スピリチュアルな世界には「宗教的に言われるところの時間的な節目=見えないチカラの変化」みたいに捉えてる方がいらっしゃいます。
それは例えば「お彼岸やお盆にピッタリ合わせて必ず亡くなられたご先祖様が自宅に戻ってくるのだ」みたいな話を信じているってことです。

宗教的しきたりや土俗的な年中行事に対してそれぞれの立場に応じて信じたい方は信じればいいでしょう。
それを否定する気はありません。
社会的な潤滑油として、また生ている人間の心の安らぎとして機能していたりしますからね。

しかし、あくまでそれは生きてる人間のための宗教的な儀式や世俗的な慣習の範疇でです。
眼に見えないアチラ側の現実がそういった儀式や慣習に縛られていると考えるのは何だかんだ違う気がします。

要は「お盆だのお彼岸だのという世間一般で広く行われている宗教的な『風俗習慣』なんてモノは結局生きてる人間の都合で成り立ってる」ってことです。
それ以上でもそれ以下でもありません。

そこんところをシッカリ認識してないと筋が違ってしまいます。
特にスピリチュアルな人々はごちゃ混ぜにしてしまう人が多い気がするのです。

改めてハッキリ申し上げます。
こちら側の考える時間とアチラ側の時間は一致していません。
アチラ側がこちら側の時間にわざわざ合わせなくちゃならない義理も筋合いも無いのです。

生きてる人間がお盆になったから帰ってこいと言えば帰ってきて、お盆が終わったから去れと言われれば去る…
そんな道理は何処にもありません。

繰り返しになりますが、生きてる人間には生きてる人間の道理があってもいいのです。
ただ、亡くなられた人々がそれに合わせなくちゃならない決まりなんて無いのです。

っていうかアチラにはアチラの時間軸があります。
それはこちらの時間軸とは必ずしも一致しません。
別に一致する必要もないと思います。

しかし、何故かアチラとこちらが時間的に一致すると信じている人がスピリチュアルな世界にら大勢いらっしゃいます。
現実はそんなに分かりやすくなってませんけどね…

なんというかスピリチュアルな人々の一派には何事ももっともらしい理由が付くはずだと信じてる人がいるらしいです。
なるほどね!という理屈を求めたがるのです。
そんなものない方が多いのにねぇ…

アチラ側とこちらの時間軸が違うなら別にお彼岸になったからといって死者はお墓に帰ってこなくても不思議ではないってことです。
お彼岸だからこう、お盆だからこう、なんてことを言う人がいたら眉に唾を付けて見といた方が無難だと個人的には感じるのです。



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp