何だかんだ言って結局『分かる』ということは非常に感覚的なものだと思うのです。
机上の知識で分かるのは物事のせいぜい半分くらいです。
結局分かるってことは知識ではなくて体感だってことです。

じゃあその体感とは何だというとその人が経験によって磨いてきた生身の感覚のことです。
例えば魚屋さんが何度も何度も魚を見て身に付けた『魚の食味の良し悪しを見極める眼』のようなもののことです。

たくさんの経験がしっかりと経験値になるだけのプロセスを経ることでやっと人間は体感を得ることが出来ます。
一言でいえばそれは「骨身に染みる」ということです。

その骨身に染みるということが、『分かる』ということの中核を成しています。
だから、『分かる』ということは必然として感覚的なのです。 

勉強でも分かった時はハッとして「あっ、そうか!」ってなるものです。
それが『分かる』ことの目印になります。

「スピリチュアルな世界なんて誰にも本当のことは分からない」って思っていい加減なことをおっしゃる方もいるかも知れません。
第三者が納得するような裏付けが取れないだろうってことでね。

確かにそうでしょう。
ごく普通に考えれば裏付けなんて取れるわけはないのです。

ただ、目安はあります。
それが上に書いた体感ってヤツです。
これが大きな目安になるのです。

物理的でないものほどより体感の重要度は大きいのです。
幾ら書籍等の知識を仕入れたところで耳学問では限界は直ぐにやって来ます。
要するにそれだけじゃ本当のことは分からないのです。

これはスピリチュアルな世界だけではないでしょうが、「オレは何でも知ってるぜ!」みたいな雰囲気を醸し出してる人は眉に唾付けといた方が無難です。
そういうタイプはほとんど『耳学問の人』だからです。

体感で分かるということを経験してきた人ほど「分からない」ってことの深淵を覗いてきたはずなんですよね。
人間が肉体を持った小さな個体である限り当然ながら分かることには限界があります。

その限界はこの世界を基準にするなら限りなく小さいのです。
例えていえば銀河系全体に対して地球って星一つ分もないって感じです。

分かるも分からないもその限界の中にあります。
なので、そこんとこが分かっていれば「オレは何でも知ってるぜ!」って感じにはなりようが無いのです。
恥ずかしいですからねぇ…



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp