最初に誤解のないように申し上げれば菜食主義がダメとか言いたいわけではありません。
野菜が好きならそればかり食べていて構わないと思います。

ただ、それはあくまでも個人の趣味・嗜好の範疇に属する事柄です。
道徳に関することではなく、スピリチュアルな話でもないのです。

しかし、実際のベジタリアンの方々は「自分たちが非常に優れているんだ」.ってニオイをプンプンさせています。
肉体的にはもちろん精神的にも、人によっては霊的にも優秀であると信じておられる気がします。

何故そういった思考になるのか?
今回考察してみたいと思います。
以下例によって例のごとく個人的な独断と偏見のお話であることをお断りしておきます。

菜食主義者の方々は菜食をすれば身体的な健康とともに穏やかな心を手に入れられると思っているように感じます。
繰り返しになりますが、菜食をすることで心が穏やかになるはずだと信じているのです。

じゃあ、何故そう信じてるのかというとテレビなどで紹介されるアフリカのサバンナにいる草食獣のイメージが多分に影響を与えてるんじゃないでしょうか?
ライオンなどの荒々しい肉食獣と対をなす穏やかな草食獣という印象がです。

でも、ハッキリ言いますが、それって単なるイメージに過ぎません。
草食獣がか弱くて何時も寡黙に草を食んでるというのが作られたイメージに過ぎないと申し上げているのです。

カバは獰猛を絵に描いたような動物ですし、不機嫌なアフリカ象はまさに百獣の王の名が相応しい一番の生き物と言えます。
子どもの頃から動物番組を見てきた人間からすると草食獣が穏やかというのは虚像にしか感じません。

それに、人間の一番身近にいるペットである犬や猫は果たして草食獣ですか?
どう見たって違いますよね?
今ならペットフードを食べてのるでしょうが、元々は肉を食べてたはずです。

じゃあ、犬や猫は荒々しいですか?
そんなことはありませんよね。

人間だって菜食主義の人のほうが肉食する人より心穏やかだって保証はないのです。
個人的には菜食主義の人のほうがむしろ荒々しいんだろうと推測しています。
あくまでも推測ですが、当たらずとも遠からずって気がするのです。

どちらにしろ菜食だろうが肉食だろうがそれによって道徳的な或いはスピリチュアル的な優劣が現れるなんてことはないと考えます。
何よりハッキリしているのは人間は元々雑食だってことなのです。



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。

営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00   

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp