ここでいうところの『呪詛』というのは「誰かに対してエネルギー的に眼に見えないカタチでネガティヴな影響を与えようとする方法または手段の全て」とお考えください。 
マジナイ・ノロイ・呪術・念送りなどと呼ばれる類いのモノも含みます。 
一般的に使われる呪詛という言葉の意味より随分範囲が広くなっていますが、他にピッタリ当てはまる言葉も中々無いのでそんな風に使わせてもらっておりますm(_ _)m

一般的に呪詛っていうのは昔話に出てくるような今は廃れた呪術的なモノだと認識されている気がします。
丑の刻参りみたいな特殊でオドロオドロしい独特な儀式を伴うものであるとね… 

しかし、実際には今も現実のあちこちに呪詛は存在しています。
何故なら、人を呪いたいというネガティブな想念ネエルギーは絶えることがないからです。

つまり、呪詛の主原料は元々人の発する想念エネルギーってことです。
それを強化するための何らかの儀式みたいなモノがもしあったとしても、元々の原料がなければ成立しません。

で、人が何か思えばその瞬間想念エネルギーは発生します。 
人間は生まれてから死ぬまでの間毎日寝ても覚めても想念エネルギーを発生させ続けているのです。 

言わば人間は想念エネルギーの発生装置のようなものです。 
なので、たった一人分だけでもそれは膨大な量になります。 

量だけではなく、人間の想念エネルギーというものは波動的に見て決して弱くはありません。 
弱いどころか生きている人間の想いのチカラというのはこの世界の中では相当な強さを持っています。

つまり、呪詛の原料は世の中のそこら中にゴロゴロ転がってるということです。
原料がゴロゴロしてるのですから、呪詛そのものがあちこちに転がっているのも当然です。

特にスピリチュアルな世界にはわんさかあると思っといた方がいいでしょう。
っていうか実際にいっぱいありますからねぇ…

何でそんなこと言えるのかというと今までそういうケースに遭遇することが決して少なくなかったからです。
ヒーリングなどしておりますと様々なカタチで呪詛に出会うことはよくあることなので。

スピリチュアルな人の仕掛けた呪詛っていうのは十中八九ご本人はバレるわけないとタカをくくってる気がします。
何故なら、隠す気もないように感じられるからです。

でも、それってやればやるほど魂が劣化するスピードが速くなると思いますよ。
人を呪わば穴二つ掘れ…
やったことの報いは遅かれ早かれ返ってくるものです。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp