この前こんなことを書きました。

「スピリチュアルな世界なんて誰にも本当のことは分からない」って思っていい加減なことをおっしゃる方もいるかも知れません。
第三者が納得するような裏付けが取れないだろうってことでね。

確かにそうでしょう。
ごく普通に考えれば裏付けなんて取れるわけはないのです。

ただ、目安はあります。
それが上に書いた『体感』ってヤツです。
これが大きな目安になるのです。

物理的でないものほどより『体感』の重要度は大きいのです。
幾ら書籍等の知識を仕入れたところで『耳学問』では限界は直ぐにやって来ます。
要するにそれだけじゃ本当のことは分からないのです。

以上の内容とリンクするような文章を拝見しました。
ほぼ似たような話だと思います。

(引用はじめ)
見えてる、分かってるフリしてる人っていうのも、いますよね、かなり。
スピ系知識覚えて適当にそこに当てはめていく人とかね。
知識あったらそれらしい単語とかよくスピ界隈で言われている内容とか知ってますから、ただそれを羅列してる、っていう。
スピ系知識とか表に出れば出るほど、それを覚えてマネっこして適当なこと言う人は増えていく。
(引用終わり)

正直単に知ったかぶりをしているだけならマシだと思うのです。
霊能者のモノマネをしている『素の自分』ってのをまだ認識出来ている状態なのでね。

「本当は違うんだけどね…」ってのを分かってたらそこから十分引き返せます。
そういう人は否応無くですが、経験上「自分には霊感なんて大して無いだろうな」ってことを知ってますので。

問題は中途半端に霊感があったり、微妙な神秘体験をちょこちょこするような人の方です。
その手のタイプには「自分には相当チカラをあるんじゃないか!」と信じ込めるだけの要素がその人なりにありますのでね。
その辺がちょっと厄介です。

スピリチュアルな世界には自己洗脳して自ら霊能者に成り切ってしまう人が少なくない気がします。
そうなると納得づくのモノマネではなく、心底本物のつもりになった人ってことになります。

本物ではないけど「自分はホンモノだ」って信じてる人です。
分かったフリをしているうちに分かったと信じ込んでしまうのです。

そんな心の迷路から抜け出すためにも体感は大切です。
頭デッカチになるほど人はあらぬ方向へ心がぶっ飛んで行きやすくなりますが、『体感』をシッカリ持っていればいるほど物事を地道に捉えやすくなるからです。


『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp