波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。 
別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。 

波動のレベルというのはスピリチュアルな序列を付けるためのバロメーターではありません。 
また目に見えないエネルギーの強さを計るための物差しでもないのです。
 
ただ、自然で無理なく生きるための目印には十分なると思います。
っていうかここでいう波動のレベルというのは出来るだけ自然で無理なくあるための目印です。
波動のレベルをまるでそれが評価対象である人間や事物の絶対的な価値であるかのように扱われる方がたまにいらっしゃるようなので改めて申し上げておきます。

私は波動のレベルを数値化して捉えるということをやっています。
目印としてはその方が分かりやすいからです。
数値といってもあくまでも一つの目安ですけどね。

もちろん元々波動に高低の目盛りが付いているわけではありません。 
気温や気圧など自然現象を数値化しているのと同じようなものだとお考えください。  


実際のやり方としては大体基準を『今の自分』に置きます。 
今の自分の波動のレベルに仮に100という数値を振ります。 
その100というのをメジャーの目盛りと思ってください。
それを基準として対象の人や物や場所の数値を割り出すのです。

例えば引っ越しするための家探しをするとしましょう。
自分を100として引っ越し候補の物件の数値をそれぞれ出していけば判断材料の一つになるでしょう。
波動のレベルだけが判断の基準ってわけではありませんけどね。

当然自分以外のモノを基準にすることも可能です。
時には人間がどこにも出てこない数値化だってあり得ます。

食べものってのもその一つです。
自分だけを基準にすると「中々食べるものがない」なんてことにもなりかねないですので…
波動的に見て非の打ち所がない食べものってそうそうありませんからね。

なので、今回は何処にでもある調味料の波動のレベルを数値化してみます。
所謂調味料の『さしすせそ』ってヤツについてです。

砂糖の波動を仮に100とすると、塩の波動は108、酢の波動は115、醤油の波動は118、味噌の波動は125くらいになります。
これはあくまで波動のレベルであってそれぞれが持つ物理的な作用はまた別の話です。

でも、これも料理する時には一つの判断材料として使えます。
波動のレベルってのはそういうもんだってことなのです。



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      


↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ



※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp