「幽霊なんているわけない!何故なら自分は見たことがないからだ!」っていう人の話をこの前書きました。 
所謂『幽霊否定派』についてです。

もちろん何を信じようとそれぞれの自由です。
個人的な思想信条の範囲に収まってる限りはね。

ただ、現実にはそういう考え方は弊害をもたらしています。
「幽霊なんているわけない!」って考え方の延長線上には「死んだらお終い」っ 考えが横たわっているからです。 

「死んだらお終い」っ 考えは「やり逃げ上等! ごまかし万歳!」ってのに繋がっていきます。 
どんな非道なことをしようと狡いことをしようと「生物的な終焉を迎えさえすれば逃げ切れる!」って心の在り方にです。

幽霊否定派ってのは即ち唯物論者ってことですよね?
そういう人の発想は遅かれ早かれ「自分が生きてるうちだけ上手いことやればいいや!」って心持ちに行き着きます。

だって、死んだら自分という存在は跡形もなくなくなるんですよ?(あくまでその人たちの考えの中ではですが)
そりゃ「自分が消滅した後の世界のことなんて知〜らない!」ってなるでしょうよ。

そういう考え方ってのはその人たちだけでなく、周りの人間の心まで腐らせることになりかねません。
「『今の自分』さえ良けりゃ後は野となれ山となれ」って在り方が、みんなに伝染してしまう可能性は低くないからです。

でも、実際はやったことのツケは払わされます。
生きていようと亡くなっていようと関係なくね。

むしろ生きてるうちに払えた方がマシかも知れません。
ツケがいうほど貯まってないでしょうからね。

亡くなった後ならもっと貯まってるんじゃないですかね?
ドロドロになるまで貯まってたら『返し』は相当キツいと思いますよ。

もし死後の『返し』の可能性がみんなの頭の片隅にあるようになれば、少なくともやり逃げ御免の発想にはならなくなるでしょう。
否応なく必然的にね!

誰だって進んでわざわざ痛い目に遭いにいかないでしょうからね。
それが死んだ後であってもです。
死後も魂は残るし、残った魂は因果応報のコトワリから逃れられないと知ってしまったならね。

それを現実で例えれば嫌な上司や同僚が居ても、この先もその会社に勤め続けなくちゃならないなら、その人たちと出来るだけ上手いこと付き合っていこうとするはずです。
でも、近日中にその会社を辞めて全く縁もゆかりもない環境に変わっていくのなら、もはや機嫌をとる必要はなくなります。
嫌われようとどうしようと後は野となれ山となれです。

「死んだらお終い」ってのも心情的にはそれと同じです。
多くの人々が自分の死後のことについてまともに考えなくなる可能性が高いんじゃないでしょうか?



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp