お知らせ2つ

米子高島屋にて行われている「第10回 とっとりの手仕事展」に、手しごとギャラリーKaikeさんを通じて出品させていただいております。

P1020946

















手しごとギャラリーKaikeさんは山陰の手仕事の魅力を紹介しているギャラリーショップで、おりもんやの商品もいくつか取り扱ってもらっています。すぐ近くに足湯がありそこから海が見えるので、ギャラリーに行かれた後に足湯でまったりとした時間を過ごすのもいいかもしれません。

閑話休題

新聞の折り込みチラシやテレビで紹介されているのを見られた方もおられるかもしれませんが、改めてご紹介させていただきます。
木工作品を作られている方や、因州和紙を使ったアクセサリーを作られている方、おりもんやと同じく織物をされている方など《個性あふれる》作品が様々あります。

昨日皆で見に行きましたが、自分の興味のある所へ行って質問したり、中には体験している人もいました。
P1020950

















おりもんやのブースの向かい側に構えておられます、YOBOTYさん(鳥取市)と壁側にブースを構えておられますカエル工房さん(伯耆町)が私はとても印象に残りました。

YOBOTYさんは上記に書きました、因州和紙を使ったアクセサリーを作られている所で、イヤリングを試着させていただきましたが開くと花、閉じると花弁のような形で作られていて、和紙に染色された所がおりもんやで扱っている糸と同じく、色ムラがグラデーションになっていました。開き具合や閉じ具合によって印象がとても違いました。
また、軽い和紙で作られているので耳への負担もとても少なく、付け心地がとてもよかったです。

カエル工房さんはリアリティあふれる生き物の造形を行っている所で、1つ1つ繊細な作業をしながら製作に励んでおられる所です。
博物館から依頼がくるほど、本物に近いクオリティでしたので驚きました。
今回の手しごと展では絵付けの作業を見させていただきました。細い筆で丁寧に描かれておられました。

創作粘土人形作家さんである、安部朱美さんの特別出展「女性三代 機の音」もぜひご覧ください。安部さんの出展では糸巻きをしている様子や機織りをしている様子が粘土で作られていますが、普段私たちがやっていることと同じ作業が表現されています。
27日(日)14:00にトークショーもあるそうです。

「とっとりの手仕事展」
2018.5.23 [水] - 5.29 [火]
米子 髙島屋
[平日] 10:00-18:00
[土日] 10:00-19:00
※最終日である29日は15:00に閉場

──────────────────────────────────────────

おりもんやで織っている伯州綿のストールとハンカチを平成30年度の境港市ふるさと納税の寄附返礼品にご登録いただきました。
弓ヶ浜で無農薬栽培した伯州綿を100%使用して手紡ぎ・手織りをしています。
こちらにはいつもお世話になっています、福祉の店 浜っ子さんを通じて登録させていただいています。

綿100%なので手触りがとてもよく、吸収性もいい2品です。

お店自体は水木しげるロード内にあり、県内の様々な福祉作業所の作品が販売されている所です。水木しげるロードに行かれた時には、福祉の店 浜っ子さんにもぜひお立ち寄りください。

かわもと

「織りのリズム」&お知らせ

大変遅くなりましたが3月16日~21日に行った仕事展「織りのリズム」についてご報告をさせていただきます。
初日に皆で鬼太郎列車に乗って境港へ。
P1020801P1020805P1020806P1020807

















P1020819









生成色を中心にこれからの季節に最適な薄手のストールなどを販売しました。
期間中は毎日メンバーやスタッフが商品の説明をするため、浜っ子の方へ行っていましたがお話しされたでしょうか。
おりもんやのメンバーはとても個性豊か。障がいや性格がみんなバラバラであるように、織りの特徴もスピードも出来上がりもみんなバラバラなんです。今回の仕事展「織りのリズム」で今まで関わって下さった方も、今回の仕事展でおりもんやを知って下さった方もメンバーそれぞれのリズムを感じられていたらいいな、と思います。

P1020824































─────────────────────────────────────────
急なお知らせとなりますが、5/19(土)・20日(日)に奈良県大和群山市であります「ちんゆい そだてぐさ」という現代工芸フェアに出品させていただきます。

「ちんゆい そだてぐさ」とは
中国語で金魚は「チンユイ」と発音します。チンユイは中国語の「金余」(余有ができる)と発音が同じ事から、中国では縁起の良い魚とされており、金魚がたくさん卵を産むという意味でも縁起の良い魚とされています。また日本で最初に発行された金魚の飼育書は『金魚養玩草』(きんぎょそだてぐさ)と言います。金魚の街、大和郡山から新たな作家を沢山生み、育てるという意味から、この「ちんゆい そだてぐさ」という名が誕生しました。
ちんゆい そだてぐさ公式HPより

こちらには同じく奈良県にあります、「たんぽぽの家」さんを通じて出品させていただきます。
たんぽぽの家さんは「アート」と「ケア」の視点からさまざまな事業を実施している団体で、この度ご縁がありヘアゴムやブローチなどの小物を一緒に出品させていただけることになりました。
このイベントにはたんぽぽの家さんを含め、全140ブースあるそうなのでお近くの方はお立ち寄りください。

開催日
5月19日(土)20日(日)
入場無料/雨天決行

時 間
10:00~17:00
(20日は16:00まで)

場 所
大和郡山城址

お問い合わせ
〒639-1127 奈良県大和郡山市長安寺町449-3

FaceBook

 かわもと

仕事展のお知らせ

久しぶりの更新となります。

今年もあっという間に2か月が去り、3月に入りました。月日が流れるのはとても早いです。
2月はとても厳しい寒さでしたね。
全国で年間降水量が1mm以上ある日数が多い都道府県のランキングで、山陰両県は必ず10位以内に入るほど雨や雪の日が多いところです。おりもんやの前も降り積もり、2月は雪のため2日間お休みをいただきました。
最近はだんだん過ごしやすい気候になってきているので、自転車で来ているメンバーも歩いて来ているメンバーも心地いい風を受けながら出勤ができています。
───────────────────────────────────────
仕事展お知らせ ブログ貼り付け用






























3月16日(金)~3月21日(水・祝)に境港市 水木しげるロード内にあります、福祉の店 浜っ子で仕事展を行います。
今回の仕事展では「生成色」という、無染色・無漂白の糸を使った作品を中心に販売いたします。
生成色は調べたところ、別名をエクリュ又はエクリュベージュと言って「エクリュ」は無加工・無染色・無漂白のことを意味し、「ベージュ」は糸の色を表した言葉だそうです。
生成色見本2




(←見本の色)






パッと見て真っ白に見えても、よく見たらほんの少しベージュっぽい色を持つのがこの生成色の特徴です。
他の色とも合わせやすいので、藍染めの作品や草木染めの作品と共にお楽しみください。

かわもと
ブログ QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ