波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。  
別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 

前に波動のレベルが高い人ほど『まっ、いっかぁ度』が上がるという話を書いたことがあります。 
ここでいう『まっ、いっかぁ度』が上がるというのは物事に対する強い執着が弱まって「まっ、いいかぁ」と思えるような心の状態に近付いていくことです。

波動的に人を見る場合その『まっ、いっかぁ度』にフォーカスするというのも一つの方法です。
別の言い方をすれば心の硬さに注目するのです。

この心の硬さというのは柔らかさの度合いでもあります。
心が柔らかいほど『まっ、いっかぁ度』は上がります。

繰り返しになりますが、『まっ、いっかぁ度』が高いということは波動のレベルが高いのです。 
波動のレベルの高さは心の柔らかさとリンクしています。
逆に心が硬いほど波動のレベルは下がっていきます。

もちろん波動のレベルの高い低いだけが物事の判断基準の全てではありません。
どちらが善で悪かの基準でもないです。
そんなものは無視するのも一つの生き方でしょう。

ただ、「何時もフワッと軽くてスカッと明るく生きていきたい!」「出来るだけ温かく穏やかな気持ちでいたい!」と願うのなら心は柔らかい方がいいんじゃないでしょうか。
少なくとも楽になる方向へ行きたいのであれば心が柔らかくなる方向を目指したほうが近道だと思います。

時々「中心とか芯とか軸とかをしっかりすべき」とのご意見を拝見します。
しかし、中心ばかりに目を奪われてると心は硬くなっていきます。

例えばコンニャクみたいにぐにゃぐにゃした『中心』って考えにくいですよね?
中心だの芯だのというものには硬くて強いイメージが付き纏います。

であるならやがては硬くて強いものに心がフォーカスしていくことになります。
そして、人間は遅かれ早かれフォーカスしたものに必ず近付いていくものです。
つまり、中心だの芯だののことばかり考えていれば心はそのうち硬くなっていくということなのです。

硬くなればなるほど心はバランスを崩しやすくなります。
柔軟性が低下して、その分復元力が失われるからです。 

一言でいえばより頑固になります。
それが良いと判断するのか悪いと判断するのかはまた別の問題として…


呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します⬇︎                           

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 クリアー整体ヒーリングwiki  

営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00           

ご予約はメールにて24時間受け付けております。           
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。           
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp