人にはおおよそ2つの役目ってモノがあると思っています。

一つは社会的に与えられた役目です。
例えば高校生なら高校生、会社員なら会社員、或いは人の親なら人の親、町内会長なら町内会長としての役目があります。
一言でいえばそれは現実の世界で割り振られた役割です。
これについては今回は特に語りません。

もう一つは目に見えない世界から引き継いできた役目です。
生まれる時に持ってきた『この世でやるべきこと』みたいな感じのモノです。
今回はこれについて語っていきます。

そう聞いてカルマって言葉を思い浮かべる人も多いかも知れません。
ただ、一般的にカルマっていう言葉で言い表されるところのモノとは少し趣きが違うように感じます。

人の人生は選び取ることで成り立っています。
それは人の役目も同じだと思います。

その人自身が具体的なモノとして人生の中で出会って、その人自身が選び取ることが必要なのでしょう。
それでやっと持ってきた役目は一人前の役目として陽の目を見るのです。

逆に選び取らなかったら役目は今生では陽の目を見ないまま終了するのでしょう…
だから、持ってきた役目に取り掛かることもなく終わる人もいる気がします。

つまり、ここでいう『目に見えない世界から引き継いできた役目』ってヤツはその人が最終的に選ばなければ始まらないモノだってことです。
ここが大きな特徴です。

「生まれながらにして神さまから神聖な使命を与えられていて、本人の意志とは関係なく勝手にサクサクその使命をやらされるのだ!」なんてタイプのお話をオカルト方面では時たまお聞きします。
所謂スピリチュアルな人々にとってはそれこそが、所謂『目に見えない世界から引き継いできた役目」だとおっしゃるかも知れません。

でも、それって正直なところ物の怪くさい話だなと感じます。
アチラさんのマヤカシというか何だか魔境っぽいですよね…

(引用はじめ)
主によく語られる魔境の意味は『神秘体験などに囚われ、意識の拡張により自分のエゴが肥大し、精神のバランスを崩した状態である』といわれている。
簡単に説明すると現実世界では通常体験出来ない現象や思想を感じた時「特別な何かを得た、感じた」と思い、その出来事・物事にとらわれてしまう、のめり込んでしまうといった状態になることではないだろうか。
しかも、本人はその事に気付いていないという部分が何より大きいと思われる。
(引用終わり)

要は「自分はまたと無い神秘体験をしてしまった!」という浮かれた心の場所から「自分は神様から特別な使命を与えられたのだ!」というところへ高速移動してしまうのではないかということです。
でも、その『特別な使命を持った者』という状態をよくよく見てみれば自分で選んではいないんですよね。

社会的な役目でもそうですが、自らが選ばないモノは長続きしないのです。



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp