「霊障みたいなものは『自分』の内面が外に現れているだけだ」という『全ては気持ちの持ちよう論』について以前書かせていただいたことがあります。
所謂『霊障』というのは「幽霊の正体見たり枯れ尾花」的にその人の心が作り出してるだけのものだというお話です。

そういったモノを生まれてこの方見たことも聞いたことも関わったこともないという方からしたら「そんなものはない!」というのも確かに有りだと思うのです。
その人にとってはね!
そういう状況で「とにかく信じろ」と言われても無理がありますしね。

ただ、逆に『自分はない」と考えるから他人に対しても「そりゃ絶対あり得ない!」と断ずるとしたらそれもまた無理があるんじゃないでしょうか?
方向は逆でも筋は一緒ですからね。

結局人は自分の見たいものを見たいように見ているものです。 
「見たいものを見たいように見ている」とは「その人の見ている所謂『現実』というのが潜在意識やら先入観やらによって半ば無意識に集められた出来事の集積に過ぎない」ということです。 

その人好みに取捨選択されコーディネートされない『事実』は何処にもないということなのです。
もちろんそれは私自身も例外ではありません。

自分の中で自分なりの『事実』を積み上げていくことと他人に対してその『事実』を絶対的な真理として指し示すことは別の筋の話です。
そこんところを認識するのが
肝心ではないでしょうか。

例えば鬱病の人だと朝なかなか起きれなかったりします。
健康で気力の充実した身近な人間がその人に「怠けるな!」と言ったとする…当然鬱病の人はショックを受けます。

でも、言った方の人間は「どうしてそれくらいのことでそんなにショックを受けるんだ?」と感じるかも知れません。
健康で知識のない人からすれば身体の病気でもないのに起きれないなんてピンと来ないからです。

ピンと来ないのは別に悪くはないのです。
しかし、ピンと来ないからといって「そんなことはあり得ない!」と他人にまで言い切ってしまうとしたら、それはどうなんでしょうかねぇ…

所謂霊障の話も筋としては同様な気がします。
「幽霊なんて見たことも聞いたこともないからいるはずない」と個人的に思うのは自由ですが、霊障で困ってる人にまで「気のせいだ!」と信じこませようとするのは「罪作りなことだなぁ」と感じるのです。


呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します                             

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 クリアー整体ヒーリングwiki  

営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00             

ご予約はメールにて24時間受け付けております。             
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。             
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp