眼に見えないアチラ側のことってのは往々にして『言ったもの勝ち』の世界です。
誰にでも掛け値なく分かる『裏付け』が何処かにあるわけじゃないのでね。

だから、逆に誰かの言ってることが真っ当かどうかを判断する為には何らかの物差しが必要になります。
まぁ、物差しというより判断の為の材料と言った方が近いかも知れませんがね。

『タダシ書き』ってのはその材料の中でも重要な要素です。
それは辻褄が合わないことでも何とな〜く辻褄が合ったかのように見せる『接着剤』になるからです。

例えば「自分の拝んでるのは本当の稲荷のキツネだけど、誰それの拝んでるのは邪悪な妖狐である」みたいなことをおっしゃる方がいらっしゃいます。
「キツネは神さまの使いです。ただし中には妖狐ってのがいてそれは妖怪なんです」ってな話です。

以上のように『タダシ書き』を付ければ解釈変更は幾らでも出来ます。
「可能性は無限大!」ってヤツです。

っていうか色んな人々があの手この手で解釈変更をしまくっているのが所謂スピリチュアルの世界なんだろうと感じます。
解釈を変えれば基本設定も変えられますしね。

例えば「物の怪も祀れば神に成る。ただし、祀るのを止めれば祟りを為す」なんて話があります。
「『祀れば神、祀らねば物の怪』って何じゃいな?」って個人的には思いますけどね…
設定のやり方次第で何にでも変更可能ってことです。

で、この何でも変更を可能にしているのが設定そのものの曖昧さです。
スピリチュアルな用語ってのは一般的な言葉に比べても、より一層『意味』が曖昧模糊としています。

その意味付けのボンヤリ感が設定変更には都合がいいのでしょう。
つまりは『タダシ書き』を付けやすいってことです。

例えば魔物、悪魔、悪霊…似たような言葉ですよね。
それらの言葉はあちこちですご〜くテキトーな感じで薄ぼんやりと使われています。

言葉の『意味』がハッキリしないと何が何やら分かりません。
逆にいえば何が何やら分からないなら、どんな『解釈』でも可能だってことです。
『タダシ書き』という接着剤で幾らでも繋いでいけますしね。

ただね、そうやってボンヤリとボンヤリを繋ぎ合わせてても、長い目で見てればボロは出てきます。
ここでいう「ボロが出る」というのは、「どうにもこうにも話の辻褄が合わなくなっていく」ってことです。
「机の上の理屈として」ではなく、その身に現れる『現実』としてね…



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp