この世界では膨大な数の思念が一カ所に集まり凝縮することによって新たな別のエネルギー体を生み出すということが実際にあり得るのです。 
例えば強烈な怨みのエネルギーがたくさん結び付けば『怨みの精霊』のような新たなエネルギー体に生まれ変わります。 
あたかもポイントカードにポイントがMAXに貯まって何か新しい賞品に変わるように… 
私はそれを『物の怪』と呼んでいます。 
まあ、一般的な言葉で言えば自然霊というのが一番近いのかも知れません。 

物の怪話をこれまで繰り返し書いてしました。
何故なら他に書く人もあまりいないですのでね。
神さまとか宇宙人の話ならあちこちでしょっちゅう拝見しますけど…

で、そういう話が怖いとおっしゃる方がいらっしゃいます。
ある意味それはこちらの意図が果たされたことになります。
眼に見えない存在に無警戒に近付かない方がいいと思ってるからです。

酸いも甘いも噛み分けて全部納得尽くで人外のモノに近付くってのならそれはその人の自由です。
そりゃあ、そういう人はそれなりの覚悟をお持ちでしょうしね。

でも、個人的には正直物の怪の話とかそれほど怖いものとは思ってません。
ありきたりな言葉かも知れませんが、本当に怖いのはやっぱり生きてる人間だと感じるからです。

それも半径10メートルに収まる感情の縺れなんて小さい話ではありません。
ごく普通にある日常生活の裏側にエゲツなく生臭いブラックホールが口を開けているなんてことが当たり前のように存在しています。

そのブラックホールの代表格が所謂『呪詛』です。
ここでいうところの『呪詛』というのは「誰かに対してエネルギー的な意味で眼に見えないカタチでネガティヴな影響を与えようとする方法または手段の全て」とお考えください。
マジナイ・ノロイ・呪術・念送りなどと呼ばれる類いのモノも含みます。 
一般的に使われる呪詛という言葉の意味より随分範囲が広くなっていますが、他にピッタリ当てはまる言葉も中々無いのでそんな風に使わせてもらっておりますm(_ _)m

「恋仇を追っ払うおまじない」みたいなものなら半径10メートルにすっぽり収まるでしょうが、世の中にはワールドワイドに仕掛けられた呪詛も存在するのです。
表側の国際社会が弱肉強食なら裏側の国際社会も斬った張ったの繰り返しです。
人知れず呪術合戦は今日も世界の何処かで繰り広げられでるはずです。

それら全部を知る必要があるとは思いません。
第一知ることなんて出来ませんしね。
でも、そういうことが世界の裏側で行われてるかも知れないことくらいは知ってた方がスピリチュアルな『平和ボケ』って言われずに済むんじゃないでしょうかね…



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します                         

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 クリアー整体ヒーリングwiki  

営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00              

ご予約はメールにて24時間受け付けております。              
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。              
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp