以前にこんなことを書きました。

例えば『現実に犯罪が多発しているのを事実として認識すること』と『現実に多発しているのだから犯罪はあって当たり前と思うこと』は全く違う話です。 
実際に犯罪はあるけど、あくまでもないのが理想の姿であり、そこに向かって努力しているのが『現実』です。 

置き換えると『現実にネガティブな感情が自分を含めて人間には存在していることを単に認識すること』と『実際ネガティブな感情があるのだから怒りやら妬みやらが存在するほうが当然なんだよ!と思うこと』は全然違う話だということです。 
つまり、『現実に存在することを「そんなこともあるんだな~」と単に事実として認識すること』『その現実を自分の心の奥まで入れ込んで「そうだ!そうだ!その通りだ!」と肯定すること』は別なんです。  

何度もしつこく言いましたが、この2つのことをごちゃごちゃにして「あるんだから素直に認めろよ!」的なことをおっしゃる方が結構多い気がするのです。  
意図的であろうとそうでなかろうとね…

それで、最近流行り?の不倫について語ってみようと思います。
唐突ですが、その話を見聞きしてて上記のことを思い出したものでね…

とはいえ不倫の是非をここで問う気は更々ありません。
私が興味があるのは「不倫くらいでガタガタ言うなよ!」的なことをおっしゃる人々についてです。

『社会生活のルールなんて飛び越える恋愛感情が人間には存在し得ることを単に認識すること』と『実際にそういう恋愛感情があるのだからルールを飛び越えたって仕方ないんだよ!みたいに考えること』は全然趣旨の違う話です。 
そこんところをごちゃ混ぜにして語る人が思った以上に多いのが気になるのです。

不倫みたいな比較的判断の易しい問題でその辺の仕分けがごちゃごちゃになってしまうのであれば、もっと難しい問題なら、ぐっちゃぐっちゃのゴチャゴチャになってしまうでしょう。
「事実を事実として認識すること」と「一片の事実を普遍の真実のように認識してしまうこと」の違いが分からなくなるのです。

で、ここからが本題です。
ヒーリングの確認について申し上げたいのです。

「事実を事実として認識すること」と「一片の事実を普遍の真実のように認識してしまうこと」の違いが分からなくなるのなら、ヒーリングにおける波動的な確認もゴチャゴチャになってしまうということです。
確認がぐっちゃぐっちゃになれば、その後は先入観と空想であらぬ方向へ突っ走ることになりかねません。

そうならないためには事実を事実として坦々と認識する癖を日頃から心に付けることが必要です。
偏った認識は遅かれ早かれ判断する感覚を歪めますので。




呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します                            

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp