悪口・陰口がしょっちゅうスラスラ出てくるとしたら、その人はの元となる思考形態をずっと維持し続けているということです。
思考形態というのは『心のカタチ』です。

ただぼんやりと想ってるだけではなく、頭の中で悪口の素をコネて練ってコネて練ってを繰り返しているのだろうってことです。
人間心にもない言葉は出てきませんから。

上にも申し上げたように『心のカタチ』というのは偶然ではなく練り上げて出来上がった必然のモノです。
その人が何処まで自覚しているかは兎も角として何時も悪口のタネを鵜の目鷹の目で探して歩いてるのです。
少なくともそういう方の場合たまたま見つけた批判のタネに対して義憤を感じて言及するってことではないのは確かです。    

まぁ、でもそういう『心のカタチ』を手に入れるのは自由だと思います。
その人が心から望むのであればね…
ただ、不自然で無理があるとは感じますけどね。

あと、大前提として『心のカタチ』を整えること自体は善でもなければ悪でもありません。
スポーツや習い事など反復練習をして『心のカタチ』を整えることはよくあることです。
『心のカタチ』を整えることでスポーツのプレイがスムーズに行えたりしますので。

ここでいうところの『心のカタチ』とは潜在意識に刻み込まれた行動や思考のある一定のパターンです。
意図的に刻み込まれた意思の方向性とも言えるでしょう。

問題はその『心のカタチ』をご本人自身がきちんと認識してない場合に起こります。
大抵その人の自己認識にファンタジーなズレがあるからです。

最初の例でいえばご自分は私情で悪口なんて絶対言ってないと思い込むのです。
全ては正当で客観的な批判であると信じようとします。

もしその言が100%正しいとしてもその人の『心のカタチ』自体は相手の批判すべきところを常に探し回っている状態であることは事実です。
要するにずっと粗探しをしている心の状態だということです。
批判自体が正当か正当でないかに関係なくね。

申し上げたいのはそれじゃ波動のレベルは上がりませんよってことです。
波動のレベルなんて自分には何の関係ねぇやって思うのも、もちろん自由ですけどね。

波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。  
別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 

荒々しく冷たい心では他人もそうですが自分が楽になりません。
ささやかな経験ではありますが、ヒーリングしてそういう状態で楽になった人を今まで一人も見たことないんですよね。
生きてる人でも亡くなった人でも…


『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します                                                    

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ 



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 クリアー整体ヒーリングwiki  

営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00             

ご予約はメールにて24時間受け付けております。             
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。             
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp