このブログではこれまでにスピリチュアルな『根性論』というものについて何度か書きました。
ここでいう『根性論』とは「気力が充実さえしていればよっぽどのことがない限り世の中大抵のことは精神力で乗り切れるのだ〜! 」みたいな考え方です。

この根性論の仲間に「問題ってのは自分で作ってるだけなんだよ!」的な『全ては気持ちの持ちよう論』があります。
これはいつでも「敵は我にあり!」っていう考え方が先に立ってる感じです。
「自分さえしっかりコントロールすれば何でも解決出来るのだ!」という前提が最初にあるのです。

で、その『全ては気持ちの持ちよう論』の発展形が『自己責任論』です。
ここではそれをスピリチュアル系『自己責任論』とでも申し上げておきます。

ここでいう『自己責任論』というのは「やると心に誓って物事に当たれば、どんなことでも出来ないことはない。」という前提からの「出来ないのは出来ない奴が悪いのだ」という考え方のことです。 
つまり、「やり方さえ間違わずに努力すれば出来るのが当たり前!」という発想なのです。 

この「出来て当たり前」という発想は「この世は予定調和の世界だとベーシックに捉えてること」を意味します。
ここでいう『予定調和の世界』というのは「何時でも何処でも誰にでも分かりやすく辻褄ってのは合うものだ」という考え方のことです。

もっと噛み砕いていえば「失敗するヤツは失敗するようなやり方を自ら選んでいるだけで、成功する方法に切り変えれば誰でも出来るに決まってる! だから、出来ないヤツは『出来る方法をちゃんとやろうとしていない』という意味において、単なる自業自得なのだ」ということなのでしょう。
要するに「何でもやれば出来るものなのに、やらないのはただの怠け者だ!」っていう気持ちが根底にあるのです。

非常に人間への『過信』に満ち溢れた考え方ですねぇ。
『過信』というかマシーンのように人間を見ているのかも知れません。
まぁ、機械だっていつも理屈通りに動くとは限らないんですけどねぇ…

(引用はじめ)
この世界から貧しさや盗みや嘘、言い訳、怠けることがなくならないのは、人の意志の堕落が原因といい切ってよさそうです。
(引用終わり)

最近以上のような文章を拝見したのですが、典型的なスピリチュアル系『自己責任論』かなと感じます。
こういう考え方を突き詰めていけば最後には終末思想に行き着くでしょう。

ガラガラポンの破滅と再生を待ち望むようになるってことです。
何故ならいつまで経っても「人の意志次第でこの世界から貧しさや盗みや嘘、言い訳、怠けることがなくせる!」なんてことにはならないでしょうから。
結局人間はスピリチュアル系『自己責任論』の人たちが考えてるほど「万能ではない」ってことです。



『このブログを浄化します』 


募集中‼  

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp