波動のレベルの高いモノはフワッと軽くてスカッと明るく、波動のレベルの低いモノはドヨヨ~ンと重くてジトッと暗いのです。 
別の言葉で言えば波動のレベルの高いモノは穏やかで温かく、波動のレベルの低いモノは荒々しく冷たいのです。

例えばそこに眼に見えないエネルギーがあるとします。
そのエネルギーによって身体や心に何らかのダメージを受けるなら波動のレベルは当然低いのです。
逆に身体や心が楽になるような影響を受けるのなら波動のレベルは高いのです。

ダメージを受ける前兆として背中がゾクゾクしたり、急に何かがのしかかってきたみたいに身体が重くなったりってことがあります。
或いは心がドヨヨ〜ンとして考えが巡らしにくくなったり、ネガティブな黒いモヤみたいな感じのモノが心の中に広がりだしたりします。

いつも決まって同じことが起こるわけではありませんが、そういう類いのことを感じることは誰にでも起こりえます。
で、それって何かといえば最初に申し上げた波動のレベルの感じ方と同じなんですね。

波動のレベルの低いモノが自分と接触してくると冷たさや重さ、息苦しさなどを感じます。
そして、接触し続けると段々心や身体の中にそういった感じが浸透してきて、そのうちダメージになって現れるのです。

この構造は波動のレベルの高い場合も当然同じです。
方向性が違うだけでね。

自分より波動のレベルの高いモノと接触していれば温かさや穏やかさを感じるはずです。
それに触れ続ければ段々と心や身体は軽くなっていくはずです。

最近以下のような文章を拝見しました。

(引用はじめ)

高次元の存在と話していて疲れてしまうのは、無防備な状態でお話ししているからなんです。

無防備な状態でアクセスすると、高次元の存在たちは悪意なく私たちの生命エネルギーを奪ってしまうんです。

(引用終わり)

これって『いつものこと』として接触するたびにガッツリとダメージ受けてますよねぇ…
でも、相手は『高次元の存在』なんだそうです。

どう考えても無理筋なんじゃないでしょうか?
「波動のレベルの低い方 (この場合は人間) に向かって、悪意なくダメージを与える波動のレベルの高い存在」という設定がです。

第一波動のレベルの低いエネルギーばかり吸い取っても実質使えないですしね。
っていうか吸い取る必要もない気がしますけど…

「ダメージをは与えるけど、高次元の存在だ」みたいな話は時々拝見することがありますが、ごく普通に不自然ですよね。
千歩譲ってそれが高次元の存在で間違いないのならば、そういう『高次元』のモノにはもう二度と触れない方がいいんじゃないかと思います。



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp