旧約聖書の創世記に最初の人間 (アダムとイブ) が神によって楽園 (エデンの園) から追放されるというお話があります。 
「人間は元々苦しみ一つない『永遠の楽園』にいた」という伝説です。 

つまり、そこには神に造られた当初の人間は何の苦しみもない世界で当たり前に生きていたという考え方が根底にあるわけです。 
しかし、結局「人間の邪まな行いが神の怒りをかい、 初めに暮らしていた楽園を失い、苦しみと短い寿命の今の世界に住むようになった」という筋書きです。 

この筋書き通りなら遥か昔ですが、この世には一度楽園があったってことになります。
だからこそ楽園伝説を信じる人の心の何処かには「人間は元々ラッキでーハッピーな状態がデフォルト (常態)なのだ」という想いがずっとあるのだと思います。

そして、その想いをベースとして「何の苦悩もなく楽園にいた時の在り方が人間に与えられた本来の状態なのだから、方法さえ間違わなければ再びその場所に戻れるはずだ」という考えが出てくるわけです。
引き寄せの法則とかサトリ系とかスピリチュアルの一部にあるような考え方のことですが…

いや、もしかしたら引き寄せの法則とか信じてるタイプの人々は今でも「この世はそこそこ楽園だぜ!」とか考えてるんじゃないでしょうか?
何故なら今でも「この世界って人間にとってハッピーでラッキーに出来上がってるんだぜ!」って信じてるフシがあるからです。 
 
霊能者を名乗る或る方によれば「成仏出来るのにわざとその時期を延期してこの世をエンジョイしている霊が少なくない」ということらしいです。
そういう霊は「感覚的には旅やグルメそして有名人や話題の場所をたずね歩くのが楽しみでやっている霊さんたちで、ノリは軽い」のだそうです。

要は「亡くなったのにも関わらず、わざわざ時間を延長して留まりエンジョイ出来るほどこの世はお楽しみでいっぱい!」ってことですよね。
楽しくなければさっさと撤収するはずですからねぇ…

楽しすぎて死んでもずっと居たいってことは、もうそこを『楽園』と呼ぶしかないんじゃないでしょうか!
少なくともその霊能者さんにとってはこの世は結構『楽園』な気がします。

個人的には楽園伝説とそれと対をなす終末論は罪作りな思想だなとつくづく感じています。
最初からボタンのかけ違いをした『無い物ねだり』の人間を大勢生み出してしまったという意味でね…

この世は別に楽園でもなければ地獄でもない…
っていうかそもそも人間だけのために作られたなんてことはあり得ないのです。

言ってみればこの世は人間にとっては仮住まいさせてもらってる場所です。
生きてる人間はみんな居候です。
そこで大きな顔して楽園だ失楽園だと騒いでみても仕方ないんじゃないでしょうか。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp