以前にこんなことを書きました。

要するに「人間の知能ってのは際限なく進歩し続けるはずだ」という理解の仕方をされてるのです。
「個体差や一部で進歩の停滞はあったとしても、種としての人間は総体として進化し続ける」という発想です。

これって何処かで見たなぁと既視感が有ったのです。
素直に考えれば答えは簡単でした。

唯物史観ってヤツです。
唯物史観というのは共産主義の人が信じている所謂一つの社会的進化論みたいなモノのことです。
その流れとしては、原始共産制→(古代奴隷制)→封建社会→資本主義社会→共産主義社会、という感じ。

この考え方のミソは「社会構造の変化によって必然的かつ不可逆的に社会というものは発展進化していく」というところです。
人間社会が発展するということは人間もまた必然として進化するということです。

この『どこまでも進化し続ける人類』という考え方はこの世界のあちこちに溢れています。
この世界を支配しているといっても過言ではないかも知れません。

所謂スピリチュアルではこの前書いたように輪廻転生ってのがあります。
「人間は生まれ変わりを通じてエンドレスに進歩していく」っていう考え方をしている人が結構いるんだろうなって話です。

で、その考え方がもっと『進化』するとアセンションっていうモノになるらしいのです。
アセンションというのは、次元上昇という意味で、地球という星が丸ごと高い次元に移行することみたいです。
それで、そういうことが起こる根拠は宇宙の意志なんだそうです。

(引用はじめ)
進化し続けることは、宇宙の意志です。
それを選ぶのも、宇宙の意志です。
宇宙の意志とは、私たちの潜在意識の意志です。
(引用終わり)

「常にずっと進化し続けなくちゃならないって意志をみんな持ってるんだ」と熱く語られても「ナンだかなぁ(-_-)」と思うのは私だけでしょうかね?
人間も社会も別にいつも進歩するもんじゃないってのは少しでも歴史を知れば否応なく分かると思います。

ホント人間ってのは同じようなことばかり「これでもか! これでもか!」と繰り返してますからね。
回し車を回すハムスターみたいなもんです…(-_-)

「必ず進化しなければならない!」というのは人類に掛けられた一つの呪いみたいなモノだと思います。
単なる『比喩』としてだけではなくね!

進化・退化というモノを対比させる価値観自体人間が勝手に考えたモノサシに過ぎませんしね。
「ベクトルは一つだけじゃない」ってことに気付いた方が楽になるんじゃないでしょうか?
改めてそう感じる今日この頃です。


『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp