眼に見えない世界に真摯に向き合えば向き合うほどアマゾンの密林に踏み込んだ生物学者のような気分になるはずです。
発見がそこら中に転がっている世界です。

発見がそこら中に転がってるってのを逆にいえば知らないことだらけだってことです。
もっと簡単に言えば生身の人間ってのは一人残らず無知に溢れているということです。

もし眼に見えないモノと対峙することになった時に自らの無知を認識出来てなければ危険な局面を迎える可能性はそれだけ高まります。
知ってるつもりになればなるほどアチラさんのマヤカシに引きずり込まれる確率が高まるからです。

不思議現象に対して人外のモノが人間の側が望むもっともらしい理由を与えることは簡単です。
大抵はその人外のモノ自身が仕掛けた現象だからです。
所謂マッチポンプってヤツです。

ここでいうマッチポンプというのは例えば「何処かの宗教の信者の人に不吉なことが続けて起こる→そこの神さまに何とかしてほしいと祈る→状況が急に好転する→神さまのお蔭だと信じる」みたいな話です。
そうやってきっちりアチラさんに取り込まれていくわけです。

で、そうやって取り込まれやすいのはどういう人かというと「自分はすごい頭が良くて、分からないことなど無いんだ!」くらいに思ってる人です。
要するに自分の無知に気付かない人ってことです。

無知な人間ほど知らないことを端から無いものとしてバカにします。
例えば「自分は幽霊みたいなものは信じていない。 何故なら、生まれてからこの方幽霊なんて一度も見たことがないからだ!」という風な話があります。

「自分が経験したことないから、そんなものはないのだ!」っていう理屈です。
しかし、そういった単純な経験主義ほど劇的な体験によってアッサリとひっくり返るものです。
「誰がなんと言おうと自分は経験したから信じる!」って風にね…

全否定から全肯定みたいに考え方が極端に振り切れる人は人間の無知についての認識がユルいんだと思います。
で、そこがユルいと心にスキマが空きやすいです。

心にスキマが空けば空くほど人外のモノに取り込まれやすくなります。
であるなら、特に眼に見えないモノに携わるような方は人間の無知についてしっかり認識しないとそのうち暗黒面に呑み込まれてしまうでしょう。

でもね、実際はその真逆になってます。
「いつでも万能感に包まれてワクワクしていたい!」っていう人がそういう場所には集まっています。
だから、所謂スピリチュアルってのは、鴨が葱背負って出汁の入った鍋に入って「いいお湯だ!」と言ってるような世界だと思うのです。




呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp