古今東西全ての人間が自分の見たいものを見たいように見てきました。 
「見たいものを見たいように見ている」とは「その人の見ている所謂『現実』というのが潜在意識やら先入観やらによって半ば無意識に集められた出来事の集積に過ぎない」ということです。 
その人好みに取捨選択されコーディネートされない『事実』は何処にもないということなのです。

もっと簡単に言えば、見たいものと見たくないものを無意識に自動で取捨選択しているということです。
つまり、最初から丸ごと全部ありのままに見えてるわけじゃないってことなのです。

別の言い方をすれば人間は元々主観的な存在だってことです。
純粋に客観的な視点を持つ人間などというものは何処にも存在しません。

主観というものには大なり小なり偏りが存在します。
一人一人が見てる『世界』というのにはそれぞれに常に偏りがあるということです。

以上しつこく何度も同じことについて色んな言い方をしました。
なぜかといえばそこんところが大前提だからです。

そして、「見たいものを見たいように見ているだけ」ってところがピンと来てない方々が本当に大勢いらっしゃるからです。
何処に?
所謂一つのスピリチュアルな世界にです。

じゃあ、なけりゃ「或る日突然神さまが自分のところへやって来て何でも教えてくれるようになった!」とか「瞑想やら幽体離脱やらしてたら覚醒してこの世の全てを知った!」とかおっしゃらないはずですのでね…
とにかくその「私はなんでも偏らずに物事の真実を捉えることが出来るのだァ!」ってぐいぐい来る感じが「スゴいなぁ(-_-;)」って思うのです。
危険なニオイのする万能感だなと…

私からしたらそれってまるで眼には見えない覚醒剤の如きモノを摂取してるようなものに見えます。
現実世界に失望してグッタリしていた人がいきなりシャキーンとして全世界を手に入れたようなハイな気分になれる類いのおクスリをキメた状態です。

ただ、覚醒剤と一緒で一生そのまんまでいられるわけじゃありません。
おクスリによる万能感と高揚感が切れれば激しい空虚感と失望感がやって来ます。

それでまたより強い万能感と高揚感を得られるようなスピリチュアルなメソッドとやらを求めて彷徨うわけです。
その挙句多くの人が物の怪などの人外のモノがばら撒いてるトラップのようなマヤカシに絡めとられていきます。
ていうか自らそのマヤカシに飛び込んでいくのです。

反対から見るなら「何でも分かってますよ!」的な感じを、おばちゃんの振りすぎた香水みたいにプンプンさせてるような人には、なるだけ近付かないことです。
近付いても十中八九『良いこと』ないですから…



『このブログを浄化します』 

呼ばれたら全国行きたいと思います(ヒーリング篇)      

↓この記事がお気に召しましたら左右クリックをお願い致します

         にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

※ お知らせ

現在ご要望があれば日曜祝日にも遠隔ヒーリングを行っております!
また時間外の施術であっても可能な限り対応させていただきますので、御希望があれば一度お問い合わせください。


営業時間 (日曜・祝日除く) :月~金 10:00~21:00 土10:00〜14:00 

ご予約はメールにて24時間受け付けております。                     
当方で予定を確認の上返信申し上げますのでお待ちください。                     
メール:O-AkIO@n.vodafone.ne.jp