以前にこんなことを書きました。

所謂『この世』というのは言ってみれば「学校の夏休み」みたいな世界だと思うのです。
どういうことかというと「ある一定時間 (人生) の中で自分がやるべき宿題を抱えて『敢えて』やって来ている世界」ということです。

その宿題は夏休みの期間中 (生きてる間)どういうやり方をしても構いません。
ただ、休みが終わった時 (亡くなった時) に提出しなくちゃなりません。

なら、その宿題は誰が与えているかというと結局生まれてくる前の自分自身が作成している気がします。
所謂神様とか他人じゃなくてね。

簡単に言えばこの世は何らかの課題を果たすための勉強部屋みたいなものじゃないでしょうか。 
そう捉えると何だかしっくりくるのです。

なので、この「夏休みの宿題」が出来なかった人がまた一から次の課題に挑戦し直すのが所謂一つの生まれ変わりじゃないでしょうか?
もしそうだとしたら、どんな偉人聖人でもこの世に生まれてきてる時点で「お前はすでに落第してる!」ということになります。

ただ、スピリチュアルな世界では大多数の人が生まれ変わりをすごく肯定的なモノとして捉えている気がします。
その人々にとっては多分生まれ変わるというのは『落第』ではなく、進歩のためのステップなのではないでしょうか?

生まれ変わりが無限に続く進歩のためのステップなら「私は〇〇の生まれ変わりである」と言ってもそりゃ恥ずかしくはないですよね。 
むしろ「私は〇〇の生まれ変わりである」と発言すればするほど自分の進歩の進み具合を他者にアピールすることが出来きます。

生まれ変わってれば生まれ変わってるほど「こんなに生まれ変わってきた自分って凄え!」って誇りに出来るわけです。
まぁ、「そういう世界観の中にいる」ってことですが…

ぶっちゃけた話誰しもうんざりするほど生まれ変わって、やっとこの世に来なくていい『合格者』になれるんだろうとは思います。
そういう意味では輪廻転生は必然です。

で、結果的に前世が次の生のため経験値になります。
人生というテストの『一発合格』が出来ない限り、そうやってコツコツと来世へ進むしか道はないからです。
前世とは今風の言い方をすれば過去の黒歴史ってヤツです。

だから、個人的には「今回でこの世に来るのは終了〜!」ってなればそれに勝る幸運はないと思っています。
「今生のことを自慢しに来世に行きます(^-^)/」ってのは出来ればそういうのがお好きな方にお任せしたいのです。
実際そう上手くいくかどうかは別として…



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp