以前こんな風なことを述べたことがあります。

例えば行った本人がそこが心霊スポットであるなどと全く知らなかったとしても所謂『霊的な影響』を受ける時には受けてしまいます。
受けてしまう状況にがっつりハマってしまった場合にはってことですがね。

なので、何時でも誰もが必ずとんでもない目に合うってわけではありません。
しかし、逆に言えば「たまたまその時危ない目に会わなかったからといって危険性そのものが変わるわけではない」ということです。

心霊スポットの話で言えば、知らないことによって所謂霊的なモノと心のピントを合わせないで済んだから何も恐ろしいことは起こらなかったということは確かにあるでしょう。
でも、本当に洒落にならないくらいヤバいところに行ってしまったならそんなことは関係ないってこともあり得るのです。

つまり、「知らない」ということはエネルギー的なダメージを受けないための『バリア』にはなり得ないということです。
何故こんなことを言うかというと「知らないほうが返って安全なこともあるよ」みたいな話をされる方が世の中には結構いらっしゃるからです。

で、最近こんな文章をまた拝見しました。

(引用はじめ)
今を生きるのだって大変なのに前世を知ると言うことは前世のカルマも背負うという事なんです。
本当の前世を知ったら最後2人分の人生の清算をしなけりゃなりません。

(引用終わり)

これって「自分が知りさえしなけりゃ前世のカルマなんて今の人生に関係ない」ってことですよね。
究極の『知らぬが花』理論だと思いました。

前世のカルマってモノはあるけど、個人的には知らなきゃ無いのと同じだよと…
逆に知ってしまえば実体化するんでそこからは背負って生きなきゃならないよと…

現実の世界では背負わなくちゃならないものなら背負って生きなきゃならないし、そうじゃなければ背負う必要はありません。
知ろうと知るまいと在るものはあるし、無いモノはないってことです。

例えば自動車を運転していて交通標識が見づらいところにあったので見落としてしまったとします。
当たり前ですが、それでもそこで警察に捕まったらキップは切られるのです。
それが世の中の理 (コトワリ) ってヤツです。

カルマだろうとノルマだろうとコトワリは一緒です。
背負わなくちゃならないモノなら背負わなくちゃならないし、背負わなくていいモノなら端から背負う必要はないってことです。

要はスピリチュアルな世界だけの特別なルールなんて何処にも無いのです。


『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp