目の前に100人の人がいれば100通りの「正しい!」が存在します。 
みんな自分が正しいと思っているからです。 

もしその100人の中の1人が自分の「正しい!」を何処までも妥協なく押し通そうとすれば最終的に何らかのチカラを行使して相手を捩じ伏せるしかなくなります。 
そうなれば「やってやられて、やられてやって」という互いの「正しい!」の潰し合いが始まるのです。

万人が心から納得する「正しい!」なんて何処にもないからです。
突き詰めれば力尽くで相手を跪せる道だけが残ります。

なので、「正しい!」の比べっこという作業には必ず軋轢が生まれます。
無理やりに捩伏せられるのは誰だって嫌ですのでね。  

となれば捩伏せる方にはそれなりの『大義名分』が要るわけです。
じゃあなければ胸はって「俺が正しい!」なんてやりにくいですからね。

この大義名分というのは捩じ伏せる側の『大義名分』であって、捩じ伏せられる側からしたら『レッテル貼り』ということになります。
一番分かりやすい『レッテル貼り』は相手を贋物認定することです。
真贋を目利き出来る自分は紛れもなく本物であるという主張です。

実際この世の中には贋物或いは偽者が溢れています。
そういう意味で本物を見分ける眼は必要かも知れません。

ただ、如何にもな感じのコテコテの贋物をわざわざ持ってきて「これって贋物だろ!」って度々やる人がいたら気を付けたほうがいいと思います。
自分上げのための『レッテル貼り』である可能性が極めて高いからです。

もっと言えばそういう人は自分を持ち上げるためのサンドバッグを常に探しています。
叩いても誰もが納得するような人や出来事があれば激しく食らいつきます。

でも、ネガティヴなものを推進力にするモチベーションって不自然で無理がありますよね。
やがては相手を叩きまくること自体が自己目的化していきます。

それでは実際自分の評価を落としても自分上げにはならないんですけどそこが分からなくなる…
下手したら新しいサンドバッグを求めてさすらうようになったりもします。
 
そうならないためには真贋の判定なんかより「心のバランスをどう取るか?」の方が重要です。
正しかったり間違ったりするのが『人の心の常』ですから。


呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します                             

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 クリアー整体ヒーリングwiki  

営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00             

ご予約はメールにて24時間受け付けております。             
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。             
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp