この世界では膨大な数の思念が一カ所に集まり凝縮することによって新たな別のエネルギー体を生み出すということが実際にあり得るのです。 
例えば強烈な怨みのエネルギーがたくさん結び付けば『怨みの精霊』のような新たなエネルギー体に生まれ変わります。 
あたかもポイントカードにポイントがMAXに貯まって何か新しい賞品に変わるように… 
私はそれを『物の怪』と呼んでいます。 
まあ、一般的な言葉で言えば自然霊というのが一番近いのかも知れません。 

物の怪のひとつに龍がいます。
龍を一言で表すならそれは『支配』です。
具体的には「(自分の意見を)押し通したい」「(全ての者を) 服従させたい」「(全ての上に) 君臨したい」「(自分の力を)誇示したい」みたいな感じのモノです。

スピリチュアルな世界には「龍とお近付きになりたい!」という方が結構いらっしゃるみたいです。
ひょっとしたら龍というのは『すごく良いモノ』だって信じてるのでしょう。

先だって「自分の守護神は龍だ」っておっしゃる方の文章を拝見しました。
その方は龍からこんなことを言われたそうです。

(引用はじめ)
自分の才能でもっと売れたいなら、俺様キャラみたいなところをもっと出して!
(引用終わり)

いかにも龍らしい申し出だと感じましたね。
コテコテの俺流スタイルと申しましょうか…

分かりやすいように意訳するならば「俺様(龍)のキャラにもっと染まれば、より一層手を貸してやらなくもないぞ!」ってことでしょう。
早い話が「俺様(龍)とどんどん同化せよ!」ってことです。

もっと言えばこれは典型的な所謂『悪魔の契約』の手口を示しています。
ここでいう悪魔の契約とは物の怪が人間に対して様々な機会を通して度々持ちかけてくる『取り引きのオファー』のことです。

所謂『悪魔の契約』が成立することは、人外のモノに誘導され操られて何らかの現世利益(金儲けや立身出世、超自然的なチカラの取得など)と引き換えに物の怪とギブアンドテイクの関係になることです。
ここでは「才能を売ること」と「俺様キャラに染まること」がバーターの条件になっています。

龍の側はもちろんバーターだと承知の上で提案していますが、人間の側は多分『善意のアドバイス』くらいにしか思ってない気がします。
まぁ、ある意味アドバイスなのかも知れませんね…

(引用はじめ)
バーター
交換、交換条件。取引先との交渉条件のこともあれば、部課内で仕事の貸しを作る、借りを返すなどの日常語としても使われる。
(引用終わり)



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp