最近は言葉遣いの荒々しい人が目立つようになりました。
それは急にそうなったわけではなく、今までその人の中に潜在していたモノが顕在化したのだろうと感じます。

人間世界はまるで遠心分離機にかけられたように白と黒、上と下、右と左という風に波動がハッキリと分かれ続けているように見えます。
その現象は止まることを知らず、様々なモノの違いがどんどんくっきりしてきているようです。
昔ならあったはずのグレーゾーンが無くなっていってるような… 

「信じるか信じないかは貴方次第!」というのがありましたが、今は信じようと信じまいと様々なことが否応なく露見するようになって来ています。
簡単にいえば本性が隠せなくなったってことです。

個人だけではなく、荒々しく汚い言葉は巷に溢れ出しています。
荒々しく汚い言葉がテレビ電波や書籍にまで堂々と使われて疑問に思われない世の中になっているのです。 

問題は荒々しい言葉を使っていることそのものより、荒々しい言葉を使ってることの『意味』に無自覚なことです。
無自覚というか、むしろ誇らしいこととさえ思ってるんじゃないだろうかという気がします。
荒々しい言葉を使ってるご自分に陶酔してる感じと申しましょうか…

波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。 
別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。

言葉が荒々しいというのは波動が荒々しいということです。
波動が荒々しいということは波動のレベルが低いってことなのです。

別の言い方をするなら、荒々しいということはコダワリが強いのです。
コダワリが強いから「ふざけるな💢」とか「許さない💢」とかの怒りやら支配欲やらが強くなるのです。

じゃあ、波動のレベルが上がるとどうなるかというと当然コダワリは減少します。
まぁ、それぞれのレベルに応じてってことですがね。

で、コダワリが少なくなれば『まっ、いっかぁ度』は上がるのです。
ここでいうところの『まっ、いっかぁ度』とは理屈抜きで強く執着してしまうような事柄に対しても「まっ、いいかぁ」と素直に思えるようになるその度合いのことです。  
波動のレベルが上がると『まっ、いっかぁ度』は自然と上がるということです。

考えてみてください。
物事に対して「まっ、いっかぁ〜」と思いながら、荒々しい言葉の奔流を止められないなんてことは先ずないのです。
それって「笑いながら怒る人」みたいな話ですからねぇ…

先ず穏やかな言葉遣いに変えることが波動のレベルを上げる第一歩になると思います。
いつでもどこでも敬語を使えって話じゃないですけどね。



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp