b12aaf3a.jpg27日(土)は「蔦木栄一・三回忌追悼ライブ」に行ってきました。

4時半から10時半までの長時間、満員御礼酸欠状態でした。しかし蔦木栄一氏がたばこ嫌いだった為、場内は禁煙となっていたのが救いだったかも。って、私は現在喫煙者ですが。
(あ!言っちゃったけど禁煙は一時お休みしてます、てへ)

写真は今回出演したPANICSMILEのCD。買っちゃった。

ライブの途中、バーで割り込みしそうになっている現場を(並んでるの分からなかったんですゴメンナサイ)狂気ミキサことナカムラさんに目撃される。でもおかげで見つけてもらえ、あの混雑の中会えたのでした。めでたしね。ライブの写真はナカムラさんとこで見てね。

各バンドの感想は長いので別記としました。
興味のある方は読んでみて下さいませ。
・PANICSMILE
 変拍子好きにはたまらない、故にたまらずCD買っちゃいました。実は前に対バンでご一緒したこともあったりします(天国注射の夜)。ドラムのEikoさん、普通のシャツとスカートでドラム叩く姿がもう、めちゃカッコ良かったです。美人でテクニシャンなEikoさんだからこそ、かも。女ビル・ブラフォードと呼ばせて下さい。

・湯浅湾
 ツインドラムで一人はコスプレ女子。ガキデカのコスプレでゆるいドラムを叩く。もう一人のドラムの方がその子をじーっと見つめながら(合わせていた?)プレイする姿が面白かったです。湯浅さんのライブは何度も見ているのに今回のように湯浅さんの歌がたくさん聴けるのは初めてでした。

・恒松正敏グループ
 ライブなのに何故か目をぎゅってつむって聴きたくなっちゃう、張りつめた緊張感はやはり恒松ギター!一曲あったバラードもすごく良かった。この時、客がちょっと引く感じがあって、その裏切られ感がまた胸のすく思い。自由に変わっていく、でも恒松だぜって、ああ気持ちいい。

・石川浩司
 「たま」の石川さんです。「蔦木栄一のちくび」とか、すんごい歌詞の歌やすんごいパフォーマンス付きの曲が続き、引き込まれずにはいられない30分。栄一氏に「あの曲良かったよ」と言われたという曲を最後にやるも、ここでは書けない単語連発。子供になってエーンって泣きたくなるようなせつない曲でした。

・MOST
 フューのバンド。ジョン・ライドンみたいにカリスマの香りを放つフュー。パンク。そして若い熱狂的な女の子のファンがいるのがすごく新鮮で嬉しかった(ってエラそうな言い方ですみません)。大友良英さんがゲストでギター弾いてました(大友さんの最近の働きぶりは尋常じゃない!)

・非常階段
 この時点で私は体力が尽きてしばし休憩。人の話によれば今回の非常階段は比較的聴きやすかったとのこと。非常階段のライブは客中ダイビングが恒例ですが、これはサボテンの松本さんによると歌舞伎などの伝統芸能と同じだそう(笑)。そういう意味では「なくなって欲しくない」ということで意見の一致をみました。

・突然段ボール
 これはもう、言うことありません。おにんこダンサーズは相変わらずあたたかくも妙な空気で会場をつつみ、MCも、蔦木さん含み、なんというか、いいんです。これはライブでないと分からないんで是非一度足をお運び下さい。栄一氏、遺作となった曲も披露されました。

・わかたけ 今回のライブは「わかたけ」バンマス濱田氏の追悼も含まれていました。蔦木さん、湯浅さん、石川さん、おにんこなどなど出演者がぞろぞろ参加してまさにカオスといいましょうか。わけわかんなかったというのが正直な感想ですが、なんだかだんだんわはははーって笑えてきたのでした。