『クリアー整体ヒーリング』です

ヒーリングに関するあれやこれや・自分が体験した不思議な出来事など思い付くまま気の向くままに野性の勘?で書き綴っております(笑)

2018年11月

『ブレない自分』を求めても『邪魔』と無縁ではいられません

生きてる限り『邪魔』は憑きモノです。
ここでいう『邪魔』というのは生きていく上で現れるあらゆる負荷のことです。
場合によってはマイナス要素や生きづらさと言い換えることも可能かも知れません。

なので、『邪魔』といっても色々あります。
眼に見える形のある物から眼に見えないエネルギー的なモノまで様々です。

とはいえ眼に見えるものも眼に見えないモノも別々にあるわけではなく、絡み合い関わり合いながら存在しています。
心と身体が関係しているようにね…

例えば会社や学校では虐めや嫌がらせをされるってことがあります。
それと関連して、ネガティブな想念エネルギーをガンガン送られるってこともあるかも知れません。
それら二つは別々の事柄ではなくコインの裏表のように繋がっているのです。

そういった『邪魔』と全く無縁でいられる人は何処にもいないのです。
なので、大なり小なり『邪魔』ってヤツと一生付き合っていかなければなりません。
倦まず弛まず鍋物の灰汁を掬うように『邪魔』を対処していくしかないのです。

拝見しておりますと所謂スピリチュアルの目的ってのは「世界は自分の為にある!」なんて思えてしまうほどの『万能感』や「自分に出来ないことなんてない!」と信じてしまえるほど『高揚感』を手に入れることに集約される気がするんですよね。
「本当のスピリチュアルはそんなもんじゃない!」というご意見も中にはおありかも知れませんが、少なくとも世間一般で呼ばれている『スピリチュアル』ってモノは、大体そんな感じに見て取れます。
まぁ、これも例によって例のごとく独断と偏見のお話ですが…

で、万能感全開のココロの世界にはそんなに『邪魔』ってないんじゃないでしょうか?
っていうか行く先々で『邪魔』が現れるなら万能感なんてロクに感じられないですよね?
つまり、理屈としては万能感全開の世界に『邪魔』はゼロとまでは申しませんが、ほとんど無いはずなのです。

しかしながら、最初に申し上げた通り生きてる限り『邪魔』は憑きモノです。
ということは万能感が常時バリバリ全開なココロの世界ってのは最初から「ファンタジーである」ということになります。
ハッキリ言ってマヤカシ以外の何物でもありません。

半永久的に不変不動の『ブレない自分』なんてモノを追い求めれば必ず心は迷います。
心とは本来揺れ動くように出来ているモノだからです。

揺れ動くからこそ進歩するのです。
それをエネルギー的にいえば森羅万象全てのモノは波動を持っているということなのです。

何よりいくら万能感を追い求めたところで、生きてる限り『邪魔』は無くなりません。
不変不動の『ブレない自分』なんてモノより『邪魔』という名の大波小波を乗り越えられるだけのバランス感覚の方がよっぽど大切かなと思います。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

完全無欠のバリアみたいなモノはこの世にはありません

生き物というものはエネルギーの出し入れを行うことで生きるチカラを得ています。
分かりやすい例で言えば呼吸です。
吸っては吐いてを死ぬまで繰り返しています。

でも、呼吸というのはそこら辺にある空気をざっくり吸い込むことしか出来ません。
身体に良い成分のみを先に選別して吸い込むなんてことは出来ないのです。 

呼吸に限らずエネルギーの出し入れというのは全てそういう仕組みになっています。
まとめて全部取り込んでから必要なものだけ吸収して不要なものは排泄してしまうという構造です。

どんな人であれエネルギー源として様々なモノをまとめて自分の中に取り込むという作業をずっと続けています。
生まれてから死ぬまで絶えることなくね。

そのため自分にとって要らないモノも膨大な量溜め込むことになります。
不要なモノだからといって全てを出しきれないからです。
そうじゃなきゃダイエットとか流行らないでしょうしね。

所謂眼に見えないエネルギーに関しても構造は全く同じです。
最初から都合の良いとこだけ切り分けて取り入れるなんてことは出来ないのです。

取り入れるか取り入れないかの選択は出来ますけどね。
「良からぬエネルギーだけ選り分けてから取り入れる」なんて芸当は不可能です。

ならば、やはり眼に見えないエネルギーも何やかんやと溜まっていきます。
その人が気付くか気付かないかは別としてね。

だから、少なくとも生きてる人間に関しては完全無欠のバリアみたいなモノは出来ないんだろうなと思っています。
生きてるモノの性質上どう考えてもそれは無理だからです。
しかし、それでもスピリチュアルな世界では完全無欠のバリアみたいなモノを求める人が後を絶たないみたいです。

(引用はじめ)
イエスは、「敵を愛しなさい」と教えました。
これは、霊的進化のためになりますが、同時に、ネガティブエネルギー(フォース)から身を守る実用的な教えです。
相手を愛していると自分はポジティブエネルギー(パワー)の盾で守られている状態になります。
なので、怒りなどはそのまま相手へ跳ね返るだけであなたには影響を与えません。
(引用終わり)

当たり前ですが、生身の人間は無敵ではありません。
また万能でもないのです。

それはスピリチュアルにおいても然りです。
「エネルギー的にネガティヴな影響を金輪際絶対受けない方法」など何処にもないのです

愛さえあればネガティブなエネルギーも全部跳ね返せるなんてことはありません。
それってワクワクすれば何でも引き寄せることが出来るってのと同じくらい不可能に近い話だと思いますよ…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

心のブロックを外すのが無条件に良いわけじゃない

所謂スピリチュアルな世界では現在「とにかく何でも制限を外すのが良い」というような風潮があるように思います。
メンタルブロックを解除するとかしないとかいうお話です。
何故か無条件に「制限があるのは悪いことでそれを取ればハッピーになれるんだ」という感じです。

本当にそうでしょうか?
普通に考えれば制限を加えるということは何か制御しなくちゃいけない理由がそこにあるからそうしているのです。
例えば道路にスピード制限があるのは自動車による交通事故が起こりにくいように制御しているわけです。

なのにもしスピード制限を解除したらみんながハッピーになれたりしますかね?
事故によって不幸になる人が増えるだけでしょうねえ…
別にそれは交通規制に限りません。 

何が言いたいかというと制限解除は無条件に良いことなどではないということです。
あくまでもケースバイケースで判断すべきものです。
それも慎重に穏やかにね。

何故なら、制限するには制限するだけのそれなりの理由があるだろうからです。
自分が知らないからといってそこんとこをおざなりにしていいわけではありません。

つまり、メンタルブロック解除みたいなモノの良し悪しもケースバイケースだってことです。
まぁ、個人的にはテクニカルに人の心をいじること自体あまり良いこととは感じられませんけどね…

何故なら、心の問題ってのは結局地味に根気強く改善していくしかないからです。
ブロックって名付けてる時点ですでにそれを邪魔モノとして認識してるんでしょうからね。

その「邪魔モノさえ取り除けば、たちまちハッピーになれる」って考え方は、何だか違うなぁと感じるのです。
人間の心はそんなに簡単にコントロール出来るほど単純ではないんじゃないでしょうか。
良くも悪くもね。

(引用はじめ)
心のブレーキ、とくに潜在意識・無意識のブレーキの構造を理解したら、あとは原因探しをすれば心のブレーキは外れます。
(中略)原因がなんであったかが分かると心のブレーキは自然と外れます。
(引用終わり)

最近また以上のような文章を拝見しました。
原因解明さえ出来れば心のブレーキは何にもしなくても外れるそうです。

ていうことはその心のブレーキは不必要なムダなモノだってことです。
少なくとも文章を書かれた方はそう認識されていらっしゃいます。

しかし、それってブレーキの効かないクルマみたいなモノはないでしょうか?
「ブレーキが効かなくて運転しやすくなった!」なんていう人は普通いないのです…



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

テクニカルに人生を操ろうとするスピリチュアル

人の心の動きというのは想像以上にその人のその時の顕在意識以外のものに操られていることが多いものです。
ここでいう顕在意識というのは現在なら現在時点でその人がハッキリと自分自身で認識出来て、しかも自由に変更可能な心の部分のことを指します。 

操られているとすれば当然そこのところは自由に変更は出来ません。
その自分でも自由にならない心の部分っていうのが少なくとも全体の半分くらいはあるのです。

正直半分というのは少なめの見積もりで実際はもっと多いだろうと感じています。
まぁ、ヒーリングをしてての実感ですので日本人全員の平均がどうなのかまでは分かりませんけどね…

パーセンテージは兎も角として、言いたいのは「人の心ってのはそんなに思いのままにはコントロール出来ませんよ」ってことです。
それを当たり前だと思う人も多いでしょうが、「そんなことないだろ!」と捉える人も少なくはないのです。
「方法さえ間違わなければほぼ100%近くテクニカルに人の心は操れるものだ」とか思ってる人がね…

このブログではこれまでにスピリチュアルな『根性論』というものについて何度か書きました。
ここでいう『根性論』とは「気力が充実さえしていればよっぽどのことがない限り世の中大抵のことは精神力で乗り切れるのだ〜! 」みたいな考え方です。

この根性論の仲間に「問題ってのは自分で作ってるだけなんだよ!」的な『全ては気持ちの持ちよう論』があります。
これはいつでも「敵は我にあり!」っていう考え方が先に立ってる感じです。
「自分さえしっかりコントロールすれば何でも解決出来るのだ!」という前提が最初にあるのです。

で、その『全ては気持ちの持ちよう論』の発展形が『自己責任論』です。
ここではそれをスピリチュアル系『自己責任論』とでも申し上げておきます。

ここでいう『自己責任論』というのは「やると心に誓って物事に当たれば、どんなことでも出来ないことはない。」という前提からの「出来ないのは出来ない奴が悪いのだ」という考え方のことです。 
つまり、「やり方さえ間違わずに努力すれば出来るのが当たり前!」という発想なのです。 

最初の話に戻すと『自己責任論』を信奉する人々は「方法さえ間違わなければほぼ100%近くテクニカルに人の心は操れるものだ」とか思ってるわけです。
そう思ってなければ「努力すれば出来るのが当たり前!」とは考えられないはずだからです。

この「出来て当たり前」という発想は「この世は予定調和の世界だとベーシックに捉えてること」を意味します。
ここでいう『予定調和の世界』というのは「何時でも何処でも誰にでも分かりやすく辻褄ってのは合うものだ」という考え通りに全ての物事が進む世界のことです。

しかし、現実の世界はたった一人の心の中にもとんでもなく広大な不可知の潜在意識のフィールドが広がっています。
そんなに簡単に予定調和などするはずかないことはその一事を取ってみても明白です。

私には所謂スピリチュアルな世界ってのは以上に書いたような予定調和を大なり小なり信じてる人々のいらっしゃる場所のような気がしています。
じゃあなけりゃ直ぐに来る現世利益を期待したり、所謂一つの引き寄せの法則などを信じたりはしないでしょうからねぇ…
まさに「やり方さえ間違わずに努力すればどんなことでも出来るのが当たり前!」っていう世界に生きているわけです。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「何かのエネルギーを召喚する」とかいう話

このブログでいう式神とは特定の人間や集団などが何らかの霊的・呪術的な方法を用いて意図的に使役することの出来るエネルギー体全般のことを指します。 
昔の陰陽道で言わていたような狭義のモノとは違うとお考えください。

他に適当な言葉が見つからないので『人間の側が何らかの手段で使いこなそうとするエネルギー体すべて』を式神という言葉で表現しています。
言葉としてはどちらかというと使い魔と言った方が近いのかも知れません。

実際何らかの呪術的な方法によってエネルギー体を使役しようと試みる人々は古今東西後を絶ちません。 
後を絶たないどころかソフトな装いに変わって増えている気がします。

エネルギー体を使いたがる人ってのは当然自分はそういったモノが十分使えるはずだと思ってる人ですよね?
「使ってるつもりで使われるなんてことがあるかも知れない」なんて多分想定外なんじゃないでしょうか…

(引用はじめ)
召喚」ってなかなかに難しいものなのですよ。
召喚したいものが来てくれるわけじゃない。
来てくれないほうが多いはず。
じゃ何がやってくるのか?
本人は召喚するつもりだから「ドア」あけて
待つわけ。
ふだんは開けないドア。
なんでも入れるんですよ、そこから。
とんでもないものがやってきたりする。
(引用終わり)

最近召喚ってことについて以上のような文章を拝見しました。
召喚ってのはざっくり言えば「天使や悪魔や使い魔を魔術的な方法で呼び出すこと」だろうと思います。
まぁ、私流に言い直すなら「人外のモノを自ら好んで招き寄せる」ってことです。

何故招き寄せるかといえば招き寄せることによって何らかの利益を得たいがためですよね。
ここでいう利益というのは金銭なことに限らず「自分が得をするようなこと全般」です。

何らか自分が得をするようなことを目指して人外のモノを招き寄せればそりゃ危険ですよね。
何がって自分の欲望によって人外のモノに取り込まれる可能性が最初から高いからです。

呼び出す人間のガードが緩々でグズグズな状態での得体の知れないエネルギー体の「召喚!」って話です。
そりゃどう考えてもキケン以外の何物でもないでしょう。

波動的にしろ現実的にしろ何かに触れれば触れるほどそのモノと共鳴し合い繋がりやすくなるのです。
誰であれ相手が何であれそれは変わることはありません。

繋がるということはいつも良いことばかりじゃないのです。
「相手が善なるモノなら如何なる危険もあり得ない」なんてもし考えてるなら相当ヤバいですからね、ソレ!



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

仮定盛りと印象操作の親和性

私の造語に仮定盛りってのがあります。
「こうに違いない!」という思い込みを土台にして、その上に「ならばこうなるはずだ!」という仮定の話をブレない真実のように盛り付けていくっていうやり方を表す言葉です。

で、盛り付けた話は仮定のはずが直ぐに「そうに違いない!」という『確信』に変質していきます。
っていうか盛られてる時点で、もうすでにブレない真実のように扱われていますけどね…

そして、またその『確信』の上に仮定の話が盛られていくのです。
ネバーエンディング盛り盛りストーリーです。
まぁ、思い込みと決めつけのコラボレーションですけどね…

思い込みと決めつけのコラボはやがてイリュージョンへと成長していきます。
そのイリュージョンは成長を続ければ、映画マトリックスに出でくるような本物と見紛うばかりの『仮想現実』にまでなります。(その人にとってはですが)
コンピュータ関係とかで言われるバーチャルリアリティってヤツです。

で、この仮定盛りにおいて一番問題なのは、盛りつけること自体より自分がどこまで盛っているのか分からなくなることです。
「みんな真実を見ていない! オレには真実が見えてるけどね!」みたいな風にバイアスがかかるのです。
っていうかそのバイアスが掛かった状態こそここでいうバーチャルリアリティなんですけどね…

仮定盛りをする人って大抵自分が絶対的な真実に基づいてるに決まってると思い込んでるから端からそうなりやすい傾向にあります。
いつでもどこでもご自分が『真実の伝承者』だと信じて疑いません。

で、この仮定盛りと意味の近しい言葉を探すと印象操作というのがあります。

(引用はじめ)
印象操作
あることについて断定的な口調で自己の判断を提示し、それがあたかも「一般的」「普遍的」であるかのような印象を読み手に与える、という文章表現上の一技術。
 

(引用終わり)

実際にやってることは似たり寄ったりです。
ただ、仮定盛りが半ば無意識に行われているのに対して印象操作はもっと意識的でテクニカルです。
それは仮定盛りの方がマシっていうことではなく、逆にタチが悪いってことを表しています。
「自分はいつも正しい!」というファナティックな気持ちがその人の中に、より強いことを意味しているからです。

例えば「神とは宇宙人のことかも知れませんね」というオカルティックな仮定がいつの間にか「皆さんご存知のように神とは宇宙人のことですが」みたいな前提に変わるのです。
で、その前提の上に「神は宇宙人なのだから、人間は宇宙人に造られたのに決まっている!」という今流行りのスピリチュアルな仮説 (仮定盛り) がすでに世に広まっています。

もっといえばその仮説 (仮定盛り) を信じる人向けの印象操作 (陰謀論) も賑やかに行われているようにお見受けします。
まぁ、それも「信じるか信じないかはあなた次第!」ですけどね…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

所謂『縁切り』と物の怪のヘビと波動のレベル

この世界では膨大な数の思念が一カ所に集まり凝縮することによって新たな別のエネルギー体を生み出すということが実際にあり得るのです。 
例えば強烈な怨みのエネルギーがたくさん結び付けば『怨みの精霊』のような新たなエネルギー体に生まれ変わります。 
あたかもポイントカードにポイントがMAXに貯まって何か新しい賞品に変わるように… 
私はそれを『物の怪』と呼んでいます。 
まあ、一般的な言葉で言えば自然霊というのが一番近いのかも知れません。 

この世には途轍もない数の妬み、恨み、怒りなどの暗くねっとりとした情念があります。
そういった情念が一つの集合体となり、ある種発酵というか化学変化のようなものを起こして、一つの意思あるエネルギー体となったのが物の怪の中でも『ヘビ』と呼ばれるモノです。

ヘビの特徴の一つを敢えて綺麗な言葉でいえば『縁結びと縁切り』です。
人間関係を引っ付けたり壊したりするのが得意なのです。

何故得意かというと妬み、恨み、怒りがヘビの栄養源だからです。
人を引っ付けたり壊したりすれば妬み、恨み、怒りはより増幅されます。

で、ある神主さんがご自分のために縁切りの祈祷をしたそうです。

(引用はじめ)
実は私自身、数年前にどうしても切りたいご縁がありまして、自ら神様に祝詞をお読み上げして、自分のためにご祈祷したことがあります。
その時どうなったと思いますか?
…なんと、縁切りの祝詞を読んでいる中で、その人の名前を読み上げたのですが、名前を読んだいる最中に鳥肌が立ちまくりました!
(引用終わり) 

この方は縁切りの祈祷をしてて最初「鳥肌が立ってこれってヤバいんじゃないの?」と感じられたそうです。
ただ、その後現実に縁切りの効果は出たらしいくて、「鳥肌立ったのは神様から気合いを入れられたんだ」と思い直したらしいです。
それって随分都合のいい解釈のような気がします。

波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。 
別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。

例えばそこに眼に見えないエネルギーがあるとします。
そのエネルギーによって身体や心に何らかのダメージを受けるなら波動のレベルは当然低いのです。

ダメージを受ける前兆として背中がゾクゾクしたり、急に何かがのしかかってきたみたいに身体が重くなったりってことがあります。
「鳥肌が立ちまくる」ってのも背中がゾクゾクと同じ類いの話ではないかと感じます。
まあ、鳥肌云々以前に縁切りって言ってる時点で既に、ヘビ絡みの願望実現法なんですけどね。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

「成仏する・しない」について一方に振り切れるスピリチュアル

一般的には「ほとんどの霊は成仏しているだろうけど、もしかしたら一部分は無念などで成仏できていないかもしれない」って感じに捉えてる人の方が多数派でしょう。
唯物論者ではなく、死後の世界を信じてる人の中ではですが…

でも、霊能者と呼ばれる人の中には「ほとんどの人は死んでも当分のあいだ成仏出来ないんだよ」みたいなことをおっしゃる方が時々いらっしゃいます。
一人じゃなく、別々の人がそういうニュアンスのことを別の立場で語られているのです。
ざっというと「死後の世界は存在するけど、亡くなった人のほとんどは成仏していない」というのがそういう方々の見解らしいです。

ただ、色々考えても亡くなった人のほとんどが成仏出来てないってのは随分無理があることのように感じます。
逆に亡くなった人のほとんどが成仏してるってのも不自然とは感じますが…

っていうかどちらかに話を振り切ってしまう必要はないんじゃないでしょうか?
成仏か未成仏か、二つに一つしかないみたいにね。

実際にはどちらもあるんじゃないかと思いますよ。
成仏も未成仏もね。
例によって例のごとく独断と妄想で申し上げれば、大体「成仏6対未成仏4」くらいの比率なようです。

以前に以上のようなことを述べました。
「人は死んでも成仏しないんだぞ」系のお話です。

で、最近今度は真逆のお話に出会ったのです。「亡くなった人は全員まるごと無条件に成仏するんだよ」って感じのね。

(引用はじめ)
亡くなった方はあらゆる束縛や義務から解放されて「自由」になるのだそうです。
そして肉体を持つ私達を見て「あら~、悪いわね~、先にこんなに自由になっちゃって」と何かと不自由な私達を見てそう思うのだとか。

(引用終わり)

『この世』というのは言ってみれば「学校の夏休み」みたいな世界だと思うのです。
どういうことかというと「ある一定時間 (人生) の中で自分がやるべき宿題を抱えて『敢えて』やって来ている世界」ということです。

簡単に言えばこの世は何らかの課題を果たすための勉強部屋みたいなものじゃないでしょうか。 
そう捉えると何だかしっくりくるのです。

この「夏休みの宿題」をきちんと最後までやり切れなかった人がまた課題の続きに挑戦しにこの世に来るのが所謂一つの『生まれ変わり』じゃないでしょうか?
だから、輪廻転生ってのはいわば『失敗と落第の記録』みたいなモノです。

なので、もう輪廻転生から卒業出来た亡くなった方は現世の束縛や義務から解放されて「自由」になれるかも知れません。
ただし、残念ながらそれは亡くなった人すべてというわけではないでしょうけどねぇ…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp


「善い洗脳ならドシドシやっていいのだ」とかいう話

以前にこんな話をしたことがあります。

例えばある場所に行ったら何だか臭かったとします。
そうしたら、どうして臭いのか考えますよね?
「先ず体感的に臭いと感じる→その臭い理由は何だろう?と考える」という順番です。

でも、その時一緒にいる人から「いやいや、このニオイは別に臭いものなどではないよ。臭いと感じるのは貴方が物事の道理を弁えていないからだ!」などと言われたらどうでしょうか? 
この場合相手は「そのニオイは臭いものではないとするのが論理的に正しい→臭いと感じる体感の方が間違っている」という順番で捉えているということになります。

「そんなバカな理屈があるか! 臭いものはどう考えようと (感覚として) 臭いだろうよ!」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。
でも、世の中には「✖️✖️は臭いはずがない。論理的に臭いはずがないのだから臭いと感じている人間の感覚の方がオカシイのだ!」というような筋の考え方をする方々が大勢いらっしゃるのです。

そういう人々はまず先に「これが正しい!」と思う型にハメることから認識を始めます。
「幽霊なんているはずない!→いるはずないから見えるわけない」みたいな方式でね…
そうやって『型にハメる思考』が何度も繰り返し刷り込まれているうちに最初臭いと感じたものでも本当に臭くなくなっていきます。

それは「その人の感覚が臭くないと感じる状態に改変される」ということです。
分かりやすくいえば洗脳によって感覚的な認識が、変わってしまった状態です。

自己啓発系でよく言われるポジティブシンキングってのが効果を上げるとしたらそれは自己洗脳による効果なんじゃないかという気もするのです。
そういう意味では洗脳に善とか悪とかいう論理的な基準はないのでしょう。

ただね、自分の頭ならともかく他人の頭に手を突っ込んでこねくり回すってのに良いも悪いも無いのです。
「そんなことは理屈抜きでやっちゃいけない!」って話なのです。

(引用はじめ)
「洗脳されそう」よく言われます。
僕は、とっくにおかしな腐った考え方に洗脳されて、不幸な報われない人生を送ってるその脳を、ジャブジャブ洗って幸せになれる考え方に変えていってるだけのに。
(引用終わり)

この文章をお書きになった方は洗脳には善い洗脳と悪い洗脳とあって「善い洗脳ならドシドシやっていいのだ!」ってお考えになってるみたいです。
で、当然ご自分のやってる洗脳は全くの善であると捉えてるわけです。

その考え方自体が相当危険だと思いますけどねぇ…
何がって?
「人間を」或いは「脳みそを」自在にコントロールしようっていう発想自体が危ないってことです。
恒常的にそれが成功したことなんて一度もないので…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp

見たいものを見たいように見ている自分と所謂一つの『ブレない自分』

古今東西全ての人間が自分の見たいものを見たいように見てきました。 
「見たいものを見たいように見ている」とは「その人の見ている所謂『現実』というのが潜在意識やら先入観やらによって半ば無意識に集められた出来事の集積に過ぎない」ということです。 
その人好みに取捨選択されコーディネートされない『事実』は何処にもないということなのです。

もっと簡単に言えば、「自分が見たいものと見たくないものを無意識に自動で選別する心の装置を全人類が持っている」ということです。
つまり、人間というフィルターを通してる限り「丸ごと全部ありのままに世界が見えるわけはない」ってことなのです。

別の言い方をすれば人間は元々主観的な存在だってことです。
純粋に客観的な視点を持つ人間などというものは何処にも存在しません。

主観というものには大なり小なり偏りが存在します。
一人一人が見てる『世界』というのにはそれぞれに常に偏りがあるということです。

以上しつこく何度も同じことについて色んな言い方をしました。
なぜかといえばそこんところが大前提だからです。

他人の体験を「それは間違ってる!」とおっしゃる方がいらっしゃいます。
他人の思考「それは間違ってる!」とおっしゃるのなら分かります。
それが『体験』となるとハテナマークが頭の上に浮かぶのです。

例えば「何処そこで幽霊を見た!」とAさんが言うのに対して、「お前の言うことは間違ってる! 幽霊なんているわけがない!」みたいなことをBさんが発言される…
Aさんは個人的な体験を事実として話しているのに対して、Bさんは幽霊はいないはずだという所謂『科学的な常識』というまな板の上でAさんの体験を評価しようとするのです。

Bさんの場合は「科学的常識に反した事実なんて存在するわけがない」という前提があって全ての出来事は判定されているってことです。
先ず最初に「正しい理屈ありき」なのです。

しかし、いつでもどこでも何にでも通用する絶対的に正しい理屈なんて人間は誰一人持ち合わせていないのです。
先ずそこんところをしっかりと認識しとかないと人は直ぐにマヤカシに絡めとられます。

人間は生きている限り『ブレること』を繰り返し、心のバランスを常に取り続けるしかないのです。  
その「バランスを取る」というところからズレてしまうと遅かれ早かれ心は迷います。

『完全無欠の正解』なんて求め出すと心は迷うのです。
実際はブレてるのにも関わらずバランスを取らなくなるからです。

誰かが『ブレない自分』なんてことを言いだしたらもう迷う一歩手前だと思ってた方がいいでしょう。
『そこ』からは引き返せるうちに出来るだけ早く引き返した方が無難です。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp


ランキング参加中


記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ