この前「伝授とかでエネルギーを与える時にやたらと圧を強めてどっかーんと相手に浴びせる」っていう話について書きました。
まぁ、私自身はそんなドラゴンボールの「カメカメ波〜!」みたいな場面に遭遇したことはありませんが…
ただ、そういう場面を想像したら誰だって「ヤバい(~_~;)」と感じると思うんですよね。

何がっていきなりそんな「ドカンとぶちかますぜ!」みたいなやり方をするってのが既に普通じゃないじゃないですか?
『加減』を知らないというかね…

何でも『加減』は大切です。
例えば幾ら身体に良いと言われるものでも摂取し過ぎれば害になるのです。

しかも、それが直ぐにハッキリ影響が表れるほどだとしたら相当度外れた量ってことになります。
身体に即悪影響が表れるレベルだとしたらね…

料理なら料理で一回ごとに味や量のバランスを取りながら調理するわけです。
簡単に言えば味見しながら進めますよね。

上記のようなヒーリングをする人たちはそういった『加減』を見ながら事を進めないんですかね?
味見みたいなことを一切せずに「いきなりエネルギーをドカン!」ってやってるんだとすれば、それだけで相当ヤバい気がします。
「色々と『加減』しなくちゃいけないな」という考えが最初から頭の中にないのかも知れないですので…

それじゃあエネルギーの質を吟味することも難しいんじゃないでしょうか?
量の『加減』が出来ないのに質の判断が出来るわけはないからです。
「エスニック料理なら辛ければ何でも良い」くらいに思ってる人に香辛料の良し悪しなんて到底判断出来ないようにね。

というか判断する必要があるとも思ってない可能性があるのかも知れません。
だったら余計ヤバいですよね…

そもそもエネルギー的なことでなくても世の中の大抵のことには手加減・火加減・水加減ってモノが付いて回ります。
様々な場面で様々な『加減』があり、それらは全て大事なのです。

動物を飼ったことがある人なら知ってるでしょうが、犬や猫だって『加減』はします。
人間が教えなくたって様々な場面で『加減』をしているのに出くわします。

人間も動物の一種ならそういった『加減』が出来るはずです。
眼に見えないエネルギーという感覚的なことなら尚更ね。

とはいえ最初からいつでも何処でも的確な『加減』が出来るわけではないです。
「ちゃんと『加減』をしなくちゃならない」という意識を持った上でコツコツと感覚を磨いていく必要があります。
地道な作業としてね!


『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します                              

        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp