何らかの現象があるならば必ずそれ相応の原因があります。
逆に言えば「結果の無い原因なんてない」ということです。
所謂『因果応報』というやつです。

世間一般では因果応報は善因善果と悪因悪果の2つに仕分けされています。
ただ言葉で善因善果・悪因悪果と言ったって原理的な部分は何も変わりません。
「やったことの報いは返ってくる」という単純なコトワリです。

ですが、因果って言葉は『悪いこと専門』みたいなイメージが強いので善因善果ってのもあることを書いてみました。
「因果応報といっても悪いことばかりを指すわけじゃないんだよ」ってことです。
とはいえ厳密に言えば「善だの悪だのって言うこと自体人間が勝手に作った価値観」に過ぎませんけどね…

なので、ここではとりあえずプラスの因果・マイナスの因果とでもしておきましょう。
これは因果が起こる対象に対してプラスの作用をもたらすか、マイナスの作用をもたらすかで分別しただけで絶対的な色分けではないことを先に申し上げておきます。

で、プラスの因果応報を表す言葉として分かりやすいものがあったので早速引用してみます。

(引用はじめ)
情けは人の為ならず
「情けは人の為だけではなく、いずれ巡り巡って自分に恩恵が返ってくるのだから、誰にでも親切にせよ」という意味。
(引用終わり)

いわゆる善因善果を表す言葉としては説明無用の分かりやすさです。
あと、いずれ巡り巡ってくるという表現も因果応報にはピッタリだと感じます。

因果応報と言ってもすぐさま分かり易いカタチで目の前にハイッて返ってくることは限らないからです。 
大体はタイムラグがあると申しましょうか…ブーメランみたいにグルーっと大きく一周回って返ってくるんじゃないかと感じるのです。 
しかも真正面からではなくあさっての方向から忘れた頃に戻ってくる感じと申しましょうか…
それでもキッチリしっかり戻ってくるわけですがね。

人生は絶え間ない出会いと選択の連続によって成り立っています。   
出会いと選択があればそこには自ずから吉凶禍福が糾える縄の如く現れてきます。 

それを人は運といいます。
つまり、運とは人・モノ・場所との出会いとその際における選択から生まれるのです。  

選択することでその結果として運が生まれてる
それが人生における因果応報です。

ならば、出来るだけプラスの因果応報を増やすことが幸運を呼び込む大きな手段となります。
そして、それこそが「情けは人の為ならず」って言葉の真髄であろうとも思うのです。



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp