以前にこんなことを書きました。

いわゆる『指導霊』というのは任意でその人を応援してくれている亡くなられたヒトです。
成仏してるのにわざわざこの世の人間に好意で手を貸してくださる奇特な人々なのです。

話の流れでその時は一応『いわゆる指導霊』と書きましたが、日ごろはそういう言葉は使ってません。
指導霊という言葉自体に結構バイアスのかかったイメージが付いているからです。

普通は『応援団のヒトたち』と呼んでいます。
文字通り目に見えない後ろで人知れず応援してくださる人々だからです。

アチラから「この人間なら応援してやろうかな」と見定めて来ているのです。
こちらの勝手な都合で来てもらえるものではありません。
来るか来ないかはあくまでも応援団のヒトの方の都合です。 

応援団のヒトの都合でその人間の生きざまを気に入って手助けしようと来てくれてるわけです。 
逆にいえば気に入らなくなったらそこから居なくなります。
つまり、応援団のヒトは多くなったり少なくなったりするのです。 

別にそれはその人が良からぬ方向へ向かっていってるからとは限らないです。 
生きる方向性か変われば別のヒトたちが来たりもしますので。

ただ、あまりに応援団が少ない人はやっぱりどこか問題があるんじゃないでしょうかね…
その人の生き様にってことですが…

ただ、応援団のヒトが大勢いるから明らさまなラッキーがウハウハやって来るなんて思ってるとガッカリするでしょう。
助けが必要な状況だからこそ応援団が増えてるってこともままあることだからです。

じゃあ、いても意味ないだろと思うかもしれませんが、応援団のヒトがいてくださることでその分『ツイてないこと』が減ります。
それだけで実は随分『幸運』なんですよね、気が付かないだけで。
大きな不幸から逃れられてますのでね。 

で、この応援団のヒトと所謂『守護霊』っていうのは同じかと言えばちょっと違うのです。
少なくともここでいうところの応援団と守護霊は別物です。

『守護霊』と呼ばれるような存在は応援団みたいに任意で入れ替わるわけではなく、基本生まれた時から亡くなるまで同じ一人のヒトが守っているみたいです。
 付かず離れずひっそりと地味にその人を守ってるのです。 

その多くは血縁の先祖でしょうがそれも絶対ではありません。
ただ、守っている人との間に何らかの強い縁があるのは確かでしょう。
切っても切れないような因縁がね…
そういうところも応援団とは大分違いますね。



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp