森羅万象すべてのモノには波動があります。
そして、波動は自然にあるものです。
元から自然の一部なのです。
自然には端から善も悪もありません。  

例えば高気圧や低気圧のことを善気圧・悪気圧なんて言う人はいません。 
晴れや雨は善でも悪でもないからです。  

気圧に高低があるように波動にもレベルの高低はあります。  
ただ、もちろんそれにも善悪はないのです。

 人間にとっての『善悪』は確かにあります。
しかし、それはどこまでいっても人間の人間による人間のための「善いとか悪いとか」なのです。

善だの悪だのといったってどこかに普遍不動なモノとして存在しているわけではありません。
どこかっていうのは人間とは無関係に存在する「どこか」ってことですけどね…

で、以前菜食主義について、こんなことを書いたことがあります。

別に菜食主義自体にダメ出しをしたいわけではありません。
野菜が好きならいっぱい食べればいいと思います。

ただ、それはあくまでも個人の趣味・嗜好の範囲内に属する話ではないでしょうか?
食という日常を思想信条に結びつけてしまうと諍いの元にもなりかねないですしね…
要するに個人的に何を食べようと自由だが、それを道義的に『正しいこと』として他人にまで押し付けようするのは如何なものかということです。

菜食主義者の人が自分たちが正しいと信じるバックボーンには『健康』ってものがあると思います。
「菜食主義はそれをしない人に比べて圧倒的に健康になれる!」という健康観が土台にある気がするのです。
肉体的な健康だけではなく、精神的な健全さも得られる唯一最善な方法なのだと…

こういうココロの構造は別に菜食主義に限ったことではありません。
不健康なこと、不摂生を激しく忌避し、それによって健康を害するすることを『悪』と見做す思想を『善』とする人は世の中に大勢いらっしゃいます。

そういう人々は不摂生をした者を鞭打つことを厭いません。
『正義は我にあり』で「不健康を糾弾する行為には、いつ如何なる時も、恥ずべきことは一つもない!」ってことなんでしょう。

善悪二元論を真理であるかのように思い込み、突き進めば結局そういう風になってしまうのです。
そういう風にというのは「悪を排除し世界を善だらけにしたい」という衝動に突き動かされるようになるってことです。

繰り返しますが、そもそも善だの悪だのは人間が勝手に作った『物語』です。
物語はただ机上の『物語』として語るだけにしておいた方が心は迷わないんじゃないでしょうかねぇ…



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp