何か災害や事件が起こるたびにそれをネタにしたスピリチュアルな記事がここぞとばかりに湧いて出てきます。
単なる個人的感想として何かお述べになるのはもちろん『自由』でしょう。
ただ、現実に起こった生々しい出来事を、神の警告や陰謀論みたいなモノに直ぐに結び付けて熱心に語られているのを拝見すると正直脱力してしまいます。

「大切なのはそこじゃない…」
「肝心なところがズレている…」
強くそう感じてします。

じゃあ、肝心なところは何処なのか述べていきます。
この前以下のようなことを書きました。

西洋的なものの見方の根っこには「自然を超越した唯一絶対の神の命により人間が自然を征服する」という考え方があります。
殊更言わなくてもそういう考え方がいつもベースにあるということです。

で、所謂スピリチュアルっていうものにもそういった西洋的なものの見方がベースにあるんだろうと感じています。
何故ならお見受けする限り大抵何かをコントロールしようとする方法のオンパレードだからです。

スピリチュアルな人々には「運命や自然というものを人間が神に代わってコントロール出来る」という風な考えが心の根っこに拭い難くある気がするのです。
洋の東西を問わずそういうのが所謂スピリチュアルな在り方なんだろうと推察します。
個人的でささやかな経験ではございますが、それ以外のパターンに遭遇したことが未だないものでね…

コントロールといえばまだ聞こえはいいですが、ぶっちゃけた話「支配してやるぞ!」っていう気持ちが満々ではないでしょうか?
まあ、もっとハッキリいえば支配欲です。

「何一つコントロールするな」とか申し上げてるわけではありません。
人間がある程度自然をコントロールすることで生き残ってきたのは事実です。
これを書いてる今もエアコン使ってますしね。

でも、其れはある程度であって全部じゃないです。
世の中の全部をコントロール下に置こうというのは大それた野望だと思います。

そして、自然の中で対策を立てるのと自然全てを支配しようとするのは基本スタンスが違います。
方向性が違うのです。

天変地異や社会的事件をオカルティックにコントロールしようとするのは自然を丸ごと支配しようとする企てに似ています。
それはあたかも新たな『バベルの塔』を建てているように私には見えるのです。
自分たちを「神に等しい者」とするあの『バベルの塔』をね…


『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します                               

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 クリアー整体ヒーリングwiki  

営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00                

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp