人生は絶え間ない出会いと選択の連続によって成り立っています。   
出会いと選択があればそこには自ずから吉凶禍福が糾える縄の如く現れてきます。 

それを人は運といいます。
つまり、運とは人・モノ・場所との出会いとその際における選択から生まれるのです。  

そうやって生まれた『運』が巨大なジグソーパズルのピースのように繋がっていきます。
一見繋がって無いようなピースも何処かで繋がって一つの絵になるのです。
それが所謂『運命』っていうやつなんじゃないでしょうか。 

日々刻々様々な場面で色んな『何か』を選び取ることで人の運命は紡がれます。
そうやって紡がれた『結果』が忘れた頃に目に見えるカタチでやって来るのがいわゆる因果応報ってヤツです。

因果応報には善因善果と悪因悪果があります。
因果応報といっても悪いことばかりじゃありません。

だから、善因善果になるような選択を毎日コツコツ心掛ければ運は良くなるのです。
それが難しければせめて悪因を出来るだけ避ければいいんじゃないでしょうか?

ごく自然でシンプルな話です。
でも、世の中には誰が見ても悪因としか思えないことを積極的に選ぶ人が少なくありません。
不思議なことですがね…

悪因としか思えないこととは、例えば他人を下げるみたいなことです。
世の中には次から次へと他人を下げようとされる方がいらっしゃいます。 

そういう方は心の何処かで「他人を下げれば自分という存在が相対的に浮き上がるんだ」と信じてらっしゃるような気がします。 
実際は浮き上がるといっても自己満足の範囲内でのことでしょうけど…

ここでいう「下げる」というのは何らかの手段で相手の価値を落とす (貶める・足を引っ張る・悪口を言う) という意味です。
ご本人としては単に「正当な評価を下しているだけだ!」ということなのかも知れませんがね…

別に一部のスピリチュアルな人々みたいに「他人を一切ジャッジするな!」なんてことを言いたいわけではありません。
「他人を幾ら下げたところで自分の価値は上がりませんよ」ということを申し上げているのです。
それどころか「他人を下げれば下げるほど自分が堕ちていくための『悪因』をせっせと作ってるんですよ」って話です。 

そこら辺を百も承知で「それでも下げるのをやめない!」っておっしゃるのであればその先何も言うことはありません。
ただ、「そんなことまでしてわざわざ自らの運を悪くしていく必要が一体何処にあるのだろうか?」と個人的には思ってしまうのです。 



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00   

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp