「先祖は漏れなく子孫の人生に関わっていくものだ」という風な考え方があります。
同じ血脈の中で延々と『生きてる人間』の面倒見ていくという発想です。

良くも悪くもそんなに先祖が子孫にガッツリ関わるのが常態化してるのなら、所謂浮遊霊みたいなモノは何で存在するのでしょうねぇ?
所謂地縛霊は何故あちこちに立っているのですかね?
そういう浮遊霊や地縛霊だって誰かのご先祖さまのはずですが…

ヒーリングなんてしておりますと人の身体に亡くなった人が居る場面に遭遇するのは日常茶飯事です。
そういう人たちだって当然何処かの誰かのご先祖ってことなんですよね。

所謂成仏をしてない人は当然ながら子孫の人生に積極的に関与とかしてません。
出来ませんしね。

霊能者の人によっては「成仏してない先祖の祟りがー」とかおっしゃる方もいらっしゃいます。
が、もしかしてそれが本当だったとしても、成仏してない先祖が全員漏れなく子孫に対して祟ってるわけではないですよね。

要するにネガティヴであれポジティブであれ子孫に関わっている先祖は一部だってことです。
一部っていっても全体に対するパーセンテージはそんなに高くない気がします。

まぁ、だから先祖が子孫に関わることが全くないわけではないけど、『何時でも何処でも誰にでも』ってわけでもないってことです。
そういうことは有ったり無かったりでケースバイケースってとこなんじゃないでしょうか?
その程度だと思ってて丁度良い気がします。

でも、そうだからといって先祖に感謝しなくていいなんてことが言いたいわけではありません。
逆にそれでも感謝した方が良いと思っています。

言いたいのは「ご先祖にある種の御利益みたいなモノを期待しすぎない方がいいんじゃないかな」ってことです。
ご先祖の墓は神社仏閣ではないですしね…

そもそも少しでも歴史に興味があればご存知とは思いますが、子孫が絶えて家名が無くなった家系というのは世の中にはたくさんあります。
生物学的に血筋を引く者は今でもいるでしょうが、家柄としては残ってないのです。

つまり、所謂先祖供養をするような子孫が何処にもいなくなってしまった亡くなったヒトは大勢いらっしゃるってことです。
先祖供養してもらえるヒトたちより圧倒的に大勢ね…

以上のごとく、子孫に関わる先祖が一部であるように、先祖に関わる子孫も一部です。
それは多くの場合わざと関わらないってことではなく、関わりようがない状況にあるからです。
なので、関わりの深い先人がいらっしゃるなら大切にした方が良いですよ。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp