生き物というものはエネルギーの出し入れを行うことで生きるチカラを得ています。
分かりやすい例で言えば呼吸です。
吸っては吐いてを死ぬまで繰り返しています。

でも、呼吸というのはそこら辺にある空気をざっくり吸い込むことしか出来ません。
身体に良い成分のみを先に選別して吸い込むなんてことは出来ないのです。 

呼吸に限らずエネルギーの出し入れというのは全てそういう仕組みになっています。
まとめて全部取り込んでから必要なものだけ吸収して不要なものは排泄してしまうという構造です。

どんな人であれエネルギー源として様々なモノをまとめて自分の中に取り込むという作業をずっと続けています。
生まれてから死ぬまで絶えることなくね。

そのため自分にとって要らないモノも膨大な量溜め込むことになります。
不要なモノだからといって全てを出しきれないからです。
そうじゃなきゃダイエットとか流行らないでしょうしね。

所謂眼に見えないエネルギーに関しても構造は全く同じです。
最初から都合の良いとこだけ切り分けて取り入れるなんてことは出来ないのです。

取り入れるか取り入れないかの選択は出来ますけどね。
「良からぬエネルギーだけ選り分けてから取り入れる」なんて芸当は不可能です。

ならば、やはり眼に見えないエネルギーも何やかんやと溜まっていきます。
その人が気付くか気付かないかは別としてね。

以上のようなことはこれまで何度か書いてまいりました。
そこらへん重要なところだと思ってるのでね。

何かに繋がるってのも同様なんですよね。
同様ってのは構造が同じってことです。

ここでいう『繋がる』とはエネルギー的な回線が通るということです。
エネルギー的な回線が通ると「影響を与え合う関係」になります。
片道切符ではないのです。

所謂スピリチュアルな世界にはこの「片道切符ではない」ってことをあまり意識してない方が大勢いらっしゃる気がします。
「神様的な存在に繋がれば一方的にず〜っと『善いモノ』もらい放題だぜ!」って認識のようにお見受けします。
物事の在り方として「んなわけないだろう」って思うのですけどね…

所謂スピリチュアルで行われている『繋がる』って行為は、大抵は「エネルギー的に出入り自由にしますよ」って意思表示のことです。
メリットもあるかも知れませんが、当然デメリットもあります。

そこらへんをしっかり認識するだけで『リスク』は減るでしょう。
少なくとも「繋がるってことは良いこと尽くめだ」なんて信じ込むよりはね。

関連記事  繋がることの光と陰 


『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp