以前にこんなことを書きました。

所謂『この世』というのは言ってみれば「学校の夏休み」みたいな世界だと思うのです。
どういうことかというと「ある一定時間 (人生) の中で自分がやるべき宿題を抱えて『敢えて』やって来ている世界」ということです。

その宿題は夏休みの期間中 (生きてる間)どういうやり方をしても構いません。
ただ、休みが終わった時 (亡くなった時) に提出しなくちゃなりません。

なら、その宿題は誰が与えているかというと結局生まれてくる前の自分自身が作成している気がします。
所謂神様とか他人じゃなくてね。

簡単に言えばこの世は何らかの課題を果たすための勉強部屋みたいなものじゃないでしょうか。 
そう捉えると何だかしっくりくるのです。

前回「子どもは親を選べない」っていうことについて意見を述べました。
「それってちょっと違うんじゃないの」って感じでね。
まぁ、眼に見えない部分についてですが…

今回は親だけじゃなくて家系というか血筋とかに関して述べていきます。
もちろんそれも現実的な部分ではなく、そもそも「何でこの世に来たの?」って立ち位置から紐解いて行きたいと思います。

そもそも「何でこの世に来たの?」ってことについては冒頭で申し上げました。
我々が敢えてこの世にやって来たのだとしたら、血筋だ家系だっていう要素も偶然ではないんじゃないでしょうか?
少なくとも個人的にはそう考えています。

であるなら、例えば自分の家系にまつわる因縁だとかに関わらなければならなかったりするのも偶々などではないってことです。
もしかするとその人がこの世でやるべき宿題の中に組み込まれた一つの要素なのかも知れません。

人生の全ての出来事が最初から決まってるという話ではないです。
敢えてこの世にやって来るための初期設定ってのは、誰でもある程度為されているんじゃないだろうかという話です。

またその設定にあることを丸ごと唯々諾々と受け入れて生きなくちゃならないって話でもないのです。
ただ、生い立ちなどの変えられない設定にグチグチ文句言っても始まらないってことなのです。

ヒーリングなんてしていると正直家系絡みのネガティヴなことにも時にはぶつかります。
浄化もしますけど、中にはその人自身が自力で乗り越えていくしかないモノもあるのです。



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します                              

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

 クリアー整体ヒーリングwiki  

営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp