「お盆だのお彼岸だのという世間一般で広く行われている宗教的な『風俗習慣』っていうのは 結局生きてる人間の都合によって決められてきたものだ」ってことをこれまで繰り返し書いてきました。
実際時代や地域によってコロコロと変わってきてますしね。

それをことさらスピリチュアルに解釈して、単なる風習以上のものとして意味付ける方がいらっしゃることも申し上げました。
そういった行為のあれやこれやが眼に見えない不思議なチカラを発揮するシキタリとして今も語られ続けています。

もちろんそれぞれが独自の価値観をお待ちになることは全くの自由です。
ただ、一つハッキリしているのは人の死は普遍的なものであるが、宗教的な儀式や世俗的な慣習は人の都合で移ろいやすいものであるということです。

とはいえお盆やお彼岸に世の中に亡くなった人が増えるというのもまた事実です。
じゃあ何故お盆やお彼岸に亡くなった人が増えるのでしょうか?

今回そこんところを考察してみようと思います。
まぁ、例によって例のごとく独断と妄想のお話ですがね。

結論からいえば刷り込みの為せるワザでしょう。
生きていた時の刷り込みで死んだ後も動いてるヒトが結構多い気がします。
 
ていうか所謂『成仏』してない人というのは生前の刷り込みとそれに基づく条件反射でほぼ動いているのではないでしょうか?
「死んだらお墓に行かなくちゃ!」とか「仏壇に居なくちゃ!」とかでズルズルと動くのです。 

線香の煙や読経の声にも亡くなられた方は反応して寄って来ます。
それによって「自分も成仏出来るはずだ!」という生前の刷り込みの結果なのかなと感じます。 

当然無神論者や唯物論者は死後の世界には行きにくいと思われます。
抹香臭い道徳論ではなく、人は「見たいものを見たいように見てそれを『世界』そのものだ」と認識するからです。
身体がないのなら尚更そうなります。

逆に所謂『成仏』出来た人は生きてる人間の世界の風俗習慣に縛られる必要がありません。
そういうモノから自由になるのが成仏ってものでしょうから。

成仏した人が生きてる人間のスケジュールにわざわざ合わせる道理は何処にもないのです。
『敢えて』合わせてくれることはあってもね…



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します                          

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp