例によって例のごとく独断と妄想のお話です。
眉に唾つけてご覧くだされば幸いですm(_ _)m

例えばどんな強力な呪文であろうと無機質な単なる文字として置かれているだけの言葉はエネルギー的には眠っています。
しかし、それを人が意思を持って声に出したり書いたりすれば何らかのチカラが生まれるのです。
そういう『仕組み』を昔の人は言霊と言ったのかも知れません…

以前にこんなことを書きました。
もしかしたら言霊という言葉の元々の定義とはズレてる部分もあるかも知れませんが、今でも大体同じように感じています。

言葉というのは人がそれを発することによって何らかのチカラを発揮します。
別の言い方をすれば、人間の中にある想念エネルギーがそこに乗っかることによって初めて言葉にチカラが与えられるということです。

で、もう少し突き詰めて発するとはどういうことかと言えば音を出すということです。
人が音を出すことにチカラの源があるのです。

例えば柏手を打つとお祓いが出来るみたいにおっしゃる方がいらっしゃいます。
そのことは全部正解とは良いかねますが、まるっきり間違ってもいないと思います。
「人が手を打って音を出すことに何らかのチカラがある」という意味においてはね。

確かに人が出す音に波動的なチカラは存在します。
ただし、それで以ってやたらと除霊じみたことをされるのはオススメ対象外ですがね…

何にしろパンッと手を打つくらいでそれほどの威力があるのなら、人が口から出す音はもっとチカラがあるはずですよね?
まぁ、実際あるんですがね。

言葉の暴力って言葉がありますが、文字通り暴力として使えるほどです。
あっ、今言ってるのは単なる比喩とか道徳論ではなく、実際のエネルギー的な影響の話ですからね。

でも、そこらへんのところを認識されてる方ってのが所謂スピリチュアルな世界にも多くない気がしています。
何故なら、言葉の使い方が下手したらごく普通の一般人よりずっと荒い人が大勢いらっしゃるからです。
もちろん社会的には何を書こうとご自由かも知れませんがね…

それで話を元に戻すと、人の発する音、つまり声がエネルギー的に非常に重要だってことです。
そういう意味で言葉を発する際の声の強さ弱さは言葉の持つエネルギーに大きく関係してきます。
それは同じ人が同じ言葉を発してもエネルギー的に何時も同じとは限らないということです。

しかも、人には持って生まれた声の強さ・弱さってのがあります。
エネルギー的に見てのね。
当たり前っちゃ当たり前ですけど、みんな均一ではないのです。
そこら辺も含めて言霊ってのを考えたほうがいいんじゃないでしょうかね。


『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します                            

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 クリアー整体ヒーリングwiki  

営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00                                       

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                   
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                   
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp