こんな文章を拝見しました。

(引用はじめ)
因果応報って「原因に応じた結果がもたらされる」ということですが、嫌な結果を味わいたくなかったらその原因にあたるものを無くす、もしくは減らすが対策になる、っていうのはわかるでしょう?
(引用終わり)

わからないです(笑)
因果応報というのは原因に対応した結果が現れるというそれだけの意味です。
逆にいえば結果が現れた時に初めて原因が詳らかになります。

結果のない原因もなく、原因のない結果もありません。
嫌な結果が想像出来ることを避けようとする行為は『回避という新しい原因』を新たに作っているに過ぎないのです。

因果を無くすなんてことは誰にも出来ません。
もちろん少なくするってのも同じことです。

何らかの新しい原因を作ることは出来ますがね。
ていうかそれしか出来ないのです。

で、推測するにこの方のおっしゃる因果というのは単に「悪いことが起こること」を指している気がします。
しかも狭〜い範囲での「悪いことが起こること」です。

誰かにとって悪いことが別の人にとっても悪いこととは限りません。
逆に良いことかも知れないのです。

スポーツで考えれば贔屓のチームが負けたらその人にとっては悪いことですが、相手チームのファンからしたら良いことです。
それは会社での出世競争などでも同じでしょう。

要するに万人にとって『良い結果』を生む原因など何処にも無いということです。
そして、全く他者と関わりにならずに果を結ぶ因も何処にも無いのです。

ですから「嫌な結果を味わいたくなかったらその原因にあたるものを無くす」というのが、もし仮に出来たとしても『良い結果』を得られる可能性は極めて低いでしょう。
何故なら他の誰かの「嫌な結果を味わいたくなかったらその原因にあたるものを無くす」という因果と両立するとは限らないからです。
むしろ激突して火花を散らす可能性の方が高い気がします。

人間に出来るのは何時も「準備をすること」と「対策を立てること」の2つです。
最終的には『人事を尽くして天命を待つ』ことです。

因果に手を突っ込んでかき回そうすることではありません。
どう考えてもそれは自然の法則に対する不遜ってものです。

まぁ、そんなことは結局出来ない相談ですが、出来ると信じて『バベルの塔』を建てようとするのが所謂一つのスピリチュアルなんだろうなと感じます。



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します                              

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 クリアー整体ヒーリングwiki  

営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00                 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                 
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                 
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp