仮定盛りってのが世の中にどんどん増えてる気がします。
「こうに違いない!」という思い込みを土台にしてその上に「ならばこうなるはずだ!」という仮定の話をブレない真実のように盛り付けていくっていうイリュージョンの話です。

で、盛り付けた話は仮定のはずが直ぐに「そうに違いない!」という『確信』に変質していきます。
っていうか盛られてる時点で、もうすでにブレない真実のように扱われていますけどね…

そして、またその『確信』の上に仮定の話が盛られていくのです。
ネバーエンディング盛り盛りストーリーです。
まぁ、思い込みと決めつけのコラボレーションですけどね…

まぁ、仮定盛りってのも大概なんですが、ウソにウソを重ねていく人ってのがいらっしゃいます。
所謂スピリチュアルな世界の話なんですがね…

言ってもバレないと思ってるのか、自分を大きく見せたいのか分かりませんが、『嘘に嘘を重ねる』ってことをやり出すと奈落の底へ一直線だと思います。
だから、やめといた方がいいんですけどね…

やめといた方がいいんですが、中々やめられないみたいです。
「眼に見えない世界のことだから、ウソだなんて他人にバレるはずがない!」とタカをくくってるのもあるのかも知れません…

以下は前に一度書いた話です。
「他人にバレるはずがない!」とタカをくくってる人の実例としてはちょうど良い話だと思うので再掲します。

まだヨーロッパでは日本人が随分と珍しかった頃。
確かイギリスのロンドン辺りの地下鉄にある時2人の日本の若者が乗っていたそうです。

近くには妙齢のすごい美女…
青年たちはその女性に対して男の本性を剥き出しにしながら卑猥な日本語で盛り上がりました。
そこに「自分たちの言葉が分かる者などいるはずがない!」とタカをくくってね…

しかし、その後直ぐに彼らのそばに座っていた白人の老婦人に上品で完璧な日本語でたしなめられたのだとか。
「何処でどんな人が見ているか本当に分からない」というお話です。

本当は眼に見えない世界のことだからこそウソってのは怖いんですよね。
見てるのは『生身の人間』とは限りませんしね…

それに最後には自分にまでウソをついてしまうようになります。
自分のついたウソに自分が騙されるんです。
何故ならマヤカシの世界に頭の先までどっぷり浸かってしまうからです。

そうなるとファンタジーな『マイワールド』から中々抜け出せません。
心のスキマがドンドン大きくなって、そのうち暗黒面に呑み込まれます。

残念ながらそういう人って世の中には大勢いらっしゃるんですよね…
そうならないように虚栄心を満たすウソもほどほどに!



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp