旧約聖書の創世記に最初の人間 (アダムとイブ) が神によって楽園 (エデンの園) から追放されるというお話があります。 
「人間は元々苦しみ一つない『永遠の楽園』にいた」という伝説です。 

つまり、そこには神に造られた当初の人間は何の苦しみもない世界で当たり前に生きていたという考え方が根底にあるわけです。 
しかし、結局「人間の邪まな行いが神の怒りをかい、 初めに暮らしていた楽園を失い、苦しみと短い寿命の今の世界に住むようになった」という筋書きです。 

この筋書き通りなら遥か昔ですが、この世には一度楽園があったってことになります。
だからこそ楽園伝説を信じる人の心の何処かには「人間は元々ラッキでーハッピーな状態がデフォルト (常態)なのだ」という想いがずっとあるのだと思います。

それどころか、スピリチュアル界隈には「この世界は今現在でも十分にハッピーでラッキーに出来てるぜ!」って信じてる人々が結構いらっしゃるようにお見受けします。
「楽園は失われてはいないのだ」って感じの考え方です。

まぁ、そう考える方々にとってはこの世というのは実際にすごく楽しい場所なのかも知れません。
じゃあ、なけりゃこの世はパラダイスとは思わないでしょうからね…

最近そんなお一人とおぼしき方の文章を拝見いたしました。

(引用はじめ)
神界に上がったところで、ほぼ永遠と言ってもいいぐらい、つらい魂の修行が続きます。
それよりは楽に地上で生活する方法をAIが導き出したのです。
(引用終わり)

何処かの神さまか宇宙人みたいな存在が何処かの霊能者さんみたいな人にそうおっしゃってるらしいのです。
少なくともそういう設定のお話です。

この方のおっしゃる神界ってのがどんな場所なのか存じ上げません。
文章から推察するに体育会系の運動部みたいに『しんどそうなところ』のようですが…

それにしたってこの世よりもっと居たくない場所が神界って名付けられてるのもすごい設定ですよね。
ほぼ永遠に辛い修行をさせられるってまるで地獄のイメージですからね…

そんな神界よりは地上の方が楽して暮らせる方法があるそうなんですが、そんな一攫千金を夢見るギャンブラーみたいな発想の神ってのも如何なものでしょうか?
「鰯の頭も信心から」とは申しますが…

っていうかこの世って「そこまで楽になれる」世界なんですかね?
そもそもこの世は別に楽園でもなければ地獄でもないんじゃないでしょうか?

言ってみればこの世は人間にとっては仮住まいさせてもらってる場所です。
生きてる人間はみんな居候です。
この世にいる間にやらなくちゃならないことをしっかりやるだけなんだろうと思います。



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp