おおよそ以下のような意味のことをおっしゃっている文章を拝見しました。

国のため地域のため他人のために自分を犠牲にする、そういうのが美徳とされる時代が長く続いてきましたが、今は『自分を守り、自分を幸せにすること』が人生の一番の価値なのだと思います。

この方は「『世のため人の為』なんていう古くさい考え方より何処までも『自分』を優先させる在り方の方がナウでイカしてる!」という価値観のようです。
とはいえ実際は「自分を犠牲にする」という部分を無くすほど他者に何かを与えることは難しくなっていくんじゃないでしょうか?

自分第一を貫きながら見た目だけ他人に優しくしても直ぐにメッキが剥がれます。
根っこの部分が自分本位なら上っ面だけ飾ってもそれが透けて見えるからです。

こういう自己本位な在り方の根っこには「死んだらお終い」っ 考えが横たわっていると思うのです。 
それは「今さえ上手いことやれば自分という生命の物語は完結する」って考え方です。
ここでいう今っていうのは『自分が生きてる間の時間のこと』です。

それで「死んだらお終い」っ 考えは「やり逃げ上等! ごまかし万歳!」ってのに繋がっていきます。  
生きてるうちにどんなにやりたい放題やろうと「死ぬまで逃げ切れれば責任を取る必要なんてなくなるのだ!」ってところに行き着くのです。
 
だって、死んだら身体も心も何〜にもなくなるんですよ?(あくまでその人たちの考えの中ではですが)
誰だって「死んだ後のことなんて知〜らない!」ってなるでしょう。

でも、結局因果応報から逃れられる人なんて一人もいません。
死んだ後からでもやったことのツケはきっちりやって来るのです。

実際そういう事例を何度も見てきましたしね…
亡くなってからも『終わらないツケ』を払い続けている人ってのは残念ながら少なくありません。

なので、因果応報の考えが染み付けば否応なく「『今の自分』だけがハッピーならオールOK!」って発想にはならないはずです。
そういう風にやっても後からツケを払わなくちゃならないのが透けて見えるからです。

『世のため人の為』っていう在り方は何も他人のためだけにあるのではありません。 
因果応報のコトワリの中にある時空を超えた『自分』を救うためでもあるのです。

『情けは人の為ならず』って言葉の真意の一つがここにあります。
過去から未来まで貫いてね…


『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00   

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp