアンコ氏は、テクノロジ
ーセクターの今年の1株当たり利益の伸びは「10%台後半」が予想される
と指摘した。

IBM堅調

IBMは1.5%高と、ダウ平均構成銘柄中で最も堅調。UBSはIB
Mの株式投資判断を「中立」から「買い」に引き上げた。IBM株価は終
値ベースで04年2月以来の高値で引けた。

EMCも上昇。ストレージ(外部記憶装置)メーカーのネットワー
ク・アプライアンスも上げた。

経営管理ソフトメーカー最大手、ドイツのSAPの米国預託証券も高
い。クレディ・スイス・グループとドイツ銀行のアナリストはSAPの利
益見通しを楽観するリポートを発表した。

SAPの競合他社の米オラクルは上昇。

バンク・オブ・アメリカ・キャピタル・マネージメントの主任市場ス
トラテジスト、ジョゼフ・クインラン氏は、「市場はテクノロジー株に向
かって回転し始めている。世界的な需要やドルの軟調が主因だ」と指摘し
た。

ギャップに身売りの可能性

ギャップは前週末比7.3%高と急伸。これは2年超ぶり最大の上げ。CNBCはギャップが身売りもしくはバナナリパブリックといった部門のスピンオフを含めた選択肢を検討するためゴールドマン・サックスを採用したと報道した。

金融株が、コーンFRB副議長発言を受けて、株価の反転を主導した。同副議長は、米国債市場の逆利回りが今回、リセッション(景気後退)の前兆となるとは予想していないとの見方を示した。

米金融最大手シティグループは上昇。朝方は一時下落していた。証券
大手ゴールドマン・サックスも上げた。

ラジオシャック大幅高

家電量販店のラジオシャックは、前週末比12%上昇。06年10−12
月(第4四半期)決算の暫定集計を発表し、純利益が前年同期から拡大し
たと明らかにしたことが好感された。

複合大手のゼネラル・エレクトリック(GE)は同1%安。同社は、
株式非公開の石油・ガス掘削機器メーカー、ベトコ・グレイ(テキサス
州)を買収ファンド連合から19億ドル(約2200億円)で買収する方針
だ。事情に詳しい複数の関係者が8日までに明らかにした。早ければ同日
中に発表される可能性がある。

天然ガス生産のヒューストン・エクスプロレーションは上昇。同社は、フォレスト・オイルによる15億ドルでの買収に合意した。一方のフォレスト・オイルは下げた。



原油・金 海外先物オプション取引 〜 オリエンタルマザーズ



orima1 at 17:12│Comments(0)TrackBack(0)clip! 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔