例によって例のごとく独断と偏見で申し上げれば、所謂『除霊』ってのは自分と見えない何かとのチカラ比べです。 
チカラ比べには終わりがありません。
いつまで経っても何処まで行っても上には上がいるからです。

なので、除霊をする側はいつでも相手をねじ伏せられるだけの『より強くてより大きなチカラ』を常に求め続けることになります。
そうしなければ、いつ相手に返り討ちにあうか分かったもんじゃないからです。

返り討ちにあえば何を持っていかれるか分かりませんしね…
場合によっちゃ魂ごと持っていかれても不思議はありません。

まさにやるかやられるか…『斬った張った』で日が暮れるそんな世界だと思います。
勝ち負けなので、何処まで行ってもキリがないのです。
まぁ、完全に負ければその人に関してはお終いでしょうけど…

じゃあ、負けなければいつも勝ててるのかといえば多分そうじゃないだろうと推測します。
祓われそうになったらすっとどこかに隠れるモノも少なくない気がするのです。
「鳴りを潜めてほとぼりを冷ます」って感じです。

アチラさんからしたら別に祓い屋さんと必ずガチンコ勝負をする必要なんてありませんからね。
そりゃ祓い屋さん的にはガチンコ勝負に持ち込みたいでしょうが、祓われる方は鳴りを潜めてやり過ごした方がめんどくさくないですもんね。

除霊した側は憑いてるような反応がなくなったので「よし、祓えた!」って勘違いすることも少なくないんじゃないでしょうか?
もちろんその祓い屋さんがどこまで認識出来るのかにもよるでしょうけど。

極端な例え話をするなら、いわゆる狐憑きみたいな見た目や行動がいかにもオカシクなったって感じの人が、除霊をして大人しくなったからといって必ずしも中に居たモノがいなくなったとは限らないってことです。
単に隠れてるだけって可能性もありますからね。

もちろんそういうことばかりではありません。
ただ、「そういうこともあるよってことも知っとかないとマヤカされますよ」ってことです。

実際ヒーリングしていると『逃げまわるエネルギー』ってモノに時々出くわします。
エネルギーも力尽くで祓われたりするとやっぱりダメージを受けるらしく、また祓われるんじゃないかと思って逃げまわるのです。

それが何で分かるかというと痛みなら痛みがヒーリングを受けてる人の身体のあちこちを移動するからです。
アチラさんだって痛めつけられたくないので必死です。

以上祓われる方が逃げて隠れたのを除霊出来てると思ってるケースもあるんじゃないかというお話でした。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ
現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp